7/6日曜日の予想

[中京11R CBC賞 芝1200]

過去2年の平均ラップ
12.0-10.9-11.1-11.0-11.2-12.3
前後半3F 34.0-34.4 前半1000m 56.1

◎ルナフォンターナ
○トーホウアマポーラ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△ベルカント
△エピセアローム
△リアルヴィーナス

スタート地点は向こう正面直線の真ん中付近。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。前半からペースが速くなりやすいコース形態で、最後の直線が長く急坂があることから先行勢が失速しやすく差し馬が台頭する。クラスに関係なく前掛かりラップになることが多く、差しが決まり
やすい。枠順の有利不利は少ない。

昨年は前後半3F34.2-33.8のスローな展開、馬場改修後過去2回の高松宮記念ですら前半3F34秒台で1400、1600では面白いように差しが決まる中京コースにあって意外に感じます。これは最後の直線が長い分、スタートからまもなくしてコーナーに差しかかるコース形態からなのでしょう。今回も先行馬は多いものの、逃げ馬不在のメンバーですからハイペースは望みにくい展開になりそうです。

◎ルナフォンターナ
現在3連勝中の上がり馬で京都の1200で良積があるように、上がりが失速しない前後半フラットなラップを得意としています。スローで上がりが速い展開でも実績がありますから、1200よりももう少し距離を伸ばした方が良さそうな気もします。今回は内枠に入ったことから、3~4番手でじっくり行けそうですので、速い上がりが使えるこの馬にとっては有利でしょう。


[福島11R ラジオNIKKEI賞 芝1800]

過去4回の平均ラップ
12.5-11.1-11.9-12.5-12.2-11.9-11.7-11.6-12.2
前後半3F 60.3 前半1000m 35.5-35.5

◎ピオネロ
○クラリティシチー
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ミヤビジャスパー
△ブレイヴリー
△ウインマーレライ

コーナー4回の小回りコース。最初のコーナーまでの距離305m、1~2コーナーは平坦。残り400m辺りから下り坂となり、最後の直線残り150mから再び上り坂になる。直線距離はAコース292m、Bコース297.5M、Cコース299.7m。前半・中盤・後半の各3Fは35秒台半ば~後半でフラットになるが、概ね先行馬が有利である。

◎ピオネロ
最後の直線が短いので、外を回っていては届かないコースだけに差し馬であれば、内を割ってくるような器用さが求められます。この馬は東京1800の百日草特別を勝ったことから、共同通信杯等の上がりの特化したレースを使って来ましたが、良い脚は持っているが長くは使えないタイプで、短い直線の方が一瞬の脚を生かせるでしょう。要は外を回さず馬群を割れるかに尽きると思います。







2014-07-06 10:39 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター