函館競馬場 コース分析 勝負コース

【函館競馬場】

<芝2600>
過去3年のレースラップ 12.9-12.0-12.6-12.7-12.6-13.0-13.1-13.1-12.6-12.3-12.2
-11.8-12.5
前後半3F 37.4-36.5

コースを1周半回りコーナーは6回で最後の直線は262m。
2コーナーの地点が最低点になっていて、最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り
直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。
スローペースで流れるので上がり勝負にはなるが、洋芝で全体的に時計がかかるのでスタミナが
必要な消耗戦になる。


<芝2000>
過去3年のレースラップ 12.5-11.1-11.9-12.5-12.8-12.6-12.4-12.3-11.9-12.4
前後半3F 35.5-36.6 

コーナー4回のコースで、スタートしてから最初のコーナーまでの距離は475mあり、最後の直線
は262m。2コーナーの地点が最低点になっていて最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな
坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。
洋芝で全体的に時計がかかり、全クラス共上がりがかかる前掛かりラップになる。
クラスの差は中盤の4ハロンのペースに表れ、上位クラスは厳しいラップとなるので逃げきりは
難しく、先行抜け出しかマクリ差しが有効となる。


<芝1200>
過去3年のレースラップ 12.1-10.7-11.3-11.8-11.7-12.3
前後半3F 34.1-35.8 

スタートしてから最初のコーナーまでの距離は490mあり、最後の直線は262m。最高点の
3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで
平坦となる。前半が速くなる前掛かりラップになり、クラスが上がると後半の失速度合いが少なく
なるのは他場と変わらない。洋芝で全体的に時計がかかるのが特徴で、開催後半や雨により馬場が
痛むと特に時計がかかり差し追い込み馬や持ち時計のない穴馬が台頭してくるので馬場状態には
注意が必要。


<ダ1700>
過去3年のレースラップ 7.0-11.2-12.0-12.8-13.0-12.7-12.8-12.5-12.9 
前後半3F 30.2-38.2

コーナー4回のコースで、スタートしてから最初のコーナーまでの距離は329mで、最後の直線
は260m。スタートしてゴール板過ぎから1コーナー過ぎまでは緩やかな坂を下り、向正面は緩やか
な上り坂で、3~4コーナー途中に坂の頂上があり、最後の直線半ばにかけて緩やかな坂を下る。
逃げ先行馬が断然有利で差し馬ならマクリが必要。
2013-06-12 08:00 : 函館競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター