1/6土曜日の勝負レース

[中山11 中山金杯 芝2000]

過去3年の平均ラップ
12.5-11.0-12.9-11.9-12.5-12.1-11.8-11.8-11.6-11.9
前後半3F 36.3-35.3 前半1000m 60.7

◎ウインブライト
○セダブリランテス
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ストレンジクォーク
△レアリスタ
△ダイワキャグニー

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた直線入口付近。最初の1コーナーまでの距離は約405m。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

このレースは例年、中盤以降11秒後半~12秒前半で持続するラップか後半5Fのロングスパート戦になる傾向です。馬場改修前と比べると、後半のラップが速くなっていて、それに加えCコース替わりの開幕週に付き内枠先行有利が顕著になっています。スローからの上がり3Fのレースになる可能性もケアしながら、予想を組み立てる必要のあるレースです。

◎ウインブライト
ひいらぎ賞、若竹賞、スプリングSと、衝撃の中山巧者ぶりを発揮してきたこの馬が、皐月賞以来の中山に久々に帰ってきました。最内枠に入ったことで、道中ラチ沿いでじっとしていられるので、残り4~5Fの持続ラップを、豪快にマクってほしいと思います。


[京都11 京都金杯 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.0-11.4-12.0-11.5-11.4-11.4-11.8
前後半3F 34.8-34.5 前半1000m 58.4

◎ストーミーシー
○レッドアンシェル
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ラビットラン

スタート地点は2コーナーのポケットで最初のコーナー(3コーナー)まで700mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。前後半3Fのラップがほぼイーブンになるのが特徴だが、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくなく、結果差し馬の台頭も多くなる。

このレースは例年、内枠先行馬が有利ですが、全体が持続ラップで流れるものの、上がりが速く先行馬が止まらないという開幕週独特の馬場が大きく影響しているものです。今年は少頭数となり、人気馬もまんべんなくバラけた印象ですので、内外の差はあまり感じませんが、速い上がりに対応出来る先行馬有利であることは変わりありません。

◎ストーミーシー
近走は、7戦続けて上がり2位以内を記録していますが、少頭数のレースに限れば、4角の位置は真ん中より前ですので、ある程度前の位置から速い上がりが使えています。昇級戦ですが、GⅢ4着の実績もありますので、人気薄ですが思い切って狙いたいと思います。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

■全品 送料無料■
雑誌やテレビで紹介されたあの商品も!

講談社No.1グルメ雑誌 公式お取り寄せサイト「おとなの週末お取り寄せ倶楽部」

2018-01-06 11:11 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター