11/10日曜日の予想

[京都11R エリザベス女王杯 芝2200]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.0-12.1-12.2-12.0-12.4-12.5-12.0-11.7-12.5-12.2
前後半3F 35.8-36.4

◎デニムアンドルビー
○ヴィルシーナ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50-60位)
△メイショウマンボ
△トーセンアルニカ
△オールザットジャズ

スタート地点は正面スタンド前直線入り口付近。最初のコーナーまでの距離は400m。
1~2コーナーは平坦で向こう正面は500mあり、半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂上を
迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。
最初のコーナーまでは距離があるのでゆったりスタートして、ペースは上がらない。
勝負は3コーナー坂の下りからのロングスパートで、上がり4ハロンの脚が求められる。

本日の京都は朝から小雨ですが、昼前後から本降りになる予報ですので、どうやら重馬場は避けら
れない状況になりそうです。
しかし昨日のレースを見る限りでは、2歳500万下黄菊賞でコースレコードが出る等時計は速く、
前が止まらない馬場でした。今の京都の芝は重でもほとんど時計が遅くならないので、不良馬場
にまでならなければ、内外、先行差しがフラットになり有利不利がなくなる馬場になりそうです。

◎デニムアンドルビーは能力的には充分足りるレベルなのですが、やはり問題は出遅れです。
しかしこの馬にとって内回りコースの秋華賞は内先行有利で4コーナーで膨らむと致命傷になる等
かなり厳しい条件でした。その点外回り2200は4Fロングスパート勝負ですので条件は好転します。
秋華賞同様、メンバーの弱いここならフローラSで見せたマクりで十分勝ち負け出来ると期待します。
○ヴィルシーナはやはりマイル前後がベスト条件に思います。前走で京都大賞典を使って来たのは
勝ち負け度外視でこのレースを狙って来たもので好感が持てます。
前で上手く立ち回って上がりもソコソコというのが最大の持ち味ですので、余程乱ペースにならない
限り馬券圏内に納まるのではないでしょうか。
△メイショウマンボは秋華賞時にも触れましたが、本質は1400~1600がベストと見ています。
一貫した速いラップで推移するレース向きで、スローから3コーナー坂下からのスパートに対応出来
るかは疑問です。メンバーが薄いので3着に走られる可能性はありますが、デニム、ヴィルシーナに
先着は出来ないと考えています。


[東京11R 武蔵野S ダ1600]

過去5年の平均ラップ
12.7-11.0-11.8-12.2-12.4-12.0-11.9-12.3
前後半3F 35.1-36.2

◎ゴールスキー
○アドマイヤロイヤル
▲イジゲン
△アドマイヤサガス
△ベルシャザール
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ

スタート地点は2コーナー奥の芝コースでスタートから芝の切れ目までの距離が外枠が約30m長い
ことから、一般的には外枠有利と言われている。
最初の3コーナーまでの距離は640mで3~4コーナーはほぼ平坦、最後の直線501.6mは日本
のダートコース最長を誇る。
前半から持続してスピードが要求され、基本的には逃げ先行有利だがクラスが上がるほど差し
追い込みが決まる。砂が軽く、上がりも速いので芝からの転戦馬が通用する。

このレースのポイントはスピードの持続力と速い上がりですが、フェブラリーSよりもペースが
遅く前目で立ち回った馬が残る可能性が高いということです。
今年のメンバーは確たる逃げ馬不在で、短距離からの臨戦はティアップワイルドくらいなので
ペースは落ち着くと思います。

まず最初に触れておきたいのはイジゲンです。昨年は3馬身出遅れから大外をマクって驚愕の完勝
でした。出遅れがなければフェブラリーSをも勝てる程の能力を持っていると思いますが、出遅れ
癖は慢性的です。久々の今回は出遅れる可能性大でしょうし、昨年は重賞未勝利の3歳馬で斤量
55キロのうえ先行馬総崩れの展開になりましたので、かなり恵まれたといえるでしょう。
やはり軸にするには大変危険が伴う為、▲としました。
ベルシャザールですが、芝実績馬のダート転向以後、東京ダ2100のオープンを勝ったことから
人気になっていますが、この馬の不安点はペースです。
ダートでは4戦全てがコーナー4回のコースで、緩いペースを先行して行け出すパターンでした。
東京好きの松国調教師なら芝からダートへの転向ならまず東京を使いそうですが、使ったのは
4戦目でしかも2100mでしたから、少なからずスピード対応に不安を持っていると考えて良さそう
です。よって人気で妙味も薄いことから△とします。
本命はもう1頭の芝実績馬ゴールスキーです。前走は東京ダ1400オープンを圧巻の上がり34.4で
快勝しました。不良馬場に恵まれた感はありますが、ガンジスを物差しとすれば能力は重賞級である
と思います。大外枠で芝を多く走れるのも、この馬には有利に働きそうです。
○アドマイヤロイヤルは今更言うまでもなく東京ダ4-3-3-1と高い適性を持っています。
昨年は4着でしたが充実度は今年のほうが上で、重賞を勝ってしまた為、斤量が57キロになりました
が今年のメンバーなら軸はむしろこちらと考えています。









2013-11-10 11:30 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター