8/24日曜日の予想

[札幌11R 札幌記念 芝2000]

過去5回の平均ラップ
12.6-10.9-11.7-12.2-12.2-12.4-12.1-12.0-11.6-11.9
前後半3F 35.2-35.5 前半1000m 59.6

◎ゴールドシップ
○トウケイヘイロー
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△ロゴタイプ
△ハープスター

スタート地点は正面スタンド前直線の4コーナー奥ポケット。最初のコーナーまでの距離は約380m。札幌競馬場の芝コースは高低差が0.6mと小さく、全周にわたりほぼ平坦。また、コース全体が丸みを帯びており、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴がある。最後の直線距離は約266m。最初の1コーナーまで距離があることと、1ハロン伸びた分だけ芝1800mよりはペースは落ち着きやすい。スローペースになればその分、一瞬の切れが必要になる。

凱旋門賞の前哨戦にゴールドシップとハープスターの2頭がこのレースを選んで来た為、豪華なメンバーとなりました。札幌は今週からCコースとなり、土曜日も人気薄の逃げ馬が好走していたように、内先行有利な状況と考えて良さそうです。

◎ゴールドシップ
時計の掛る洋芝、加速が必要なコーナーリング、G1と同様の定量戦と良い条件が揃った感が有ります。これで直線の急坂があれば文句の付けようがないのですが。誰が乗ってもスタートで出負けするのですが、宝塚記念では横山典騎手は好位まで押し上げて折り合わせました。この馬は理想はやはり消耗戦ですのでトウケイヘイローに楽をさせない、早めに捕まえる展開に持ち込みたいところでしょう。

△ハープスター
牡古馬と5キロ差の52キロは裸同然と思えますが、問題は時計の掛る洋芝適正と260mそこそこの最後の直線でしょう。キャリア6戦全てで最後の直線が400m以上のコースを選んで来ていますので、位置取りを前にするかコーナーから加速させるか、騎手の戦法と馬の対応力を見てみたいところですが、現時点では適性外の判断です。


[小倉11R TV西日本北九州記念 芝1200]

過去5回の平均ラップ
11.7-10.1-10.6-11.2-11.5-12.1
前後半3F 32.3-34.8 前半1000m 55.0

◎ニンジャ
○バーバラ
▲メイショウイザヨイ
△リトルゲルダ
△エピセアローム
△スギノエンデバー

スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。

このレースの特徴はスタート地点が坂の最頂部から下り坂が続くのと最初のコーナーまでの距離が480mと長いこともあって、とにかく前半は速くなり後半大きく失速するラップになります。今年も速くなりそうなメンバーだけに、前後半で大きく失速するラップで好走実績のある馬を中心に狙いたいレースです。

◎ニンジャ
昨年の上位馬が揃って出走して来ていますが、特徴のあるレースだけにリピーターには注意が必要です。この馬の小倉1200の成績は2-1-0-0と出走回数は少ないものの、自身の全成績からは得意コースと言えるでしょう。前半が速くなると前には行けないタイプですし、外枠ですので無理には行かずじっくり後方からの競馬になると思われますので、鮮やかな差し切りに期待したいです。








2014-08-24 03:59 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター