6/25日曜日の勝負レース

[阪神11R 宝塚記念 芝2200]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.2-11.5-12.5-12.4-12.3-12.3-12.1-11.8-12.0-12.4
前後半3F 35.2-36.1 前半1000m 60.2  

◎サトノクラウン
○ゴールドアクター
▲キタサンブラック
△レインボーライン
△シャケトラ

スタートは4コーナーポケット地点からで、内回りコースを1周する。1コーナーまでの距離は325mで、スタート直後は先手争いでペースが速くなりやすい。スタートして直線に設けられた高低差1.8mの急坂を駆け上ると、1~3コーナーまではほぼ平坦なコース。残り800m地点からは緩やかな下りで、直線距離356.5mのゴール前190m地点から再び急坂を上る。内回りコースの為最後の直線が短いので仕掛けも早くなることから、最後の1Fが大きく失速する。下級条件ではゆったりしたペースになることが多いが、宝塚記念では前半・中盤とも厳しいラップとなり最後は失速する。基本的には先行有利で差し馬はマクリ気味に進出して4コーナーで先団に取りつかなくては勝機はない。

以前は前半が速くなる展開がほとんどでしたが、昨年こそ道悪にしては速い流れになりましたが、近年は良馬場でも前半3F36秒台の遅い流れになる傾向です。今年は11頭と少頭数になりましたので、前半スローからの後半5~6F11秒後半から12秒前半の持続ラップになると見ていますので、道悪次第ではかなりの消耗戦になるのではと思っています。

◎サトノクラウン
先週の阪神の高速馬場ならほぼノーチャンスだったかもしれませんが、水曜日と昨日の大雨で一気にチャンスが出てきた感があります。道悪巧者というよりも、上がりを要する持続ラップのロングスパート戦に強いタイプで、前走の大阪杯は逃げ馬の単騎逃げで、レースラップ以上に2番手以降はスローで速い上がりのレースでしたので、持ち味を発揮出来ませんでした。消耗戦想定の今回は、早目に積極的に動くレースぶりに期待したいと思っています。

▲キタサンブラック
昨年の宝塚記念は稍重馬場で1000m 59.1のペースから、ラスト1F12.7と大きく失速しているのに、逃げてタイム差なしの3着に粘りましたので、昨年と比べて大きくメンバー落ちした今年のメンバーならと思いたくなるところですが、この馬の良さは先行して、最内を回って速い上がりを使うところですので、ポジション取りに手間取る可能性の有る枠と、上がりを要する消耗戦では、今回は軸にはし辛いところです。


[東京11R パラダイスS 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.1-11.3-11.5-11.4-11.3-11.9
前後半3F 35.0-34.6 前半1000m 57.9

◎ロードクエスト
○グランシルク
▲ウインガニオン
△ダイワリベラル

スタート地点は向こう正面まん中付近で、最初の3コーナーまでの距離は342m。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、速い上がりも必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

ローソンフレッシュ

理想のストロングスタイルへ!HMBマッスルプレス

JR東海沿線地域の厳選された逸品!
2017-06-25 11:32 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター