11/23土曜日の予想

[東京11R キャピタルS 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.3-11.0-11.2-11.7-11.9-11.5-11.2-11.9
前後半3F 34.5-34.7

◎サトノギャラント
○メイケイペガスター
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50-60位)
△ムーンリットレイク
△シャイニープリンス
△タイキパーシヴァル

スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い
上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。
下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く使える馬が狙い目
となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくなく、特に
安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。

先週の東京は時計が速く、芝のレースのほとんどがラスト1ハロン11秒台でした。
今週は開催最終日ではありますが、引き続き時計が速く前が止まらない傾向だと思います。

まずは展開面ですが、タイキパーシヴァルの単騎逃げが濃厚なメンバーです。
この馬は近走の重賞、オープンではシルポート、トウケイヘイロー、ルナ、コパノリチャード等の
強力な逃げ馬と競ってしまった結果、2桁着順に沈みましたが、同コースの1000万下、準オープン
を勝っているように楽逃げをさせたら怖い存在です。好走する時は少頭数のレースが圧倒的に多い
ので、重い印までは必要ありませんが、充分な警戒が必要と考えています。

◎サトノギャラントは安定感を勝っての本命とします。
東京マイルは3戦3勝、準オープンをトップハンデの58キロで勝っています。
長い直線距離を使ってジリジリと伸びるタイプだけに、前走の負けは中盤が緩む2000mで切れ負け
しました。ある程度流れるマイルならば切れ負けすることも少ないですし、ペース次第では先行も
可能なだけに信頼度は高いと思います。

○メイケイペガスターは春は掛かり癖がアダとなり、チグハグなレースが多く成績が伴いませんでし
た。掛かるのを恐れ引っ張り過ぎると後方で届かず、行かせるとダービーのように先頭まで出てし
まうといった難しい馬です。しかし、中・長距離は明らかに適性外で区間12.5秒を超えるラップで
行きたがってしまう為、スローになっても12秒前半で収まる東京マイルは好都合の筈です。
共同通信杯では2F続く12秒台前半のラップを凌いで、圧勝しているように能力はここでは上位の筈
です。休み明けと坂路での調教時計の物足りなさは少し心配ですが、期待の2番手評価としました。

人気になるであろうレッドアリオンは出遅れが致命的となる流れになりそうな為、軽視しました。







2013-11-23 09:43 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター