4/30日曜日の勝負レース

[京都11R 天皇賞春 芝3200]

過去5年の平均ラップ
12.9-11.8-11.9-12.0-12.2-12.0-11.7-12.7-12.5-12.6-12.5-12.3-11.9-11.8-11.7-12.1
前後半3F 36.6-35.6 前半1000m 60.9 後半1000m 59.7

◎サトノダイヤモンド
○レインボーライン
▲キタサンブラック
△シュヴァルグラン
△ディーマジェスティ

このコースは天皇賞(春)のみで施行される。スタート地点は向正面の中間点よりやや2コーナー寄りで、外回りコースを1周半する。3コーナーまでの距離は約400mで3コーナーにかけては上りで、4コーナーへかけては下り坂。そして1コーナー、2コーナーと回り、バックストレッチへ。2回目の3コーナーへ向かうところで、高低差4.3mの坂を再び上り、4コーナーにかけて下る。最後の直線は平坦で、約400m。中盤はゆったり進み折り合い重視となるが、後方過ぎると厳しくなる。ラスト800m前後からレースが動き出し、残り800m~200mまでは11秒台のラップが続くロングスパートになり、場合によってはラスト1ハロンも11秒台になる。

長距離実績は当然必要ですが、同様に京都実績も大切なレースで、今の高速馬場に適したスピード対応が必要です。3200mの長距離と言ってもペース次第では、京都外回りのコース特性から3コーナー過ぎの坂の下りから一気にペースアップしますので、上がり5Fで速いラップを持続出来る馬が優位であると言えます。

◎サトノダイヤモンド
キタサンブラックとの一騎打ちムードになっていますが、一瞬の瞬発力に欠けるこの馬にとって、有馬記念の中山コースから2戦2勝で0.6、0.4差と何れも圧勝している京都外回りコースに変わるのは大きなプラスです。ディープインパクト産駒にしては俊敏さに欠けるタイプだけに、坂の下りを利用して加速出来るこのコースはこの馬にとってベストコースだと思います。菊花賞でマークしたラスト1000m 58.9は、距離が1F短いものの天皇賞の5年平均よりも0.8秒も速いもので、圧勝もあると見ています。

○レインボーライン
サトノダイヤモンドが勝った菊花賞で2着だったのがこの馬です。距離やコースを問わず度々穴を開ける万能タイプですが、持続ラップを後方で我慢して直線追い込むというのが好走パターンですので、ミルコ騎乗でも意外に人気がないことから狙い目だと思います。

▲キタサンブラック
昨年の同レースでマークしたラスト1000m 59.1も平均よりも速いラップですが、実質速かったのはラスト4Fで、最後も失速しませんでした。結局今回もペース次第で、ラスト1Fをどう凌ぐかの残り5F目のラップにかかっていると思います。


[東京11R スイートピーS 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.9-11.5-11.8-12.4-12.2-12.2-11.5-11.3-11.7
前後半3F 36.2-34.6 前半1000m 60.8

◎ブラックスピーチ
○ウインシャトレーヌ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ポールヴァンドル
△アンネリース
△ヒストリア

スタート地点は1~2コーナーにあるポケットでコースを斜めに横切り向こう正面に合流するという特殊な形態。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

オークストライアルですが本番にはほとんど直結しないレースです。600mの距離差も大きいですが、それ以上にメンバーレベルが例年小粒なのですが、今年は収得賞金900万以上が6頭と例年以上にレベルが高いです。牝馬限定戦らしく中盤3Fが大きく緩む傾向ですので、余程の末脚を持っていないと直線だけでは届かない為、ある程度前に付けて上がりをまとめられる馬が狙いとなります。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

ギフト人気No.1!北国の豪華三大カニセット!

自信があります。濃密育毛剤BUBKA

ドメイン取るならお名前.com
2017-04-30 10:02 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/29土曜日の勝負レース

[東京11 青葉賞 芝2400]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.1-12.3-12.8-12.8-12.6-12.6-12.3-12.0-11.6-11.4-11.9
前後半3F 35.9-34.9 前半1000m 61.5

◎トリコロールブルー
○アドミラブル
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ベストアプローチ
△ポポカテペトル

日本ダービー、ジャパンカップが行われる中央競馬を代表するクラシックディスタンス。スタートは正面スタンド前の坂を下り終えた地点からで、最初のコーナーまでは350m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。スタートの先行争い以降、中盤はスローで進み、上がり特化型レースになりやすい。速い上がりが必要だが、一瞬の切れ味よりも長く良い脚使えることが重要だけに、スピードとスタミナ両方が必要となる。

ダービートライアルのこのレースから近3年はダービーでは不振ですが、京都新聞杯と並んで重要なステップレースであることに変わりありません。例年では前半はスタートからのポジション争いで速くなりますが、隊列が決まった中盤以降は緩い流れになります。07年~12年まで6年続けて勝ち馬が上がり最速を計時しているように、決め手のある馬が有利なレースであると言えます。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

古着com

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】
2017-04-29 02:05 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/23日曜日は休載します

本日は都合により休載します。申し訳ありません。
2017-04-23 10:01 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/22土曜日の勝負レース

[福島11 福島牝馬S 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.5-10.9-11.4-12.2-12.1-12.1-12.0-11.6-11.9
前後半3F 34.8-35.4 前半1000m 59.1

◎クインズミラーグロ
○ロッカフラベイビー
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△フロンテアクイーン
△クロコスミア

コーナー4回の小回りコース。最初のコーナーまでの距離305m、1~2コーナーは平坦。残り400m辺りから下り坂となり、最後の直線残り150mから再び上り坂になる。直線距離はAコース292m、Bコース297.5M、Cコース299.7m。前半・中盤・後半の各3Fは35秒台半ば~後半でフラットになるが、概ね先行馬が有利である。

牝馬限定戦の割りに過去のレースの平均前後3Fのラップは、牡牝混合準オープン以上の平均ラップを上回る前半34.8と速くなっていて、差し追い込み馬の台頭が目立ちます。それでも上がり最速馬が馬券に絡むのは稀ですので、ある程度は前に位置出来る馬を狙うべきレースです。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

古着com

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】
2017-04-22 04:42 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/16日曜日の勝負レース

[中山11R 皐月賞 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.2-10.9-11.8-11.8-11.2-11.9-12.1-12.0-12.1-11.9
前後半3F 35.0-36.0 前半1000m 59.0

◎アウトライアーズ
○ペルシアンナイト
▲ファンディーナ
△ウインブライト
△スワーヴリチャード
△レイデオロ

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた直線入口付近。最初の1コーナーまでの距離は約405m。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

レベルが低いと言われている今年の牡馬のクラシックに、怪物牝馬ファンディーナの参戦が大きな話題となっています。中間で降雨がありましたが、馬場改修後の一昨年から格段に路盤が良くなったのと、暖かくなって野芝が急激に成長する時期ですので、先週とは打って変わってスピードが要求される馬場になっています。
馬場改修後の一昨年、昨年と2回皐月賞は行われましたが、2回の平均ラップは
12.3-10.7-11.8-11.8-12.4-11.9-12.3-12.0-11.5-11.7
前後半3F34.7-35.2 1000m 58.8
このラップを見る限り、上がりが速くなっているのは一目瞭然で、決め手を持ったタイプが連対していますので、以前の皐月賞からは傾向が変わってきています。

◎アウトライアーズ
中山で2勝していますが、レベルの高かったひいらぎ賞ではウインブライトを抑えたように、マイルでの勝ち方が際立っていますが、こういう将来はマイラーになりそうなタイプが皐月賞では度々好走していますので、思い切って連軸で狙いたいと思います。持続ラップに速い時計、速い上がりが必要と皐月賞の適性に一番マッチしていると見ています。

○ペルシアンナイト
1800のアイビーSでスローにかかるところを見せた為、その後マイルを使われてきましたが持続ラップへの対応を見せ、急加速の上がり勝負と両方に対応出来る万能型タイプです。枠からも中段でロスなく回って直線勝負という競馬になりそうですので、持続ラップからの末脚勝負なら力上位と見ています。

▲ファンディーナ
レベルが低いと言われる今年の牡馬クラシック路線に救世主?的に参戦してきた牝馬ですが、時計だけで言えば、フラワーCは昨年のエンジェルフェイスや一昨年のアルビアーノの5馬身前でゴールした計算になりますので、並の牝馬ではないことは間違いないと思います。とは言え、持続ラップに前目でどれだけの脚を残せるかが鍵となる為、状況は決してオッズ通りではないと思っています。

△ウインブライト
中山での強さが際立っていますが、外枠に入ったことで得意の後方からの4角マクり濃厚で、ロングスパートラップでマクって脚が残るかということと、速い上がりが要求される為スプリングSのようには行かないと思います。


[中山10R 春雷S 芝1200]

過去5年の平均ラップ
12.0-10.8-11.2-11.3-11.4-11.6
前後半3F 34.1-34.3 前半1000m 56.8

◎サザナミ
○こちらから→FC2 Blog Ranking
▲キングハート
△フィドゥーシア
△コスモドーム
△アルティマブラッド

スタートからコーナーまでが下り坂で加速がつきやすく最後の直線で急坂となる為、大きく前掛かりのラップになる。前3Fが下級条件では33秒後半~34秒前半となり、逃げ先行馬が有利な流れになりやすいが、オープンクラスでは33秒前半になりやすく逃げ馬は苦戦傾向になる。ラップバランスが似ていることからダート馬が穴をあけることも。福島芝1200実績馬に注意。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

ギフト人気No.1!北国の豪華三大カニセット!

自信があります。濃密育毛剤BUBKA

ドメイン取るならお名前.com
2017-04-16 11:35 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/15土曜日の勝負レース

[阪神11 アンタレスS ダ1800]

過去5年の平均ラップ
12.5-10.8-12.9-12.3-12.4-12.2-12.1-12.0-12.0-12.9
前後半3F 36.2-37.0 前半1000m 60.9

◎グレンツェント
○モルトベーネ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ミツバ
△タムロミラクル
△アスカノロマン

正面スタンドやや右側寄り地点からのスタート。1コーナーまでの距離は303mで、高低差1.3mの坂を上る。1~2コーナーは平坦で、3コーナーにかけて緩やかに坂を下る。4コーナー途中からは再び平坦になりゴール前の坂を再び上る。直線距離は352.5m。条件クラスでは先行馬有利だが、オープンクラスは、展開次第で差し馬の台頭が多い。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

古着com

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】
2017-04-15 01:36 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/9日曜日の勝負レース

[阪神11R 桜花賞 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.2-11.0-11.7-12.2-12.1-11.6-11.5-12.0
前後半3F 35.1-35.1 前半1000m 59.4

◎ソウルスターリング
○アドマイヤミヤビ
▲アエロリット
△リスグラシュー
△ミスパンテール

スタート地点はバックストレッチの中間左寄り。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。マイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。

異常だった一昨年の1000m62.5の超スローを除く過去5回の桜花賞の平均ラップは
12.3-10.8-11.5-12.0-11.9-11.6-11.7-12.1
前後半3F 34.6-35.5 前半1000m 58.6
今年のチューリップ賞のラップ
12.4-10.7-11.1-12.2-12.2-11.4-11.3-11.9
前後半3F 34.2-34.6 前半1000m 58.6
今年のチューリップ賞は昨年同様、例年に比べて流れましたが、1回阪神3日目という馬場の良さはあるものの、桜花賞と比べても遜色ない内容だったと言えます。

◎ソウルスターリング
流れたラップのチューリップ賞で、5番手から上がり2位の脚を使って圧勝したのですから、オッズ通り断トツで強いと評価します。チューリップ賞でも触れたように、2歳時に既に完成度が高かった印象で、馬場、展開に左右されない強みを持っていますので、死角は見当たらないと思います。

○アドマイヤミヤビ
百日草特別でカデナやアウトライアーズを破ったことがクローズアップされていますが、クイーンC自体は昨年のメジャーエンブレム以下、一昨年2着のミッキークイーン以上といったところでしょうか。一気の加速力はいかにも東京向きで、ソウルスターリングと対戦していない魅力を秘めていますが、先着するのはオークスのほうが可能性はあると思います。

△リスグラシュー
チューリップ賞3着でかなり評価を落としましたが、いつもより前目の位置からソウルスターリングを負かしにいったもので、権利狙いで追い出しの遅かったミスパンテールよりは上位に取りたいと思います。非力で阪神の道悪はかなりのマイナス要素と判断していますのでこの評価になりましたが、良馬場ならば2番手評価で良いと思っています。


[中山11R 京葉S ダ1200]

過去5年の平均ラップ(2014年はオルフェーヴルC)
12.4-10.7-11.5-12.0-11.9-12.5
前後半3F 34.2-36.3 前半1000m 58.1

◎ブルドッグボス
○ナンチンノン
▲キタサンミカヅキ
△ショコラブラン
△レッドゲルニカ

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

楽天競馬

ぐるなびネット予約
2017-04-09 10:55 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/8土曜日の勝負レース

[中山11 ニュージーランドトロフィー 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.3-11.0-11.5-11.9-12.0-11.8-11.8-11.8
前後半3F 34.7-35.4 前半1000m 58.6

◎クライムメジャー
○メイソンジュニア
▲ナイトバナレット
△ランガディア
△スズカメジャー
△スズカゼ

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

古着com

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】
2017-04-08 00:37 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/2日曜日の勝負レース

[阪神11R 大坂杯 芝2000]

過去4回の平均ラップ(不良除く)
12.9-11.6-12.9-12.4-12.4-12.3-11.9-11.5-11.4-11.9
前後半3F 37.3-34.7 前半1000m 62.1

◎キタサンブラック
○アンビシャス
▲マカヒキ
△ミッキーロケット
△サトノクラウン

阪神芝2000はコーナー4回の内回りコース。スタート地点は正面スタンド前直線右の4コーナー出口付近。1コーナーまでの距離は325m。最後の直線距離はAコース時が356.5mで残り200m付近でゴール前の急坂がある。先行争いから隊列が決まればある程度ペースが落ち着くものの、短い最後の直線と坂により速い上がりは出ない。

この時期の中距離馬の路線確保の為なのか、今年からGⅠに昇格してGⅡだった例年よりは当然ですがメンバーが揃いました。コーナー4回の内回りコースですが、例年は抜けた馬が1~2頭の力比べという構図でしたが、今年は伏兵にも注意が必要だと感じています。過去の平均ラップにも表れている通り、前半1000mが大きく緩み上がり3Fが速いというレースですが、GⅠに昇格したことで、3角手前から一気に速い流れになるのではと思っています。

◎キタサンブラック
昨年は58キロを背負って逃げての2着でしたが、GⅠ昇格で定量になりました。コーナー4回のコースで内目の枠に入り、恐らくマルターズアポジーが逃げてくれる展開なので、アドバンテージがあると見ていますので、余程のロングスパートにならない限りは、崩れることはないと思います。

○アンビシャス
東京でのGⅠクラスでは1枚足らない印象ですが、内回りコースでは昨年の大阪杯や福島のラジニケ賞を勝っていて、中山記念ではドゥラメンテに迫るレースをしています。出遅れて掛かるという癖の強い馬ですが、乗り方次第では充分勝ち負け出来ると見ています。


[中山11R 船橋市80周年記念 芝1200]

過去5年の平均ラップ(船橋Sのデータ)
11.9-10.5-11.1-11.4-11.5-11.8
前後半3F 33.5-34.7 前半1000m 56.4

◎シゲルノコギリザメ
○プレイズエターナル
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△オーヴィレール
△ダイワダッチョス
△レーヴムーン

スタートからコーナーまでが下り坂で加速がつきやすく最後の直線で急坂となる為、大きく前掛かりのラップになる。前3Fが下級条件では33秒後半~34秒前半となり、逃げ先行馬が有利な流れになりやすいが、オープンクラスでは33秒前半になりやすく逃げ馬は苦戦傾向になる。ラップバランスが似ていることからダート馬が穴をあけることも。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

ギフト人気No.1!北国の豪華三大カニセット!

自信があります。濃密育毛剤BUBKA

ドメイン取るならお名前.com
2017-04-02 02:03 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/1土曜日の勝負レース

[中山11 ダービー卿チャレンジT 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.1-11.5-11.4-11.5-11.6-11.8-11.7
前後半3F 35.1-35.1 前半1000m 58.1

◎グランシルク
○マイネルアウラート
▲ロジチャリス
△キャンベルジュニア
△ダイワリベラル
△ロイカバード

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。

降雨の影響で芝は稍重以上が想定されますが、今週からBコースに変更され、馬場改修後の2年は、暖かくなり芝が急速に成長するこの時期も重なって、時計が速くなる傾向ですので、ある程度は決め手が必要になってくると思います。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

古着com

人気&有名店のラーメン・つけ麺をお取り寄せ 宅麺.com

高級ホテル・旅館の予約なら【一休.com】
2017-04-01 10:13 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター