6/22日曜日の予想

[東京11R ユニコーンS ダ1600]

過去5回の平均ラップ
12.4-10.9-11.6-12.2-12.5-12.2-12.0-12.4
前後半3F 34.8-36.6 前半1000m 59.6

◎アジアエクスプレス
○アンズチャン
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△メイショウパワーズ

スタート地点は2コーナー奥の芝コースでスタートから芝の切れ目までの距離が外枠が約30m長いことから、一般的には外枠有利と言われている。最初の3コーナーまでの距離は640mで3~4コーナーはほぼ平坦、最後の直線501.6mは日本
のダートコース最長を誇る。前半から持続してスピードが要求され、基本的には逃げ先行有利だがクラスが上がるほど差し追い込みが決まる。砂が軽く、上がりも速いので芝からの転戦馬が通用する。

◎アジアエクスプレス
芝とはいえ、マイルのG1ホースがG3で定量の56キロは如何にも恵まれました。デビューから1・2戦で東京ダートは次元の違う強さを見せていた舞台です。芝でも通用するスピードを持っていますが適性は前掛かりラップですので、現状では東京ダート1600が最適だと思われます。ここは1着固定で相手も絞って狙うレースでしょう。

○アンズチャン
近3走は東京ダート1400で1頭だけ飛び抜けた上がりを出していて、しかも全てスローの流れでした。まだオープン級の速い流れを経験してませんので同じような末脚を繰り出せるかは微妙ですが、ハマれば怖い存在です。



[函館11R 函館スプリントS 芝1200]

過去4年の平均ラップ
12.0-10.5-11.2-11.7-11.3-11.9
前後半3F 36.7-34.9

◎ストレイトガール
○フォーエバーマーク
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ローブティサージュ
△ガルボ
△ハノハノ

スタートしてから最初のコーナーまでの距離は490mあり、最後の直線は262m。最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。前半が速くなる前掛かりラップになり、クラスが上がると後半の失速度合いが少なくなるのは他場と変わらない。洋芝で全体的に時計がかかるのが特徴で、開催後半や雨により馬場が痛むと特に時計がかかり差し追い込み馬や持ち時計のない穴馬が台頭してくるので馬場状態には注意が必要。

開幕2週目の函館は例年良好な馬場で、G3であれば1分8秒台前半の時計が見込まれます。前半3Fは34秒前半と、それ程速くならない展開になりそうな中、内先行有利はもちろんですが、ある程度の持ち時計の裏付けが必要です。

◎ストレイトガール
牝馬で56キロですから、牡馬換算で58キロの斤量を背負わされることになりましたが、実績からは当然でしょう。以前にも触れましたが、昨年の函館での6戦は1.08.1~1.11.7と馬場の良い時期から極悪馬場へ変化していく中で、全て連対する対応力を見せ、その後ローカルから中央場所へとステップアップしてG1で勝ち負けする程のトップホースへ登り詰めました。昨年のキーンランドCは外枠から流れに乗り遅れ、逃げたフォーエバーマークを差し損ねましたが、絶交枠の今回は3~4番手からじっくり進めると思います。







2014-06-22 00:58 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター