ダービー展望

今週はいよいよ日本ダービーです。
今週1週間は1年で一番新聞紙上で競馬の記事が目立ちますし、各地でイベントも開かれます。
一般紙等やテレビでも多く取り上げられますので、競馬ファンにとってはたまらない1週間では
ないでしょうか。
先週のオークスは惨敗してしまいましたが、先週同様ステップ別にレースを検証してみました。

[東京優駿 芝2400]
重不良を除く過去5回の平均ラップ
12.6-11.1-12.4-12.5-12.3-12.6-12.6-12.5-12.2-11.5-11.6-11.9
前後半3F
36.1-35.1

<皐月賞>
12.0-10.6-11.5-11.6-12.3-12.1-12.0-11.9-12.0-12.0
前後半3F 34.1-35.9

勝ちタイム1.58.0はコースレコード、前3F-34.1、1000m-58.0は共に過去10年で最速です。
上位3頭は緩みのない厳しいラップを中段追走から抜け出したもの。
このラップで4着カミノタサハラ以下追い込み勢に先着されなかったことから、このメンバーでは
3頭は抜けているのではないでしょうか。

<青葉賞>
12.5-11.6-12.5-12.7-12.6-12.9-12.5-12.3-11.9-11.4-11.6-11.7
前後半3F 36.6-34.7

前半~中盤がスローとなり、逃げたアポロソニックが2着に粘り、勝ったヒラボクディープは
4番手追走から頭差届いたというレースでした。
ヒラボクディープは逃げ馬が残ったように上がりがあまり失速しないラップを0.7秒速く
上がっていますが、前有利だった点から高い評価は出来ません。
むしろ1番人気で競馬にならなかったレッドレイヴンのほうに可能性があるのではないでしょうか。

<プリンシパルS>
13.0-12.6-12.2-12.2-12.5-12.5-12.3-11.4-11.0-11.7
前後半3F 37.8-34.1

前半3F 37.8の超スローをサムソンズプライドの逃げ切り勝ち。
優秀な上がりを持つミエノワンダーが勝っていれば面白かったが、勝ち馬は平凡といえるでしょう。

<京都新聞杯>
12.2-10.4-12.3-12.0-12.3-12.3-12.6-12.3-12.1-11.8-12.0
前後半3F 34.9-35.9

1000m-59.2と速いペースになりましたが、逃げた2頭が離した為でペプチドアマゾンは離れた
3番手を追走して粘り込んだもの。勝ったキズナは最後方から直線だけで追い込んでマークした
上がり34.5は2位に0.7秒差。最後は手綱を緩める余裕があり勝ち馬だけが際立ったレース
でした。

<NHKマイルC>
12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.3-11.6-12.0
前後半3F 34.4-34.9

1000m-57.8とマイルCらしく速いペースも前後半3Fの差は0.5秒。
勝ったマイネルホウオウは先行勢に厳しかった展開ではありましたが、持続力のある末脚は見る
べきものがあり、東京向きであると感じました。
3番手追走から3着に粘ったフロムドグロワールは同じ様な位置に居たエーシントップが7着に後退
しているのを考えれば強い内容でした。

以上、ステップ別のレース検討を踏まえての現時点での本命馬→FC2 Blog Ranking





2013-05-23 01:35 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター