3/31日曜日の予想

[阪神11R 産経大阪杯 芝2000]

やや重だった昨年を除く過去4回の平均ラップ
12.4-11.1-12.3-12.1-11.9-12.2-11.8-11.6-11.6-12.0
前後半3F
35.8-35.1

◎ダークシャドウ
○オルフェーヴル
▲ショウナンマイティ
△エシンフラッシュ
△ヒットザターゲット

阪神芝2000はコーナー4回の内回りコース。
先行争いから隊列が決まればある程度ペースが落ち着くものの、短い最後の直線と坂により
速い上がりは出ない。
やや重で前半3F 39.1と極端に遅かった昨年のレースはデータから除外しました。
このレースは中盤があまり緩まず11秒後半~12秒前半の息の入らない厳しいラップになる傾向
があります。
どうしてもオルフェーヴルの粗探しをしてしまいますが致命的なマイナスポイントはありません。
しいてあげるなら内回りの緩急のないラップを経験していない事と、近走折り合いを重視するあまり
位置取りが後方になってしまいがちなので、息の入らない展開になると置いて行かれる恐れが
ある事。逆に問題なく折り合ってしまう可能性はあるものの、経験のないラップでいつもの末脚が
繰り出せるのか。
一方ダークシャドウは息の入らない厳しいラップの中距離に適正があり、速い上がりが必要なJC、
有馬記念でも大きくは崩れなかった。オルフェーヴルとは2キロ差があり、ベスト条件でどこまで
出来るか期待と妙味から本命としました。
ショウナンマイティも同様に遅い上がりを差す展開を得意としていて、内から差す展開になれば
面白い。

[中山11R ダービー卿CT 芝外1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.6-11.7-11.9-11.8-11.5-11.5-11.6
前後半3F
35.7-34.6

◎ホーカーテンペスト
○ダイワマッジョーレ
▲こちらをクリック→FC2 Blog Ranking
△ダイワファルコン
△ガルボ
△ドナウブルー

中山芝1600は一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると
外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速く
なり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、
後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。
ホーカーテンペストは同コース3-0-0-1。コーナーでの加速力に長け、マクリを得意としている。
実績馬のハンデを考えると低調とも言える相手なので、省級でも十分勝ち負け出来るできるのでは。







2013-03-31 00:52 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター