2/15日曜日の予想

[東京11R 共同通信杯 芝1800]

過去5年の平均ラップ
13.0-11.5-12.2-12.5-12.5-12.3-11.2-11.1-11.6
前後半3F  36.6-33.9 前半1000m 61.6

◎ドゥラメンテ
○アンビシャス
▲アヴニールマルシェ
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△リアルスティール

スタート地点は1~2コーナーにあるポケットでコースを斜めに横切り向こう正面に合流するという特殊な形態。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

3歳牡馬クラシックの重賞レースの中では、最もスローの上がりの速いレースで、平均上がり3F33.9は異常とも言えるラップです。特に残り4F~3Fでの1秒ものラップ差は、速い上がりを持ち合わせる馬でも急加速力を持っていないと一気に置かれてしまいますし、ポジションも中段より後ろでは届かないレースです。

◎ドゥラメンテ
2戦目のレース上がり11.9-11.0-11.1はラストが失速しない優秀なラップで、ペースが流れた前走のラスト3F~2Fの12.5~11.2の急加速で一気に突き放した末脚は、現時点ではダービー馬候補一番手と評価しています。スタートの悪さを二の脚の速さでカバーし前目の位置に付けている現状の改善と、今回の中1週のローテが今後に与える影響は少し心配です。

○アンビシャス
マイルで2戦2勝ですが、前走の千両賞は前半3F37.4、1000m62.8のスローで上がり最速のラップをマークしたもので、中距離レースへの対応は充分と言えます。緩い馬場でしたの上がりは少し時計を要しましたが、ヨーイドンの急加速力の高さを見せたレースでした。


[京都11R 京都記念 芝2200]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.5-12.7-12.7-12.3-12.6-12.6-12.0-11.7-11.3-11.7
前後半3F 37.0-34.7 前半1000m 62.0

◎ハープスター
○キズナ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△トウシンモンステラ

スタート地点は正面スタンド前直線入り口付近。最初のコーナーまでの距離は400m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は500mあり、半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。最初のコーナーまでは距離があるのでゆったりスタートして、ペースは上がらない。勝負は3コーナー坂の下りからのロングスパートで、上がり4ハロンの脚が求められる。

◎ハープスター
スローの上がりの競馬が濃厚でキズナが骨折明けということもあり、この馬に分があると見ています。この馬は超一線級ではトップスピードの持続力で劣ってしまうのではないかと感じていますので、坂の下りを利用して加速出来る京都外回りで、しかも牝馬には有利なスローとなればこちらではないでしょうか。







2015-02-15 10:39 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター