3/20日曜日の勝負レース

[中山11R スプリングS 芝1800]

過去4年の平均ラップ
12.7-11.7-12.3-12.4-12.2-12.1-12.1-11.5-12.0
前後半3F 36.7-35.6 前半1000m 61.3

◎マウントロブソン
○ロードクエスト
▲マイネルハニー
△ドレッドノータス
△ハレルヤボーイ

スタート地点は正面スタンド中端。最初の1コーナーまでの距離は約405mでスタートして直ぐに急坂が待ち構える。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

以前は皐月賞に比べ中盤が緩む為、本番に直結しにくいレースでしたが、近年は上がり5~6ハロンが12秒前半~11秒後半のワンペースの持続ラップになりがちで、マイル寄りのレースになる傾向です。馬場改修を行った後の昨年は、1000m62.6とペースが遅かったのもあり、かなり上がりの速いレースになりましたが、馬場が良くなり時計も速くなっている傾向です。

◎マウントロブソン
中山、小倉と連勝していますが、特に小倉のあすなろ賞は5Fロングスパート戦を、後方から4角3番手までマクり上げて、直線でせり落とす強い内容でした。スタートがあまり良くないので、後方待機策の可能性が高いのですが、恐らくロードクエストよりも早目に動いていくでしょうから、一発を秘めています。

○ロードクエスト
能力からして被った人気もうなずけますが、この馬にとっては厳しい条件のこのコースの中で、唯一少頭数なのは救いでしょうか。出遅れが酷いので後方からは仕方がなく、ホープフルSでハートレーに弾かれたように、追い出しの反応も鈍いので、直線勝負に賭ける戦法なのでしょうが、3強に対抗出来る末脚は持っています。

△ドレッドノータス
先行馬が多い中で外枠に入ったことで、良いポジションが取りづらく、難しい競馬を強いられそうです。厳しいラップで先行して良さがあるこの馬には、トライアルよりもより消耗する本番のほうが持ち味が生きると思います。今回は昨年11月以来の休み明けと、追い切り本数も足りないことから叩きの印象が強いように思います。


[中山10R 千葉S ダ1200]

過去5年の平均ラップ
12.0-10.5-11.2-12.0-11.9-12.7
前後半3F 33.7-36.7 前半1000m 57.7

◎キタサンミカヅキ
○ワイドエクセレント
▲ブルドッグボス
△アンズチャン
△カジキ
△トキノゲンジ

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

世界最大の口コミ旅行サイト

楽天競馬

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2016-03-20 10:40 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター