1/12月曜日の予想

[中山11R フェアリーS 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.2-11.5-11.7-12.1-12.1-11.7-12.3
前後半3F 35.1-36.1 前半1000m 58.9

◎テンダリーヴォイス
○カービングパス
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△コートシャルマン
△ギンザヴィクトリア
△エヴァンジル

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。マイラーよりもスプリント寄りの馬のほうが狙い目。

昨年の秋開催が無く、部分的に芝を貼り替えられた中山の芝は例年になく良い状態です。牝馬限定にしては淀みなく流れる傾向のこのレースですが、今年はペースが落ち着きそうで、上がりの速い競馬になるのではと思っています。

◎テンダリーヴォイス
最内枠で馬場が良く、上がりの速いレースになればこの馬が浮上します。今回多数出走する赤松賞では最先着していますが、その内容は内で恵まれたのは間違いありませんが、充分に脚を貯めてしっかりと速い上がりを使ったものでした。トップスピード勝負には分がありますので、内で包まれないよう願うのみです。

○カービングパス
赤松賞ではレースラップ11.2の残り2F目で一気に差を詰めていますので、この馬も速い上がりに対応出来る末脚を持っています。最後脚が上がってしまったように脚の使い処が少し早かった印象でしたが力は見せました。如何にロスなく回ってこれるかが鍵となりそうです。

△コートシャルマン
阪神JFの敗因は距離なのかも知れませんが、上がりの最速地点で置かれてしまったのは間違いありません。現状では上がり勝負向きではなく、前掛かりで上がりの掛かるレース向きと見ていますので、ハイペースになった時の押さえという評価です。



[中山9R 頌春賞 ダ1200]

過去5年の平均ラップ(2013年以前は初春賞)
12.0-10.6-11.5-12.2-12.2-12.8
前後半3F 34.1-37.2 前半1000m 58.5

◎デルマヌラリヒョン
○ヴァーノン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△スズヨストラ
△ウインプロスパー
△コーリンギデオン

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。







2015-01-12 00:02 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター