チューリップ賞&弥生賞回顧

先週のクラシックへ向けての重要なトライアル
チューロップ賞と弥生賞ですが共に1番人気馬が飛んで、予想も同時にハズしてしまい
残念な結果となってしまいました。
チューリップ賞は、自信を持って無印としたクロフネサプライズに逃げ切り勝ちをされて
しまいました。前半~中盤のラップは想定通りで34.7と上がり特化型になりましたが
切れ負けすると見ていたので正直驚きました。しかし上がりが掛かる馬場で差し追い込み勢には
不向きな展開になることを想定しておくべきだったと反省しております。
チューリップ賞よりも流れが厳しくなる桜花賞で逃げきるのは至難と思われ、ある程度人気に
なるので狙う妙味は少ないでしょう。
こういう流れが緩いトライアルでは追い込んだが届かなかったという馬が本番で浮上します。
1番人気で7着に沈んだレッドオーヴァルは上がり最速で追い込んで2着馬には0.2差ですから
充分チャンスはあるでしょう。
弥生賞のほうは本命とした1番人気のエピファネイアが4着に敗れました。
敗因はいろいろな理由が言われていますが、外枠から良いポジションを取るために少し仕掛けたら、
力んだまま追走してしまったという印象で返し馬から発汗が目立っていたのもそうなる要因だった
かもしれません。
コディーノについては内の経済コースを通って来た割には伸びが足りなかったのと、4コーナーで
ポジションが下がってしまったのは久々で反応が鈍かったのか距離なのか?
何れにしても少し底を見せ始めた印象です。
これでまた、皐月賞戦線が混沌としてきたので今後のトライアルにも要注目です。



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】



2013-03-06 10:10 : レース回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター