7/17日曜日の勝負レース

[函館11R 函館記念 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.0-11.7-11.9-12.2-12.1-12.1-12.0-11.9-12.4
前後半3F 35.0-36.3 前半1000m 59.2

◎レッドレイヴン
○ツクバアズマオー
▲マイネルフロスト
△ファントムライト
△マテンロウボス
△バイガエシ

コーナー4回のコースで、スタートしてから最初のコーナーまでの距離は475mあり、最後の直線は262m。2コーナーの地点が最低点になっていて最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。洋芝で全体的に時計がかかり、全クラス共上がりがかかる前掛かりラップになる。クラスの差は中盤の4ハロンのペースに表れ、上位クラスは厳しいラップとなるので逃げきりは難しく、先行抜け出しかマクリ差しが有効となる。

今週からBコースに変わり、このレースも過去の好走馬は内枠に集中しています。土曜日は馬場状態が昨年同様くらいという印象を受けていましたが、本日はやや重発表ということで、時計のかかる馬場を想定しなければなりません。昨年逃げたマイネルミラノが今年も逃げる想定で行けば、1000m59秒を切るペースになり、例年通り上がりを要する前かかりラップになりそうです。

◎レッドレイヴン
巴賞からのステップは昨年と同じですが、斤量は1キロ重い57キロを背負います。斤量56キロの昨年は1.2秒差5着に敗退しましたが、外枠でポジションを悪くしたまま、押し上げもなく終わってしまいました。このメンバーなら力関係も函館適性でも上位ですし、内枠で仕掛けの出来る池添騎手なら昨年以上は期待出来ると見ています。


[福島11R バーデンバーデンC 芝1200]

過去4年の平均ラップ
12.1-10.6-11.1-11.5-11.6-12.2
前後半3F 33.8-35.3 前半1000m 57.0

◎アットウィル
○オウノミチ
▲ショウナンアチーヴ
△コスモドーム
△ジャストドゥイング

スタートから3コーナーまでの距離は約412mで緩やかな坂がある。残り400m辺りから下り坂となり最後の直線残り150mから再び上り坂になる。直線距離はAコース292m、Bコース297.5M、Cコース299.7m。3コーナーのカーブが緩やかでスピードが落ちにくく、前半3Fは33秒台が標準で後半は大きく失速する。開催前半は内枠の先行馬が有利だが馬場が痛み出すと外枠の先行馬と差し馬が台頭する。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

楽天競馬

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2016-07-17 10:41 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター