今週の予定

今週土曜日の予想は、所用により休載させて頂きます。
日曜日はフェブラリーS他、月曜日は共同通信杯の予想を公開させて
頂きますので、よろしくお願い致します。








2014-02-21 00:19 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の展望

ダービーは本線でガッツリ的中出来たので、気分良く今週も頑張りたいと思います。
今週から新馬戦も始まり新たなクラシックロードがスタートしますが、好メンバーが揃った
安田記念の展望について少し触れたいと思います。
取り捨てに悩んでいる方も多いのではないかと思われるロードカナロアと香港馬についての私見
です。
まずロードカナロアですが、もともと京都1200の前後半フラットのラップを得意としていました。
スプリンターズSでは前半32.7のハイペースを差し切り勝ちしたように柔軟なラップの対応を見せ
ていますが、マイルに近いラップがベストだと思います。ですから京都のマイルや中山のマイル
なら充分対応可能だと思っています。
しかし安田記念は前半が速く、4ハロン目以降も持続した速いラップとなりラスト1ハロンは底力
勝負となる為、消耗戦に耐えられるスピードの持続力を発揮出来るかどうかがポイントとなります。
その辺りは週末までもう少し検討したいと思います。

香港馬ですが今年は2頭参戦します。
昨年も安田記念に参戦し14着に大敗したグロリアスデイズと初来日となるヘレンスピリットですが
共に前走は香港チャンピオンズマイルを使っています。

チャンピオンズマイル(G1)芝1600
1着 ダンエクセル 1.33.42
2着 ヘレンスピリット 頭
3着 バッキングウィズ 1-1/2
4着 グロリアスデイズ 1-3/4

レースVTRからタイムを検証してみました。
2ハロン毎 24.8-22.5-22.7-23.4
1000m-58.9(推定)
前後半3F 35.4-34.5(推定)

逃げたヘレンスピリットをゴール手前で勝ち馬が差すというレースでしたが、ラップを見てもらう
と分かる通り、スローの上がり勝負です。
4着グロリアスデイズも3番手追走から最後3着馬に差されました。
安田記念の過去5年の前3F平均は33.9で1000m通過は57.0ですから、先行するようなら厳しい
のではないでしょうか。(先行出来ない可能性のが高い?)
昨年グロリアスデイズは後方待機のまま終わっていることから、今年も香港馬は無印で良いのでは
ないでしょうか。

現時点で面白いと思う馬はコレ→FC2 Blog Ranking(70位前後)





2013-05-29 23:56 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ダービー展望

今週はいよいよ日本ダービーです。
今週1週間は1年で一番新聞紙上で競馬の記事が目立ちますし、各地でイベントも開かれます。
一般紙等やテレビでも多く取り上げられますので、競馬ファンにとってはたまらない1週間では
ないでしょうか。
先週のオークスは惨敗してしまいましたが、先週同様ステップ別にレースを検証してみました。

[東京優駿 芝2400]
重不良を除く過去5回の平均ラップ
12.6-11.1-12.4-12.5-12.3-12.6-12.6-12.5-12.2-11.5-11.6-11.9
前後半3F
36.1-35.1

<皐月賞>
12.0-10.6-11.5-11.6-12.3-12.1-12.0-11.9-12.0-12.0
前後半3F 34.1-35.9

勝ちタイム1.58.0はコースレコード、前3F-34.1、1000m-58.0は共に過去10年で最速です。
上位3頭は緩みのない厳しいラップを中段追走から抜け出したもの。
このラップで4着カミノタサハラ以下追い込み勢に先着されなかったことから、このメンバーでは
3頭は抜けているのではないでしょうか。

<青葉賞>
12.5-11.6-12.5-12.7-12.6-12.9-12.5-12.3-11.9-11.4-11.6-11.7
前後半3F 36.6-34.7

前半~中盤がスローとなり、逃げたアポロソニックが2着に粘り、勝ったヒラボクディープは
4番手追走から頭差届いたというレースでした。
ヒラボクディープは逃げ馬が残ったように上がりがあまり失速しないラップを0.7秒速く
上がっていますが、前有利だった点から高い評価は出来ません。
むしろ1番人気で競馬にならなかったレッドレイヴンのほうに可能性があるのではないでしょうか。

<プリンシパルS>
13.0-12.6-12.2-12.2-12.5-12.5-12.3-11.4-11.0-11.7
前後半3F 37.8-34.1

前半3F 37.8の超スローをサムソンズプライドの逃げ切り勝ち。
優秀な上がりを持つミエノワンダーが勝っていれば面白かったが、勝ち馬は平凡といえるでしょう。

<京都新聞杯>
12.2-10.4-12.3-12.0-12.3-12.3-12.6-12.3-12.1-11.8-12.0
前後半3F 34.9-35.9

1000m-59.2と速いペースになりましたが、逃げた2頭が離した為でペプチドアマゾンは離れた
3番手を追走して粘り込んだもの。勝ったキズナは最後方から直線だけで追い込んでマークした
上がり34.5は2位に0.7秒差。最後は手綱を緩める余裕があり勝ち馬だけが際立ったレース
でした。

<NHKマイルC>
12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.3-11.6-12.0
前後半3F 34.4-34.9

1000m-57.8とマイルCらしく速いペースも前後半3Fの差は0.5秒。
勝ったマイネルホウオウは先行勢に厳しかった展開ではありましたが、持続力のある末脚は見る
べきものがあり、東京向きであると感じました。
3番手追走から3着に粘ったフロムドグロワールは同じ様な位置に居たエーシントップが7着に後退
しているのを考えれば強い内容でした。

以上、ステップ別のレース検討を踏まえての現時点での本命馬→FC2 Blog Ranking





2013-05-23 01:35 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の展望

先週は散々な結果となり、参考にして下さった方にはお詫び致します。
降雨による影響が微妙ではありましたが、気にし過ぎてしまったと反省しております。
特に東京競馬場の芝コースはズブい馬が先行粘り込みをして、しばしば穴をあけることが
ありますので、しっかりと見極めをしなければいけません。
さて今週はいよいよオークスです。
ディープインパクト産駒が人気を集めそうですが、毎年のように桜花賞組VSトライアル組の構図
が議論の中心になりますので、各ステップレースをラップから検証してみました。

桜花賞  12.4-11.0-11.4-12.1-12.0-11.9-11.5-12.7
フローラS  12.8-12.0-12.4-12.5-13.4-13.3-13.3-11.6-11.2-11.4
スイートピーS 12.7-11.2-11.8-12.3-12.3-12.2-11.6-11.4-11.6

オークス過去5年の平均ラップ
12.5-11.0-12.2-12.4-12.5-12.5-12.8-12.7-12.7-11.8-11.5-12.2

<桜花賞>
前半~中盤が緩まない厳しい流れとなり前後半3F34.8-36-1が示す通り上がりのかかる前掛かり
ラップとなりました。道中の厳しい流れからラストを速い上がりでまとめなければならない
阪神1600のコース形態が800mの距離延長を克服して良績を挙げている要因なのかも
知れません。
人気になりそうな上位入着馬は当然有力ですが、掲示板を外した馬からも負けた要因を検証する
必要があると思っています。

<フローラS>
フローラSの勝ち時計はやや重で2.03.9で、これは過去10年で一番遅いタイムです。
重でバウンシーチューンが勝った一昨年よりも遅いですが、この日は全体的に時計がかかっていた
ので、それ程気にすることでもないと思いますが問題は中盤のラップです。
5~7Fのラップが13秒台に緩んでいます。
よって最後の1Fが11.4と失速せずにゴールしています。逃げた馬は0.3秒差に粘った訳で、
スローの上がり勝負で切れのある馬が追い込んだレースでした。
ここがオークスとは異なる部分で、本番には直結しないレースだったと言えると思います。
昨年のミッドサマーフェアが同じようなラップのフローラSを快勝してオークスでは1番人気に
支持されましたが、大敗しています。
しかし、今年勝ったデニムアンドルビーのレースぶりは圧巻でした。
1000m通過時点は最後方で3コーナーから4コーナーにかけて捲って中段まで押し上げ、
ゴールまでほぼ失速することなくスピードの持続力を発揮しました。
この結果をどう評価するかは、週末までじっくり考えたいと思います。

<スイートピーS>
地方転厩馬を除いて全て収得賞金400万というオープンらしからぬメンバーでした。
オークスに出走する上位2頭は、平均ペースを逃げ馬の直後を追走してラスト上がりをまとめる
という平凡な内容でオークスでは出番はないと考えています。

以上が主なステップレースの評価ですが最終結論は週末に更新します。
現時点で最有力と考えているのはこの馬→FC2 Blog Ranking







2013-05-16 00:25 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の展望

先週の桜花賞は▲-◎で馬単を的中する事ができました。
今週の皐月賞も何とか的中出来るように頑張ります。
皐月賞の予想はほぼ固まっていますが、最終結論までもう少し検討したいと思います。
今年の皐月賞の狙いは弥生賞、スプリングS、若葉Sの3トライアルレースのみでいいと考えて
います。この中の出走馬で優劣を付けていく上で、どのレースがレベルが高かったかが印の重さ
を決めるのに重要になってきます。
土曜日に最終結論を公開しますので、また覗きに来て下さい。

現時点での注目馬はコレ→FC2 Blog Ranking
終始外を廻る苦しい展開だった前走からの逆転は可能と見る






2013-04-12 00:15 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター