有馬記念

今年の中央競馬も早いもので、最後の週となってしまいました。終わり良ければ総て良しではないですが、毎年このレースは馬券的妙味に関係なく、絶対に獲りたいレースですよね。
近年、スロー化が顕著な有馬記念ですが、過去5年のレースの区間ラップから、傾向を探ってみました。
2014年 7.0-11.8-12.3-12.6-12.5-13.6-13.3-13.0-12.3-12.4-11.5-11.2-11.9
1000m63.0 前後半3F37.4-34.6
2013年 6.9-11.1-12.3-11.6-12.4-12.8-12.4-12.0-11.8-12.3-12.6-11.8-12.3
1000m60.7 前後半3F36.1-36.7
2012年 7.0-11.3-11.6-12.0-12.2-12.7-12.6-12.5-11.9-12.1-12.1-11.9-12.0
1000m60.5 前後半3F35.9-36.0
2011年 6.8-12.0-12.4-12.1-13.1-14.4-14.3-13.0-12.0-11.9-11.4-11.3-11.3
1000m63.6 前後半3F37.2-34.0
2010年 6.9-11.4-12.0-12.3-12.7-13.4-13.5-12.3-11.5-12.0-11.7-11.1-11.8
1000m62.0 前後半3F36.5-34.6
特徴としては、残り1600m~1000mまでの、1コーナ~2コーナー過ぎまでの3F区間で、ここが大きく緩むと上がり3Fの勝負となり、緩まなければ残り5Fは緩急差のない持続ラップとなります。昨年はこの区間が大きく緩んで、上がりの速い展開になってしまった為、中山内回りに適性の無いと踏んでいたジェンティルドンナに勝たれてしまいました。また、昨年は馬場改修工事の為、9月の開催が無かったので馬場状態がかなり良い状態でしたが、水捌け等劇的に改善されたことによって、今年も通年して良い状態を保っているようです。

その他、多少参考になりそうな展開・ラップからの傾向を書き出してみましたので参考までに。
①馬番別3着内回数
1番-1回、4番-2回、5番-1回、6番-3回、7番-2回、9番-2回、11番-1回、13番-1回、14番-2回
ゴールドシップが2桁馬番で3着内3回、トゥザグローリーが11番で3着、それ以外は全て1桁馬番。

②残り5Fが12秒前後の持続ラップとなった2012年以外は全ての3着馬は、4角9番手以内。
(今思えば、2012年はかなり異質で、1~3着が追い込み馬となる厳しいラップでした)

③レース上がりが34秒台となった2010、2011、2014年の逃げ馬と上がり最速馬の上がりタイムと着順
2014年 逃げ馬 ヴィルシーナ 35.4 14着、上がり最速 ジャスタウェイ 33.4 4着
2011年 逃げ馬 アーネストリー 34.6 10着、上がり最速 ルーラーシップ 33.2 4着
2010年 逃げ馬 トーセンジョーダン 34.9 5着、上がり最速 ブエナビスタ 33.8 2着

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

濃密育毛剤BUBKA

贅沢食べ比べ!ズワイとタラバの蟹足食べ放題2.0kg箱!
2015-12-23 19:47 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター