9/6日曜日の予想

[新潟11R 新潟記念 芝2000]

過去5年の平均ラップ
13.0-11.2-11.8-11.9-12.3-12.3-11.7-11.3-11.8-12.2
前後半3F 35.9-34.3 前半1000m 60.2

◎ミュゼスルタン 
○アルフレード
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△アヴニールマルシェ
△メドウラーク
△マジェスティハーツ

日本で唯一の2000mでコーナー2回のコース。スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。前半~中盤のラップにクラスの差はなく、上がりのラップの差に表れる。基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

このコースの重賞だけあり、前後半のラップ差が後半のほうが大きく速い上がり特化型レースです。それでもラスト2ハロン目が最速となってラスト1ハロンは大きく失速しますので、逃げ先行馬にとっては厳しい展開となります。最後までバテずに長く良い脚を使える馬を狙いたいレースです。

◎ミュゼスルタン
新潟外回りは2戦2勝で新潟2歳Sの勝ち馬。NHKマイル、ダービー共、上がり上位の脚を使いながら一歩足らなかったのは位置取りの問題で、ラストが大きく失速する新潟外回りで更に今の内が荒れてきている馬場なら、差し切る可能性大と見ています。


[小倉11R 小倉2歳S 芝1200]

過去5回の平均ラップ
11.9-10.3-10.9-11.5-11.8-12.2
前後半3F 33.1-35.5 前半1000m 56.4

◎サイモンゼーレ
○コウエイテンマ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ファビラスヒーロー
△ブンブンブラウ
△シュウジ

スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。

このレースの特徴はスタート地点が坂の最頂部から下り坂が続くのと最初のコーナーまでの距離が480mと長いこともあって、とにかく前半は速くなり後半大きく失速するラップになります。過去のデータからもこの時期の2歳馬としては異例の前半3F33.1というラップ平均になっている反面、後半の失速も大きいです。

◎サイモンゼーレ
人気上位馬が小倉経験が無く、ハイペースに対応出来るかが疑問な為、思い切って人気薄から狙って行きたいと思います。出走馬中、小倉で逃げ切り勝ちのある中で前3Fの速さと後半3Fの失速度合のバランスを評価しました。今日の馬場なら持ち時計からも充分勝負になると見ています。








2015-09-06 10:26 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター