東京競馬場 コース分析 勝負コース

【東京競馬場】
<芝2500>
過去3年のレースラップ 
7.14-11.2-11.4-12.2-12.4-12.3-12.4-12.2-12.1-12.1-11.5-11.7-12.2
前後半3F 35.8-35.4
スタート地点は正面スタンド前で芝2400より100mだけ下がるだけだが、坂下からのスタートとなる為、ゴールまでに2度の坂超えが必要となる。中盤が緩んで速い上がりが要求される2400とは違って中盤が極端には緩まない12秒台前半で推移する為、持久戦になりやすいが、それでも速い上がりのない馬には厳しくなる。

<芝2400>
過去3年のレースラップ 
12.8-11.5-12.5-12.8-12.6-12.7-12.9-12.6-12.4-11.6-11.6-12.2
前後半3F 36.8-35.4
日本ダービー、ジャパンカップが行われる中央競馬を代表するクラシックディスタンス。スタートは正面スタンド前の坂を下り終えた地点からで、最初のコーナーまでは350m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。
スタートの先行争い以降、中盤はスローで進み、上がり特化型レースになりやすい。速い上がりが必要だが、一瞬の切れ味よりも長く良い脚使えることが重要だけに、スピードとスタミナ両方が必要となる。

<芝2000>
過去3年のレースラップ 13.0-11.8-12.0-12.3-12.6-12.5-12.3-11.5-11.4-12.0
前後半3F 36.7-34.9
スタート地点は1コーナー奥のポケットで100m進んだところで大きなカーブがある為、多頭数の外枠、特に先行馬は距離ロスがあり不利。向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では中盤が大きく緩む為、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。天皇賞等クラスが上がると中盤が緩まなくなるので、最後はバテないスピードの持続力が問われる。ダンスインザダークやシンボリクリスエスといったズブいと言われる種牡馬が成績が良いのはその為。

<芝1800>
過去3年のレースラップ 11.8-11.4-11.8-12.5-12.4-12.5-11.6-11.5-12.1
前後半3F 36.0-35.1
スタート地点は1~2コーナーにあるポケットでコースを斜めに横切り向こう正面に合流するという特殊な形態。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。11秒台で持続するマイルのラップになることも多く、マイラーか速い上がりのある中距離馬かどちらを狙うかはペース予想が大きく左右される。逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

<芝1600>
過去3年のレースラップ 12.5-11.1-11.7-12.0-12.2-11.6-11.5-12.1
前後半3F 35.3-35.0
スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に付けれて良い脚を長く使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくなく、特に安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。

<芝1400>
過去3年のレースラップ 12.5-11.3-11.6-11.8-11.3-11.4-12.0
前後半3F 35.3-34.6
スタート地点は向こう正面まん中付近で、最初の3コーナーまでの距離は342m。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、速い上がりも必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。

<ダ1600>
過去3年のレースラップ 12.4-11.2-12.0-12.6-12.7-12.4-12.3-12.7
前後半3F 35.7-37.4
スタート地点は2コーナー奥の芝コースでスタートから芝の切れ目までの距離が外枠が約30m長いことから、一般的には外枠有利と言われている。最初の3コーナーまでの距離は640mで3~4コーナーはほぼ平坦、最後の直線501.6mは日本のダートコース最長を誇る。前半から持続してスピードが要求され、基本的には逃げ先行有利だがクラスが上がるほど差し追い込みが決まる。砂が軽く、上がりも速いので芝からの転戦馬が通用する。
2013-01-25 23:50 : 東京競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター