11/30日曜日の予想

[東京11R ジャパンカップ 芝2400]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.3-12.2-12.4-12.1-12.4-12.5-12.1-11.8-11.3-11.4-11.9
前後半3F 36.3-34.6 前半1000m 60.8

◎ジャスタウェイ
○ジェンティルドンナ
▲エピファネイア
△イスラボニータ
△ハープスター
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)


日本ダービー、ジャパンカップが行われる中央競馬を代表するクラシックディスタンス。スタートは正面スタンド前の坂を下り終えた地点からで、最初のコーナーまでは350m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。スタートの先行争い以降、中盤はスローで進み、上がり特化型レースになりやすい。速い上がりが必要だが、一瞬の切れ味よりも長く良い脚使えることが重要だけに、スピードとスタミナ両方が必要となる。

良いメンバーが揃った今年のジャパンカップですが、超一流の外国馬は今年も出走なしとなり、国際レースとしての意義からすれば疑問は拭えません。土曜日はやや重で行われて心配された馬場ですが、雨も上がり回復傾向になり良馬場が見込めそうです。展開は外国馬の出方次第ですが、サトノシュレンが逃げる展開になればややスローになる公算が高いのではないでしょうか。

◎ジャスタウェイ
距離適性が危惧されていますが、厳しい流れにならなさそうな東京ならば、2400も守備範囲と見ています。凱旋門賞で良い位置に居ながら伸びを欠いたのは距離適性よりも馬場が合わなかったに尽きると思います。成績が安定し始めてからは、主に中距離を使われてきた為、スローな流れへの不安はありますが、東京でのキレはこのメンバーでも最上位ですから、むしろ好都合かも知れません。今回は最内枠を引いたことで、ある程度出して行くと思われますが、エプソムCや中山記念で狭い内を突く競馬をしていますので問題ないと思います。

○ジェンティルドンナ
3連覇が掛かるものの、昨年はかなりメンバーが薄かったことは否めません。しかし天皇賞はスピルバーグに差されはしましたが、イスラボニータを競り落とした時点で東京での高い適性を示した走りだったのではないでしょうか。この馬の最大の武器は、常に先行して良いポジションで内ピッタリに回ってこれることで、内枠を引いた今回も大きく崩れるイメージは湧いてきません。

▲エピファネイア
穴で狙おうと思ってましたが、意外に人気で少しビックリしています。今年は成績がパッとしませんが、乗り方一つというレースもありました。ジリ脚でトップスピードに到達するまでに時間が掛かるタイプのこの馬にとっては、スローの上がり勝負になるとマイナスではありますが、一番適したコースだと思います。掛かるのを怖がり、積極的な競馬が出来ない福永騎手からスミヨンに代わるのは、大きなプラスだと思っています。

△イスラボニータ
天皇賞はスピルバーグはともかくとして、ジェンティルドンナには競り負けた恰好となりましたが、外枠発走から先行のポジションを取る為に、1コーナーを大外を回るロスが最後の末脚に影響したと考えられます。この馬の長所は持続ラップの消耗戦から、一気にラップが速くなる急加速戦まで広く対応出来るところにあり、どちらかと言えば一瞬の脚を生かすよりは、末脚の持続力に長けていますので、東京2000がベストな条件と見ていますが、スローならば2400も守備範囲だと思います。

△ハープスター
今回は勝つかもしれないけど、大敗もあるかも知れないという意味で印を落としました。この馬はトップスピードの持続力では古馬の一線級に混じると見劣る可能性があり、一瞬の脚で勝負を決められるレースか東京なら流れる展開のほうが持ち味を発揮出来るのではないかと思っています。展開からは外を回して直線だけという競馬では厳しいでしょうが、陣営は出して行くと言っていますので、どんな競馬をするのか注目です。


[東京9R キャピタルS 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.1-11.3-11.7-11.9-11.4-11.2-11.9
前後半3F 34.7-34.5 前半1000m 58.3

◎シェルビー
○リアルインパクト
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△シャイニープリンス
△ロサギガンティア
△キングズオブザサン

スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくなく、特に安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。

過去5年の平均こそ前後半フラットなラップですが、今回のメンバーはスローが濃厚です。土曜日がやや重馬場だったことから東京特有の内側から先に乾く状態が見込めますので、ロスなく立ち回れる内枠の先行馬を中心に馬券を組み立てたいレースです。

◎シェルビー
前走の富士Sは休み明けに加え、外枠発走から終始外々を回らされ、最後の直線の立ち上がりで早めにダノンシャークを捕まえに行ったのが響いて失速してしまいました。ワンペースな流れのほうが向いているタイプなので、スローならば前々で立ち回れば巻き返し可能と見ています。







2014-11-30 10:37 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター