11/23月曜日の勝負レース

[東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800]

過去4回の平均ラップ(不良除く)
12.8-11.3-11.6-11.9-12.1-12.4-12.0-11.2-11.6
前後半3F 35.6-34.8 前半1000m 59.6

◎スマートオーディン
○プロディガルサン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ロスカボス

スタート地点は1~2コーナーにあるポケットでコースを斜めに横切り向こう正面に合流するという特殊な形態。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。11秒台で持続するマイルのラップになることも多く、マイラーか速い上がりのある中距離馬かどちらを狙うかはペース予想が大きく左右される。逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

◎スマートオーディン
阪神1800のデビュー戦は圧巻で、ラスト1F11.1でレヴィンインパクトを突き放しました。前走は意外にも捉えきれませんでしたが、+12キロが影響したのかもしれません。息の長い脚が生かせる東京なら、勝ち負け出来ると見ています。

○プロディガルサン
過去の平均ラップ前半3F35.6、1000m59.6はこの時期の2歳馬にとっては速いと言えるペースで、同コースの新馬、未勝利戦では経験出来ないラップです。それなら東京1600を使ったほうが、このレースへのステップとしては良いのではないかと思っています。この馬はデビュー戦で東京1600を使いましたが、1000m61.6のペースでレース上がりよりも0.9速い上がりで差し切りました。ちなみに同じ東京1600でデビューしたロードクエストとの比較を考察してみました。
プロディガルサン 6月20日 東京1600 新馬 1000m61.6 11.8-11.6-11.9 自身上がり34.2
ロードクエスト 6月7日 東京1600 新馬 1000m61.8 11.4-11.2-11.3 自身上がり33.2
33.9の上がりを使い2馬身差の2着だったブレイブスマッシュが後に同コースのオープンを勝っていることから、ロードクエストの強さは際立っていると言えます。プロディガルサンは2戦目も中山でオープンを追い比べで勝っていますから、デビュー戦を回顧するのも何ですが、東京では少しジリっぽいかも知れません。


[東京10R 鷹巣山特別 芝1400]

過去5回の平均ラップ(鷹巣山特別は昨年のみ、他は同条件)
12.8-11.4-11.6-12.0-11.6-11.2-11.9
前後半3F 35.8-34.6 前半1000m 59.4

◎チョコレートバイン
○レッドカーラ
▲セトノフラッパー
△レインボーラヴラヴ
△スターファセット
△コリーヌ

スタート地点は向こう正面まん中付近で、最初の3コーナーまでの距離は342m。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、速い上がりも必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。



このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-22 22:38 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター