4/15日曜日の勝負レース

[中山11 皐月賞 芝2000]

過去3回の平均ラップ
12.2-10.7-11.9-11.7-12.3-12.0-12.1-11.8-11.5-11.7
前後半3F 34.8-34.9 前半1000m 58.9

◎ステルヴィオ
○キタノコマンドール
▲エポカドーロ
△ワグネリアン
△オウケンムーン
△タイムフライヤー

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた直線入口付近。最初の1コーナーまでの距離は約405m。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

ダノンプレミアムの回避によって混戦ムードになってきた今年の皐月賞ですが、例年この時期の中山コースは、馬場改修後から格段に路盤が良くなったのと、暖かくなって野芝が急激に成長する時期ですので、スピードが要求される馬場になっていますが、降雨による影響がどれくらいなのか微妙な状況です。
過去の平均ラップは馬場改修後の3回の平均ですが、このラップを見る限り上がりが速いのは一目瞭然で、決め手を持ったタイプが連対していますので、以前の皐月賞からは傾向が変わってきています。

◎ステルヴィオ
ダノンプレミアムには2戦共完敗でしたが、中山コースならトップスピードへの加速が遅いという短所が、早目に動いて加速出来る為、幾らか和らぐと思っています。そういう意味では外枠に入ったのは好材料で、スプリングSではいつもより前のポジションから良い末脚を使うことが出来ましたので、中山コースが合っていると見ています。

○キタノコマンドール
キャリア2戦は大きなマイナス要素ではありますが、ディープインパクト産駒らしからぬ小回りコースでのコーナーでの加速具合がとてつもなく魅力です。普通なら人気で飛ぶパターン必至な臨戦過程ですが、混戦なのとミルコ騎乗ということで怖い存在です。


[中山11 京葉S ダ1200]

過去3年の平均ラップ
12.0-10.6-11.4-12.0-12.0-12.7
前後半3F 33.9-36.7 前半1000m 57.9

◎ベストマッチョ
○ベック
▲ブルミラコロ
△エイシンバランサー
△ドリームドルチェ
△テーオーヘリオス

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

【JR東海公式通販】いいもの探訪

理想のストロングスタイルへ!HMBマッスルプレス

楽天市場でのお買物がいつでもポイント2倍!

2018-04-15 12:41 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター