2/24月曜日の予想

[東京11R 共同通信杯 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.4-12.1-12.5-12.4-12.2-12.2-11.4-11.2-11.6
前後半3F 36.4-34.2 前半1000m61.3

◎サトノアラジン
○ベルキャニオン
▲イスラボニータ
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ガリバルディ

スタート地点は1~2コーナーにあるポケットでコースを斜めに横切り向こう正面に合流するという
特殊な形態。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。
前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。
後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。
逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

3歳牡馬クラシックの重賞レースの中では、最もスローの上がりの速いレースです。
2~3番手に付けると思われる、イスラボニータがマークされる形になるでしょうから、有力馬は
直線入り口までに押し上げて来て、そこからの上がり勝負になると思います。

◎サトノアラジン
前走のラジニケ杯は典型的な内回り負けでした。コーナーで加速出来ない不器用なタイプの為、
ポジションを下げてしまい、直線に向いてから外へ出そうとしたが塞がれ、仕方なく中で追い出
しましたが前が壁になり、実質追ったのは残り200mだけでした。
久々だった東スポ杯は速い流れで追走に手間取り、キャリア1戦馬には厳しいレースになりましたが
重賞を2戦経験して、東京の上がり勝負なら一気にクラシック戦線に浮上出来るチャンスです。

○ベルキャニオン
この馬の前走ホ-プフルSも内回り負けで、4コーナーで混雑した中に入ってしまった為、追い出し
がワンテンポ遅れましたが、良く2着に追い込みました。サトノアラジンに比べれば小回りはこなせ
そうですが、この馬も東京の上がり勝負のほうが適しているのは間違いないでしょう。

▲イスラボニータ
同コースで2連勝中なのですが、レースレコードの東スポ杯はスタートの1ハロン目を除くと全て12
秒以内のラップが続く厳しい展開でした。中距離レースでレコード駆けするような馬は得てして
マイラー色の強い場合が多いのですが、この馬に関してはまだ半信半疑といったところです。
既に重賞ウィナーですので1キロ重い斤量を科せられますし、いづれにしても真価を問われるレース
となるでしょう。







2014-02-23 22:57 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター