7/24日曜日の勝負レース

[中京11R 中京記念 芝1600]

過去4年の平均ラップ
12.6-11.3-11.5-11.8-12.0-11.5-11.7-12.5
前後半3F 35.3-35.8 前半1000m 59.0

◎ダノンリバティ
○トウショウドラフタ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ケントオー
△ダッシングブレイズ
△アルマディヴァン

1~2コーナーにある斜めの引き込み線からのスタートしてまもなく左に緩くカーブして本線に合流する。向こう正面は平均ペースで流れ、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。スタートしてまもなくのカーブがあり先行争いが激化する為か、クラスが上がるほど前掛かりラップになることが多く、差しが決まりやすい。枠順の有利不利はほとんどない。

中京最終週で芝の内側がかなり荒れてきていますが、コース形態上前半があまり緩まないので、おのずと上がりを要する前かかりラップになりやすい傾向です。従って、狙い馬は前がかりラップのマイルで、差し脚を発揮して好走した実績のある馬ということになります。

◎ダノンリバティ
ダートGⅢで2着の実績がありますので、前がかりラップを得意とするタイプで、阪神マイルの上がり勝負でも差し脚を発揮して勝っているように、直線に坂があるような上がりを要するコースならかなり高いレベルに居るのではないかと思います。


[函館11R 函館記念 芝1200]

過去5年の平均ラップ
12.1-10.6-11.4-12.0-12.0-12.3
前後半3F 34.0-36.3 前半1000m 58.0

◎モンドキャンノ
○ドゥモワゼル
▲フクノクオリア
△レヴァンテライオン
△バリンジャー
△ラーナアズーラ

スタートしてから最初のコーナーまでの距離は490mあり、最後の直線は262m。最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。前半が速くなる前掛かりラップになり、クラスが上がると後半の失速度合いが少なくなるのは他場と変わらない。洋芝で全体的に時計がかかるのが特徴で、開催後半や雨により馬場が痛むと特に時計がかかり差し追い込み馬や持ち時計のない穴馬が台頭してくるので馬場状態には注意が必要。

◎モンドキャンノ
函館ラストで行われるこのレースは、函館1回開幕当初と馬場状態が大きく違い、早い段階で好時計で勝ち上がった馬が人気を裏切るケースが多々あるのですが、今年は雨が少なかった為か今だ時計が速く、土曜日の3歳未勝利で1.09.4が出る程です。この馬の勝ち時計1.09.4は抜けていて、2~4着馬がその後の未勝利を勝ち上がりここへ出て来ているように、ここでは1枚上の存在ではないでしょうか。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

楽天競馬

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2016-07-24 10:56 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター