5/29日曜日の勝負レース

[東京10R 東京優駿 芝2400]

過去5回の平均ラップ(不良除く)
12.6-10.8-12.0-12.2-12.3-12.3-12.6-12.7-12.2-11.6-11.3-11.8
前後半3F 35.4-34.7 前半1000m 59.9

◎サトノダイヤモンド
○リオンディーズ
▲マカヒキ
△スマートオーディン
△エアスピネル

日本ダービー、ジャパンカップが行われる中央競馬を代表するクラシックディスタンス。スタートは正面スタンド前の坂を下り終えた地点からで、最初のコーナーまでは350m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。スタートの先行争い以降、中盤はスローで進み、上がり特化型レースになりやすい。速い上がりが必要だが、一瞬の切れ味よりも長く良い脚使えることが重要だけに、スピードとスタミナ両方が必要となる。

今年の日本ダービーは近年にないハイレベルと言われるレースになりましたが、レースレコードを記録した皐月賞のラップを振り返って見ます。
皐月賞
12.0-10.7-11.5-11.7-12.5-11.5-12.4-12.2-11.6-11.8
前後半3F 34.2-35.6 前半1000m 58.4
向こう正面が強烈な逆風の中、掛かるリオンディーズが6F目に無謀とも言える11.5をマークして一気に先行勢に厳しくなりました。結果、直線だけに賭けたディーマジェスティとマカヒキの1・2着という結果になりました。ダービーは前半1000mが速く流れる分、中盤2~3Fは必ず息が入りますので、皐月賞のような極端な競馬にはなりにくい傾向です。

◎サトノダイヤモンド
皐月賞は調教師から前へ行ってほしいという指示が出ていたそうですが、コース形態から前かかりになるのは仕方ないとして、厳しい流れの中3~4角でマクり、直線で不利を受けた辺りではもういっぱいになってしまいました。それでも3着は、ハマった感のある1・2着馬を除けば最先着ですので、強い内容だったと言えます。きさらぎ賞でマークしたラスト1F11.3はダービーを意識させるのに充分で、皐月賞直行というローテを組んだのだと思います。今回もある程度先行してくると思いますが、4強の中では一番自在に立ち回れるのと展開不問なのは強みでしょう。

○リオンディーズ
皐月賞は外枠から強引に先行したため、かかってしまい向こう正で逆風の中計時した6F目11.5はかなり無謀でそれでも4着入線は、この馬の能力が相当高いことを示したと思います。弥生賞から皐月賞向けのレースをしてきましたが、今回はさすがに朝日杯で見せたような、末脚を生かすレースをしてくると見ていますが、上手く折り合えるかがポイントになるのは間違いありません。

▲マカヒキ
皐月賞は直線に向くまで動かなかったのが功を奏してハマったと見るべきで、初めての多頭数とハイペースを克服したとは言えない内容だったと思います。出遅れは相変わらずで、今回も後ろからの競馬になるでしょうが、要は展開次第というところは否めません。それでも直線だけで勝負を決めてしまう末脚を持っていますので、有力視は仕方のないところでしょう。

△スマートオーディン
このブログでも何度を世代屈指の末脚と書いてきましたが、京都新聞杯では若干かかるのを抑えるのに苦労しながらも、距離を克服してきてダービーに駒を進めてきました。東京での2戦で酷かった直線のもたれも、近2走は見せませんでしたが、トップスピードを持続させながら坂を上る東京の直線では、多くの馬がもたれてしまうように、この馬にも心配な点です。

消し ディーマジェスティ
皐月賞はマカヒキ同様ハマったと見るべきですが、マカヒキと違って消しとした要因は、トップスピードの持続力争いでは劣るのではないかと見ています。共同通信杯は重馬場でマイルのような持続ラップでしたし、皐月賞もレースレコードと言っても、先行勢に厳しい上がりを要する流れでした。スタートは上手くないので、後ろからの競馬が濃厚ですが、最内枠も厳しい要因ではあります。

[東京12R 目黒記念 芝2500]

過去5年の平均ラップ
7.2-11.3-11.4-12.4-12.4-12.3-12.4-12.6-12.3-12.0-11.5-11.3-12.0
前後半3F 36.2-34.8 前半1000m 60.9

◎モンドインテロ
○こちらから→FC2 Blog Ranking
▲マリアライト
△クリプトグラム
△サムソンズプライド
△ジャングルクルーズ

東京芝2500は2400より100m後方、即ちホームストレートの坂下からのスタートとなり、坂を2回上る事によって平均上がりが2400mよりも遅くなり、消耗戦になりやすい傾向です。スタート直後は坂の影響でスローになりやすくなる為、向こう正面のラップは12.5以内を継続する厳しいものとなり、それでも最後の直線は速い上がりを要する。

坂を2回登る東京2500は2400よにもタフなレースになるのは当然なのですが、同じ条件で行われるアルゼンチン共和国杯と比べると、目黒記念は速い上がりのレースになる傾向で、これは野芝がしっかり根付いたこの時期に行われる馬場の良さが要因の一つと考え、速い上がりで好走実績のある馬を中心視したいと思っています。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

楽天競馬

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2016-05-29 11:38 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

5/28土曜日の勝負レース

[東京11 欅S ダ1400]

過去5年の平均ラップ
12.4-10.9-11.6-11.9-12.1-11.9-12.3
前後半3F 34.9-36.3 前半1000m 58.9

◎エイシンバッケン
○こちらから→FC2 Blog Ranking
▲アンズチャン
△プロトコル
△レッドファルクス

スタート地点は向こう正面直線右寄り。最初の3コーナー距離は440mでしばらく進んだところで緩やかな上り坂となる。3~4コーナーはほぼ平坦で最後の直線は501.6mで途中緩やかな上り坂がある。東京ダ1400はスタートから最後まで一貫したスピードが要求される。下級条件ではあまりペースが上がらないので逃げ先行有利となるが、オープンクラスではペースが上がり、差し馬の台頭も多くなる。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

イオンカード(WAON一体型)

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

おとなの週末 お取り寄せ倶楽部

2016-05-28 00:36 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

5/22日曜日の勝負レース

[東京11R 優駿牝馬 芝2400]

過去5年の平均ラップ
12.6-10.9-12.0-12.4-12.3-12.2-12.6-12.4-12.3-11.8-11.6-11.9
前後半3F 35.5-35.3 前半1000m 60.3

◎シンハライト
○ペプチドサプル
▲ジェラシー
△レッドアヴァンセ
△チェッキーノ
△フロムマイハート

日本ダービー、ジャパンカップが行われる中央競馬を代表するクラシックディスタンス。スタートは正面スタンド前の坂を下り終えた地点からで、最初のコーナーまでは350m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。スタートの先行争い以降、中盤はスローで進み、上がり特化型レースになりやすい。速い上がりが必要だが、一瞬の切れ味よりも長く良い脚使えることが重要だけに、スピードとスタミナ両方が必要となる。

ジュエラーの回避、メジャーエンブレムがマイルCへ行き、シンハライトとフローラS勝ちのチェッキーノによる2強ムードになっている今年のオークスは例年とは違う波乱なムードが漂っています。このレースは例年前半3Fこそスタート後のポジション争いで少し速くなりますが、隊列が固まったバックストレッチから4コーナーを回りきるまでは、ペースが落ち着きます。全馬が初めての距離ですから、如何に上手く折り合って距離を持たせるかが大きな要素となります。ダンツペンダントかエンジェルフェイスが逃げる展開が予想されますが、何れにしてもペースは速くならなさそうですので、残り3Fから一気に急加速する上がり勝負で実績のある馬を狙っていきたいと思います。

◎シンハライト
例年圧倒的に強い桜花賞組からは、ジュエラー、メジャーエンブレムが出走したとしても、この馬を断然上位にするつもりでした。桜花賞は結果、流れからすれば追い出しが早かっただけで、持続ラップではジュエラーに分がある中でハナ差は勝ちに等しい内容です。新馬戦やチューリップ賞で見せたように、急加速ラップでの長い末脚がこの馬の持ち味ですので、ここでは余程の不利がない限りは負けないと見ています。

○ペプチドサプル
今年のオークスは、この馬含めて収得賞金900万から4頭出走可能な程、ボーダーラインが下がりました。恐らく忘れな草賞-矢車賞というローテは、オークス出走を諦めたローテと考えられます。忘れな草賞は内先行有利な上がりの流れの中で、外を回って追い込みましたし、矢車賞もスローからの決め手勝負で勝っているように、急加速の上がり勝負で安定した実績があります。阪神JFの4着を始め、全7戦全て掲示板という相手なりのタイプにしては人気が低い印象です。

△チェッキーノ
今年のフローラSは近年にない程のワンペースな持続ラップとなり、ラスト2Fが大きく失速する流れになりました。フローラS組では2013年のエバーブロッサム、デニムアンドルビーがオークスで2・3着した時が残り4F目-3F目のラップが1.7秒の急加速戦であったのを始め、スローからの上がり勝負のほうが、オークスで好走する傾向です。大きく緩むラップでの折り合いは少し心配ですし、全兄コーディーノは古馬になってからは、使える脚は一瞬でトップスピードの持続力勝負で劣る面を見せていましたので、この馬もマイラーとしての資質があるタイプではないかと思えてなりません。


[新潟11R 韋駄天S 芝1000]

過去2回の平均ラップ
11.9-10.3-10.8-10.7-11.4
前半3F 33.0 勝ち時計55.0

◎プリンセスムーン
○ローズミラクル
▲スカイキューティー
△ネロ
△モルジアナ
△レッドキャンティー

日本で唯一の直線だけのコース。このコースの最大の特徴は外枠が圧倒的に有利で、特に開催が進んで内側の馬場が荒れ始めると外側に馬が殺到する。速力のあるスピード馬が好発から押し切るパターンが基本だが、最後の1ハロンが大きく失速するラップ傾向からしっかりとした末脚を持った馬が浮上することも多い。スタートの速いダートからの転戦馬が穴をあけるケースがあるので注意が必要。

この時期の新潟開催ではオープンで行われる1000m戦は初めてですので、準オープンの平均タイム55.0を上回るタイムは確実です。内が荒れてきた新潟の芝は外枠有利は否めませんが、オープンらしくテンからハイスピードの競り合いになれば、後半失速して差し馬と入れ替わるケースも考慮する必要があります。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

楽天競馬

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2016-05-22 10:59 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

5/21土曜日の勝負レース

[京都11 平安S ダ1900]

過去5年の平均ラップ
6.9-10.9-11.3-12.7-12.7-12.6-12.3-12.0-12.0-12.6
前後半3F 35.6-36.6 前半1000m 61.0

◎アスカノロマン
○クリノスターオー
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ロワジャルダン
△アムールブリエ

スタート地点はスタンド前の直線半ばよりやや4コーナー寄り。1コーナーまでの距離は約380m。バックストレッチは約400m。ラスト1000m付近の中盤で、高低差3.0mのなだらかな坂を上る。芝コースと同様に3コーナー入口が坂の頂上で、3~4コーナーの下り坂を経て直線へ。最後の直線は平坦で329m。1コーナーまでのポジション争いが重要で逃げ・先行勢が有利。ペースが落ち着くのはバックストレッチに入ってからで、3コーナー出口付近からペースは上がる。差し、追い込み馬ならここからロングスパートが必要。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

イオンカード(WAON一体型)

【森山ナポリ】冷凍ピザの概念を覆す、手焼き本格ナポリピザ

おとなの週末 お取り寄せ倶楽部

2016-05-21 10:18 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

5/15日曜日の勝負レース

[東京11R ヴィクトリアマイル 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.2-10.8-11.3-11.5-11.6-11.4-11.4-11.9
前後半3F 34.3-34.7 前半1000m 57.4

◎スマートレイアー
○ストレイトガール
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ショウナンパンドラ
△ウインプリメーラ
△クイーンズリング

スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくない。

過去5年の平均ラップは牝馬限定戦らしからぬ34.3-34.7の前かかりラップになっていますが、逃げ先行勢が多く台頭しているのは、毎年ヴィクトリアマイルの週にBコースに替り馬場が高速化しているのが原因と考えらえます。淀みのないワンペースの流れで好走実績のある馬が狙いですが、その中でも逃げ馬を見れる好位に付けれる馬が展開上優位になり、上がり上位馬は苦戦傾向です。

◎スマートレイアー
ここ数戦の先行脚質への転換は、スタートが抜群に良くなったもので、もともと末脚だけで勝負していただけに、先行して良い脚を使えるというのは、このレースでは大きなアドバンテージになります。先行策のレースでは、道中息の入らない持続ラップを経験していない点が心配点ですが、レッツゴードンキが行く形になれば、2列目からの競馬のほうが決め手を発揮しやすいと思います。

○ストレイトガール
1200では馬場、時計、展開を問わないオールマイティーですが、距離が長くなると切れ負けする傾向ですので、2年連続好走しているように、このレースは持続ラップからの決め手を問われるこの馬向きなのでしょう。7歳になり、力が落ちてきているのは否めませんが、適性で充分勝負出来ると思います。

△ショウナンパンドラ
近走は中距離のゆったりした流れからの決め手勝負でも、牡馬の一流レベルと勝ち負けしていますが、もともとは前傾ラップのほうが持ち味を発揮していましたので、今回も立ち回り次第では、消してしまうには怖いと思っています。

消し ミッキークイーン
近走は出遅れが幾らかマシになってきていますが、まだアテには出来ないでしょうし、持続ラップで置かれて後方からの競馬は間違いないでしょうから、余程のスローで決め手勝負にならない限りは、今の高速馬場にはマッチしていないと判断しています。


[京都11R 栗東S ダ1400]

過去5年の平均ラップ
12.2-11.0-11.7-11.9-12.0-11.9-12.3
前後半3F 34.8-36.2 前半1000m 58.7

◎キングズガード
○フィールザスマート
▲ポメグラメイト
△ウォータールルド
△カフジテイク
△キョウワダッフィー

スタート地点は2コーナーのポケットで、200m程芝を走り最初のコーナーまで600mあるのででスピードが付きやすい。芝と同様に向こう正面半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂点を迎え、坂を下りながら4コーナーを回る。最後の直線は平坦で329mで、隊列が変わらずそのままの順位でなだれ込むことも少なくない。クラスによって中盤のラップ差はほとんどないが、オープンクラスは上がりの速さに差がある。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

楽天競馬

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2016-05-15 10:49 : レース予想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

5/14土曜日の勝負レース

[東京11 京王杯SC 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.5-10.8-11.3-11.6-11.3-11.2-11.8
前後半3F 34.6-34.3 前半1000m 57.4

◎オメガヴェンデッタ
○ロサギガンティア
▲サンライズメジャー
△エイシンスパルタン
△アイライン
△サトノアラジン

スタート地点は向こう正面まん中付近で、最初の3コーナーまでの距離は342m。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、速い上がりも必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。

コース特性上末脚の勝るタイプを狙うべきレースではありますが、今週からBコース替りの内馬場を生かして粘りこむ先行勢への警戒が必要ですので、ワンペースで走り切れるタイプを狙っていきたいと思います。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

イオンカード(WAON一体型)

【森山ナポリ】冷凍ピザの概念を覆す、手焼き本格ナポリピザ

おとなの週末 お取り寄せ倶楽部

2016-05-13 22:35 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

5/8日曜日の勝負レース

[東京11R NHKマイルカップ 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.1-10.9-11.6-11.9-12.0-11.3-11.4-11.9
前後半3F 34.7-34.6 前半1000m 58.6

◎アーバンキッド
○メジャーエンブレム
▲イモータル
△こちらから→FC2 Blog Ranking
△ティソーナ
△トウショウドラフタ

スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくない。

以前は先行馬が残れないハイペースになることが多かったのですが、極端に遅かった2012年と昨年、それ以外の年も前後半のバランスからすればミドルペースですので、2012年以降はハイペースにならない傾向であると言えます。メジャーエンブレムの出走により、ペースや馬場がより重要な要素になりそうですが、現在の馬場は昨年、一昨年に比べて幾らか時計を要する馬場のようですので、前が止まらない高速馬場という程ではなさそうでうす。

◎アーバンキッド
ゲート、位置取り、折り合いと競馬が上手な印象で、直線入り口では絶好のポジションに居ることは確実です。唯一連を外したアーリントンCは直線の追い出しが早かったもので、ラストが失速する阪神コースということを加味すれば、タイム差無しの5着は勝ちに等しいものです。東京コースの上がりのレースでも実績がありますので、展開には左右されないのではないでしょうか。切れ脚では一歩劣る為2着が多いですが、連軸としての信頼は高いと見ています。

○メジャーエンブレム
桜花賞で逃げそびれて、控える競馬で敗れたため、叩かれる論調になってしまいましたが、クイーンCの圧勝からも上がりが失速する阪神の桜花賞よりも、東京のマイルCのほうが適性が高いと判断するのが妥当だと思います。クイーンCは内有利の時計の速い馬場だったものの、前後半3F34.4-34.7、1000m57.8からラスト2F11.6-11.9でまとめていますので、1000m58.5くらいのペースなら勝ち負け可能と見るべきでしょう。今回は何が何でも逃げるというムードになっていますが、ペースによってはシゲルノコギリザメに行かせて、上がりの展開にならない程度なら、2番手からの競馬でも充分だと思います。

▲イモータル
出しどころに迷って詰まったサウジアラビアRC、ソエ明けの急仕上だった朝日杯は参考外と考えていますが、共同通信杯での持続ラップを先行してしぶとい脚を繰り出したのが本来の適性ではないかと見ています。急加速を要求される展開では置かれてしまうので、現状ではマイル~1800が適距離ではないでしょうか。

消し ロードクエスト
スタートの悪さから後方からの追走は確実で、陣営は最後方から直線に賭けると言っています。今まではゆったりとした流れから、末脚を発揮してきましたが、持続ラップで追走に脚を使わされそうなのが不安要素です。4角で押し上げるよりは、直線だけの競馬に徹したほうが良さそうですが、何れにしても展開の助けが必要でしょう。


[新潟11R 新潟大賞典 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.7-11.4-11.7-11.8-12.2-12.2-11.9-11.7-11.1-12.1
前後半3F 35.8-34.8 前半1000m 59.8

◎ヒストリカル
○フルーキー
▲シャイニープリンス
△ショウナンバッハ
△サトノギャラント
△マイネルミラノ

日本で唯一の2000mでコーナー2回のコース。スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。前半~中盤のラップにクラスの差はなく、上がりのラップの差に表れる。基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

意外にも例年、前半速く中盤も息の入らない流れになるものの新潟外回りの特性上、上がりもそれ程かからない。長く良い脚を使えることはもちろんですが、淀みのない流れにも対応出来るスピードの持続力が必要です。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

楽天競馬

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2016-05-08 11:42 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

5/7土曜日の勝負レース

[京都11 京都新聞杯 芝2200]

過去5年の平均ラップ
12.3-10.6-12.0-12.0-12.3-12.0-12.6-12.1-11.8-11.6-11.8
前後半3F 34.8-35.2 前半1000m 59.0

◎ブラックスピネル
○ロイカバード
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△エルプシャフト
△スマートオーディン

スタート地点は正面スタンド前直線入り口付近。最初のコーナーまでの距離は400m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は500mあり、半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。最初のコーナーまでは距離があるのでゆったりスタートして、ペースは上がらない。勝負は3コーナー坂の下りからのロングスパートで、上がり4ハロンの脚が求められる。

過去5年の平均ラップでは前後半3Fは、前掛かりのラップバランスになっていて近年は前半が速くなり、中盤も緩むのが7F目のみで上がりが失速するラップになっています。この時期の京都は高速馬場ですが、昨日の雨で少し緩んだ馬場ですので、タフなレースでしっかりした末脚を使った実績のある馬が狙いです。ちなみに過去5年の勝ち馬で上がり最速だったのは、1頭だけ次元の違う競馬をした一昨年のキズナだけとういうことも頭に入れておきたいところです。

◎ブラックスピネル
萩Sではスマートオーディンに先着していますが、その後のオープン、重賞では一枚足りないのか、人気になりにくいタイプです。瞬発力勝負では分が悪いものの、厳しい持続ラップにはしぶとさを発揮していますので、京都外回りコースでこの距離、少し緩んだ馬場を味方に好走可能な要素は充分です。


[東京11 プリンシパルS 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.9-11.5-11.6-12.1-12.7-13.0-12.7-11.5-11.3-11.8
前後半3F 35.9-34.6 前半1000m 60.7

◎ゼーヴィント
○マイネルラフレシア
▲ショパン
△オーダードリブン
△アジュールローズ

スタート地点は1コーナー奥のポケットで100m進んだところで大きなカーブがある為、多頭数の外枠、特に先行馬は距離ロスがあり不利。向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では中盤が大きく緩む為、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。天皇賞等クラスが上がると中盤が緩まなくなるので、最後はバテないスピードの持続力が問われる。ダンスインザダークやシンボリクリスエスといったズブいと言われる種牡馬が成績が良いのはその為。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

イオンカード(WAON一体型)

【森山ナポリ】冷凍ピザの概念を覆す、手焼き本格ナポリピザ

おとなの週末 お取り寄せ倶楽部

2016-05-07 10:04 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

5/1日曜日の勝負レース

[京都11R 天皇賞 春 芝3200]

過去5回の平均ラップ
13.0-11.7-12.0-12.2-12.5-12.1-12.0-12.6-12.8-12.6-12.4-12.2-11.9-11.8-11.8-12.3
前後半3F 36.6-35.8 前半1000m 61.3

◎アルバート
○フェイムゲーム
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△シュヴァルグラン
△ゴールドアクター
△サウンズオブアース

このコースは天皇賞(春)のみで施行される。スタート地点は向正面の中間点よりやや2コーナー寄りで、外回りコースを1周半する。3コーナーまでの距離は約400mで3コーナーにかけては上りで、4コーナーへかけては下り坂。そして1コーナー、2コーナーと回り、バックストレッチへ。2回目の3コーナーへ向かうところで、高低差4.3mの坂を再び上り、4コーナーにかけて下る。最後の直線は平坦で、約400m。中盤はゆったり進み折り合い重視となるが、後方過ぎると厳しくなる。ラスト800m前後からレースが動き出し、残り800m~200mまでは11秒台のラップが続くロングスパートになり、場合によってはラスト1ハロンも11秒台になる。

長距離実績は当然必要ですが、同様に京都実績も大切なレースで、今の高速馬場に適したスピード対応が必要です。3200mの長距離と言ってもペース次第では、京都外回りのコース特性から3コーナー過ぎの坂の下りから一気にペースアップしますので、上がり5Fで速いラップを持続出来る馬が優位であると言えます。

◎アルバート
ロングスパートになる展開で、ゴールドアクター、キタサンブラック等の有力馬が形成する先行勢が悠々と残れるとは考えにくく、差し、マクリ勢からこの馬に展開利があるのではないでしょうか。有馬記念、日経賞は共に超スローで、前に居ないと勝負にならない中で、位置取りが悪く何も出来ませんでした。東京、京都での実績があり、スピード馬場への対応は出来ますが、トップスピードを要求される上がりの競馬向きではないため、残り5Fからの動き出しで厳しいラップを刻んだほうが持ち味が生きるタイプです。

○フェイムゲーム
昨年の同レースで見せたように、長距離では直線だけで勝負を決めてしまう破壊力を持っています。中山コースで成績が悪いのは自ら動くことが要求されるコースがまったくダメで、使える脚は1回だけのタイプだけに、鞍上が微妙ではありますが、動き出しに惑わされることなく直線勝負に徹して欲しいと思います。


[東京11R スイートピーS 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.9-11.4-11.9-12.3-12.3-12.1-11.5-11.4-11.8
前後半3F 36.2-34.7 前半1000m 60.8

◎コルコバード
○フェイズベロシティ
▲フロムマイハート
△ラブリーアモン
△ジェラシー
△ウインクルサルーテ

スタート地点は1~2コーナーにあるポケットでコースを斜めに横切り向こう正面に合流するという特殊な形態。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

オークストライアルですが本番にはほとんど直結しないレースです。600mの距離差も大きいですが、それ以上にメンバーレベルが例年小粒で、今年も収得賞金900万以上は1頭だけという状況です。牝馬限定戦らしく中盤3Fが大きく緩む傾向ですので、余程の末脚を持っていないと直線だけでは届かない為、ある程度前に付けて上がりをまとめられる馬が狙いとなります。

◎コルコバード
東京での急加速戦で、決め脚を発揮した実績を持つこの馬が順当に勝ち上がるのではないでしょうか。中山の前走は外を回って最速上がりでも差し届かなかったコースのアヤで、東京なら直線だけで勝負を決められると見ています。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

あなたのサイトのURL、そろそろスリムにしませんか?

楽天競馬

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2016-05-01 09:53 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター