12/27日曜日の勝負レース

[中山10R 有馬記念 芝2500]

過去5年の平均ラップ
6.9-11.5-12.1-12.1-12.6-13.4-13.2-12.6-11.9-12.1-11.9-11.5-11.9
前後半3F 36.6-35.2 前半1000m 62.0

◎リアファル
○キタサンブラック
▲ラブリーデイ
△こちらから→FC2 Blog Ranking
△ラストインパクト
△サウンズオブアース

スタート地点は外回りコースの3コーナー手前。4コーナーを目掛けて緩い下り坂を約192m走り正面スタンド前で最初の急坂。1~2コーナーの中間までは上り坂でその後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310mで、ゴール前には高低差2.4mの急坂がある。コーナーが多いので道中で息を入れやすいコース形態だが、実際には激しい消耗戦になりやすくスタミナが問われ、上がりもかかる。

1~2コーナーからバックストレッチにかけてのペースがレース全体のラップに大きく作用し、適性も分かれる要素となり易いので、ペース予想が重要なレースであると言えます。近年はスローペースになり易い傾向で、14秒台を2ラップ計時した2011年は例外としても、概ね1000m60秒半ばくらいになると考えられます。まともに逃げた経験のある馬がリアファル1頭だけというメンバーで、正面スタンド前で隊列が決まると、ゆっくり流れる展開が濃厚です。

◎リアファル
芝を初めて使ったのが今年の7月ですから、菊花賞は距離が長いと言っても芝の軽い京都で良く走ったと見るべきです。それでも7Fのロングスパート戦になった苦しい展開でも上がり3Fは勝ったキタサンブラックに0.3秒しか劣っていないですし、神戸新聞杯では位置差を考えれば、リアルスティールと0.1秒差というのは脅威的な上がりと言えるでしょう。今回のポイントは、単騎逃げが濃厚ながらも外目の枠に入った為、スタートを決めて如何にポジションを取るかに掛かってくると思います。中山ダート1800でクロスクリーガーにクビ差まで詰め寄った実績がありますので、タフな中山コースはプラスと考えるのが妥当だと思います。

○キタサンブラック
母父サクラバクシンオーの菊花賞制覇には、本当にビックリしましたが、スタートが良く常にポジションが取れるので、経済コースを通って速い上がりでまとめるというパターンで、良績を挙げています。常に2~3番手に付けて道中ジッとするスタイルのこの馬にとって、逃げ馬が1頭居ることは、大きなアドバンテージです。このレースで馬券を組み立てる上で重要なポイントとした、4角5番手以内に確実に入ってきますので、重い印は必要だと考えています。

▲ラブリーデイ
今回の枠、流れ、4角の位置、どれを取ってもこの馬に有利な材料ばかりで、枠順確定直後は本命視を考えていましたが、この馬の今年の突然の活躍は、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイ等の多くのスターホースの引退から手薄になった古馬中距離戦線がもたらしたものではないのかという疑念が強くなってきました。年度代表馬を争うような馬が今年10戦目というのも、異例だと思います。スローが見込めるので距離はあまり気になりませんが、結局、手合わせしていない3歳馬を上位に取りました。

△ラストインパクト
前日9番人気とはジャパンCの2着がかなりフロック視されているのと、鞍上弱化と見られているようです。昨年の有馬記念は、直線内で前が壁になり脚を余してしまいましたが、突き抜けるかの手応えで勿体ないレースでした。今年も内枠で道中ロスなく進める昨年と同じパターンですが、直線前に最低5頭くらいは居そうですので、捌くのは困難だと思います。しかし、もし前が空いたとなれば上位争いも可能と考え、押さえは必要という結論です。

消し ゴールドシップ
昨年の有馬記念の3着は、時計の出る馬場、スローな展開と大敗する時のパターンでしたが、岩田騎手鞍上でスタート、ポジションを上げるタイミングが上手く決まった為と判断しています。上手くハマったとしても外を回るロスは確実で、昨年のように3着が精いっぱいと見ていますので、6歳となりパフォーマンスの低下は確実な状況で、馬券妙味からは消しとしました。


[中山9R ホープフルS 芝2000]

過去5回の平均ラップ
12.5-11.0-12.0-12.6-12.6-12.2-12.6-12.1-11.7-12.0
前後半3F 35.6-35.8 前半1000m 60.9

◎バティスティーニ
○プランスシャルマン
▲アドマイヤエイカン
△ロードクエスト
△ハートレー

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた直線入口付近。最初の1コーナーまでの距離は約405m。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

◎バティスティーニ
京都内回り2000を2連勝していますが、デビュー戦は残り2Fを一気に急加速する瞬発力勝負、2戦目は稍重馬場で5Fを12秒前後の持続ラップの消耗戦と、異なる展開を何れも圧勝してきています。特に2戦目の黄菊賞の勝ち時計2.01.0は翌週の古馬オープン、アンドロメダSの良馬場2.00.6と0.4秒差は優秀です。今回は内回り2000を2勝してきているこの馬に、大きなアドバンテージがあると思います。

○プランスシャルマン
新潟、東京での勝利は、スローからの急加速に対応出来たもので、直線の短い内回りでも対応出来そうな瞬発力が非凡なところも見せました。同コースではプロディガルサンに差された2着がありますが、3着以下は引き離したもので、スロー濃厚な今回は安定して先行出来ことが強みとなるでしょう。

△ロードクエスト
これまでの2戦は恐らくバケモノ級と評価していますので、広い東京でこの馬とリオンディーズ、昨日圧勝したサトノダイヤモンドとの対決が見たいものです。新潟2歳Sは出遅れて最後方から最内を回りましたが、新潟だけに直線で横にバラける幸運もあり、持ったままで突き抜けることが出来ました。今回は久々の上、初距離、内回りと出遅れ癖と合わせて克服しなければならない課題が多く、このコースはペースが格段に速くなる皐月賞まで使わなくても良いのでは思っているだけに、少し可哀想な気がします。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-12-27 10:57 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

12/26土曜日の勝負レース

[阪神11R 阪神カップ 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.3-11.0-11.2-11.3-11.3-11.6-12.1
前後半3F 34.4-35.0 前半1000m 57.1

◎ウリウリ
○こちらから→FC2 Blog Ranking
▲ダンスディレクター
△タガノブルグ
△ダノンシャーク
△ロサギガンティア

コーナー2回の内回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで443m。最後の直線は356.5mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、ラスト1ハロンは大きく失速する。前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダートからの転戦馬がしばしば穴をあける。逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。

このコースは2月の阪急杯とこの阪神Cと古馬重賞は2つ組まれていますが、何れも前半3F34秒台前半の速い流れとなり11秒台の持続ラップを刻んで最後の1Fは失速するという特徴があります。速い上がりを出しながらも着順が伴わないような馬を積極的に狙って行きたいレースですが、今年の5回阪神は前が止まらない傾向にあり、少しでもペースが緩めば前残りも充分考えられますので、緩急のない持続した速い流れに対応して粘れる馬にも注意が必要だと考えています。

◎ウリウリ
近走はスプリント路線を使っていますが、昨年の同レースはポジションの差で惜しい4着でした。セントウルSは、前が止まらない9月開催で、勝ち馬に前半3F34.0で逃げられては到底届かないところですが、ハナ差まで詰め寄りました。阪神では京都ほど切れない印象で、本来は軽い馬場のほうが良いとは思いますが、1400のペースとこの枠順なら、いつもより前目に進められそうですし、抜けた存在の居ないこのメンバーなら、充分勝ち負け可能と判断します。

△タガノブルグ
1400に出てくると、毎回狙って痛い目にあっていますが、持続ラップへの対応と上がりが大きく失速するコースへの適性から、阪神1400が最適と見ていますので、当然今回も狙います。外を回して差し切れるほどの末脚はないので、ギャンブル騎乗の出来る川田騎手で期待値は高いです。


[中山9R クリスマスローズS 芝1200]

過去5回の平均ラップ
12.0-10.5-11.2-11.6-11.6-12.3
前後半3F 33.8-35.5 前半1000m 57.0

◎タイセイエクレール
○コスモフレンチ
▲ワンダフルラッシュ
△ラズールリッキー
△キンシロケット

スタートからコーナーまでが下り坂で加速がつきやすく最後の直線で急坂となる為、大きく前掛かりのラップになる。前3Fが下級条件では33秒後半~34秒前半となり、逃げ先行馬が有利な流れになりやすいが、オープンクラスでは33秒前半になりやすく逃げ馬は苦戦傾向になる。ラップバランスが似ていることからダート馬が穴をあけることも。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-12-26 08:39 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

有馬記念

今年の中央競馬も早いもので、最後の週となってしまいました。終わり良ければ総て良しではないですが、毎年このレースは馬券的妙味に関係なく、絶対に獲りたいレースですよね。
近年、スロー化が顕著な有馬記念ですが、過去5年のレースの区間ラップから、傾向を探ってみました。
2014年 7.0-11.8-12.3-12.6-12.5-13.6-13.3-13.0-12.3-12.4-11.5-11.2-11.9
1000m63.0 前後半3F37.4-34.6
2013年 6.9-11.1-12.3-11.6-12.4-12.8-12.4-12.0-11.8-12.3-12.6-11.8-12.3
1000m60.7 前後半3F36.1-36.7
2012年 7.0-11.3-11.6-12.0-12.2-12.7-12.6-12.5-11.9-12.1-12.1-11.9-12.0
1000m60.5 前後半3F35.9-36.0
2011年 6.8-12.0-12.4-12.1-13.1-14.4-14.3-13.0-12.0-11.9-11.4-11.3-11.3
1000m63.6 前後半3F37.2-34.0
2010年 6.9-11.4-12.0-12.3-12.7-13.4-13.5-12.3-11.5-12.0-11.7-11.1-11.8
1000m62.0 前後半3F36.5-34.6
特徴としては、残り1600m~1000mまでの、1コーナ~2コーナー過ぎまでの3F区間で、ここが大きく緩むと上がり3Fの勝負となり、緩まなければ残り5Fは緩急差のない持続ラップとなります。昨年はこの区間が大きく緩んで、上がりの速い展開になってしまった為、中山内回りに適性の無いと踏んでいたジェンティルドンナに勝たれてしまいました。また、昨年は馬場改修工事の為、9月の開催が無かったので馬場状態がかなり良い状態でしたが、水捌け等劇的に改善されたことによって、今年も通年して良い状態を保っているようです。

その他、多少参考になりそうな展開・ラップからの傾向を書き出してみましたので参考までに。
①馬番別3着内回数
1番-1回、4番-2回、5番-1回、6番-3回、7番-2回、9番-2回、11番-1回、13番-1回、14番-2回
ゴールドシップが2桁馬番で3着内3回、トゥザグローリーが11番で3着、それ以外は全て1桁馬番。

②残り5Fが12秒前後の持続ラップとなった2012年以外は全ての3着馬は、4角9番手以内。
(今思えば、2012年はかなり異質で、1~3着が追い込み馬となる厳しいラップでした)

③レース上がりが34秒台となった2010、2011、2014年の逃げ馬と上がり最速馬の上がりタイムと着順
2014年 逃げ馬 ヴィルシーナ 35.4 14着、上がり最速 ジャスタウェイ 33.4 4着
2011年 逃げ馬 アーネストリー 34.6 10着、上がり最速 ルーラーシップ 33.2 4着
2010年 逃げ馬 トーセンジョーダン 34.9 5着、上がり最速 ブエナビスタ 33.8 2着

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!

濃密育毛剤BUBKA

贅沢食べ比べ!ズワイとタラバの蟹足食べ放題2.0kg箱!
2015-12-23 19:47 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

12/20日曜日の勝負レース

[阪神11R 朝日杯フューチュリティS 芝1600]

阪神JF 過去5年の平均ラップ
12.4-10.9-11.7-12.2-12.2-11.7-11.4-12.2
前後半3F 35.0-35.3 前半1000m 59.4

昨年同レースのラップ(稍重)
11.9-11.0-12.0-12.4-12.5-12.2-11.3-12.6
前後半3F 34.9-36.1  前半1000m 59.8

◎エアスピネル
○イモータル
▲ユウチェンジ
△リオンディーズ
△アドマイヤモラール
△シュウジ

スタート地点はバックストレッチの中間左寄り。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。マイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。

同じコースで行われた先週の阪神JFが前後半3F34.8-35.8 1000m58.7の前掛かりラップでメジャーエンブレムが2番手から早め先頭の粘り込みを決めました。稍重で行われた昨年のレースと比較しても、今年は前半3F35秒前半のペースから35.5くらいの上がりになるのではと想定しています。

◎エアスピネル
2戦を見ても圧倒的人気がうなづける内容で、同コースでのデビュー戦勝ちと、時計のかかる稍重のデイリー杯2歳S勝ちでの上がりの末脚を高く評価します。付け入る隙があるとすれば、2戦とも2~3番手で先行しましたので、ハイペースで流れた場合の対応ですが、今回は中盤もしくは中盤より後ろからのポジションで進めるのではないかと思っています。

○イモータル
前走のサウジアラビアRCは直線で2回行き場を無くして減速する不利がありながら、実質ラスト1Fでハナ差まで詰め寄りましたので、勝ちに等しい評価で良いでしょう。前走の不利も、一気に加速する瞬発力に欠けるところから起きたもので、その分長く良い脚を使えるタイプですので、直線の長い阪神の馬場で、かつ上がりを要する展開になれば尚良いと思います。

△リオンディーズ
デビュー戦は、中盤13秒前後のラップが続いた為、掛かるのを抑えるのに必死でしたが、4角に入ると徐々に押し上げ、直線は一気に弾けました。結果直線2Fだけの競馬になりましたが、急加速に対応出来る瞬発力は非凡であることは見せました。掛かる心配はマイルの今回はそれなりに流れるでしょうから、幾らかマシになるでしょうが、12秒前後で持続するラップからどれだけの末脚を使えるかは未知数です。血統的な期待値から人気になっていますが、1戦だけの内容では、とても重い印を打てるような評価は出来ないので、押さえで行こうと考えています。


[中山11R ディセンバーS 芝1800]

過去5回の平均ラップ
12.7-11.7-12.0-12.0-11.8-12.0-11.9-11.6-12.0
前後半3F 36.5-35.6 前半1000m 60.2

◎スーパームーン
○コスモソーンパーク
▲トーセンレーヴ
△クラリティシチー

スタート地点は正面スタンド中端。最初の1コーナーまでの距離は約405mでスタートして直ぐに急坂が待ち構える。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-12-20 11:18 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

12/19土曜日の勝負レース

[中山11R ターコイズS 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.2-11.5-11.8-11.7-11.7-11.4-11.9
前後半3F 35.1-35.0 前半1000m 58.6

◎カフェブリリアント
○アルマディヴァン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△レッドリヴェール
△ノボリデョアーナ
△レッドセシリア

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているが実際は、外枠の先行馬が不利で、外枠の追い込み馬はペース次第で穴をあけることもしばしばある。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。マイラーよりもスプリント寄りの馬のほうが配当的には狙い目。

毎年5回中山開幕週に組まれていて、時計も上がりも速いのですが、馬場が痛み始める3週目に組まれた今年は、少し傾向が変わってくると思います。今回は、成績が安定しない牝馬の集まりで、また追い込み馬が多く集まった印象で、非常に難解なレースです。

◎カフェブリリアント
継続して良い状態を保つのが難しい牝馬らしく、成績が安定しない馬の集まりのようなメンバーの中で、安定した成績を維持しています。この馬は緩急の少ない持続ラップに良さがあり、スローな流れからの瞬発力勝負やトップスピードの持続戦になると分が悪いタイプで、ヴィクトリアマイルと関屋記念は適性外だったように思います。さほど速い上がりを必要としない中山1600はピッタリだと思います。

○アルマディヴァン
近走の成績がパッとしないので、正直狙いにくいのですが、同コースの準オープンの見事な勝ち方を評価しました。2走前の京成杯OAは1枠で包まれて持ち味を発揮出来ませんでした。今回も内枠で前が壁になることが懸念されますが、横山典騎手への乗り替わりに期待したいところです。


[中京11R 中京日経賞 芝1600]

過去3年の平均ラップ
13.2-12.2-12.0-12.2-12.6-12.0-11.4-11.8
前後半3F 37.4-35.3 前半1000m 60.1

◎マダムジルウェット
○タガノエンブレム
▲メイクアップ
△フェルメッツァ
△アドマイヤライン
△カシノピカチュウ

1~2コーナーにある斜めの引き込み線からのスタートしてまもなく左に緩くカーブして本線に合流する。向こう正面は平均ペースで流れ、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。スタートしてまもなくのカーブがあり先行争いが激化する為か、クラスが上がるほど前掛かりラップになることが多く、差しが決まりやすい。枠順の有利不利はほとんどない。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

贅沢食べ比べ!ズワイとタラバの蟹足食べ放題2.0kg箱!

イオンカード(WAON一体型)

自信があります。濃密育毛剤BUBKA

2015-12-19 12:44 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

12/13日曜日の勝負レース

[阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ 芝1600]

過去5回の平均ラップ
12.4-10.9-11.7-12.2-12.2-11.7-11.4-12.2
前後半3F 35.0-35.3 前半1000m 59.4

◎デンコウアンジュ
○キャンディバローズ
▲ブランボヌール
△こちらから→FC2 Blog Ranking
△メジャーエンブレム
△クードラパン

スタート地点はバックストレッチの中間左寄り。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。マイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。

以前はゆったりとした流れの展開が多かったのですが、近年は速い流れになる傾向です。昨年は極端に速くはありませんが、前半3F35.0 1000m59.2の流れで、上位馬は全て差し馬でした。ラスト1Fが大きく失速するこのコースですが、逃げ先行馬に人気上位馬の居る今回のメンバーですので、昨年くらいのラップが先行勢と追い込み勢の分かれ道になりそうです。

◎デンコウアンジュ
アルテミスSのラスト3F11.9-11.1-11.2を差し切ったのはかなり優秀で、完全に逃げ馬の競馬でした。ラストが大きく失速する阪神のマイルに変われば、この馬にとっては更に大きな上積みが見込めます。前走は前半3F34.9のペースで追走に苦労する感じはなかったので、ロスなく回って直線勝負に賭けてもらいたいと思います。

△メジャーエンブレム
アルテミスSは外枠からワンテンポ遅れて一気にハナを奪いながら、その後4F目、5F目を12.4-12.6に落として息を入れたところに、2歳馬らしからぬ高いセンスを感じました。そのセンスの良さで負けて強しを印象付けましたが、前走に限っては楽勝してもおかしくない展開だったと思います。トップスピードに欠けるものの持続力は高いものを持っていますので、程よく流れる持続戦になれば、キレ負けする心配も少ないのですが、今回は後続に差される可能性が高いと見ています。


[中山11R カペラS ダ1200]

過去5回の平均ラップ
11.9-10.6-11.3-12.0-11.9-12.3
前後半3F 33.7-36.3 前半1000m 57.6

◎カジキ
○デルマヌラリヒョン
▲シゲルカガ
△サウンドガガ
△エイシンヴァラー
△キクノストーム

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。ハイペースになる程、東京・京都のダート実績では通用しにくくなるが、何れせよペース予想が重要になる。

東の重賞ながら、昨年は地方を除く中央勢は全て関西馬というメンバーでしたが、今年は関東馬がわずか1頭ということで、相変わらずこの路線は関西馬が強い印象です。昨年はダノンレジェンドが前半3F33.3 1000m56.8で5馬身差の衝撃の逃げ切り勝ちを収めましたが、そんなペースなら一気に前後が入れ替わるのが通常です。このコースは近年は前半3F34秒台の緩い流れのレースになることが多くなってきていますので、ペースの読みを見極める必要があると思います。

FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-12-13 11:02 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

12/12土曜日の勝負レース

[阪神11R チャレンジカップ 芝1800]

過去3年の平均ラップ
12.5-11.2-11.5-11.9-11.9-12.1-11.9-11.4-11.3-12.5
前後半3F 35.3-35.2 前半1000m 59.2

◎フルーキー
○ケイティープライド
▲タガノエトワール
△こちらから→FC2 Blog Ranking
△ワールドエース
△ヒストリカル

コーナー2回の外回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで600m以上ある。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。前半、中盤はゆったりとしたペースになりやすい為、上がりの決め手勝負になりやすい。オープンクラスとなると中盤がハロン12秒前半のラップが続き上がりが少しかかる傾向にある。

阪神芝1800はマイルの淀みのない流れになる場合と、スローの上がり勝負になる場合と両極端あり、展開を読み違えるとまったく的外れになってしまうことが多々ある、難しいコースです。今回は逃げ馬も含めた先行馬が多数を占め、到底スローになることは考えられないメンバーです。ひとたびペースが速くなると、ラストが大きく失速するラップになるコースですから、逃げ先行勢には厳しい展開になると見て良さそうです。

◎フルーキー
阪神外回り成績4-1-0-1と、このコースを得意としています。出遅れ癖のおかげで脚を余して負けることが多かったのですが、近走はスタートも良くなり、先行するようになりました。しかし本来は脚を溜めたほうが良いタイプですので、先行勢が多い今回は、出遅れの多いデムーロが鞍上ということもあり、ある程度後方から末脚を生かす競馬になると思います。


[中山11R ラピスラズリS 芝1200]

過去5回の平均ラップ
12.0-10.6-11.0-11.4-11.4-12.0
前後半3F 33.6-34.7 前半1000m 56.3

◎ネロ
○シンボリディスコ
▲ワキノブレイブ
△ゴールドペガサス
△キングオブロー

スタートからコーナーまでが下り坂で加速がつきやすく最後の直線で急坂となる為、大きく前掛かりのラップになる。前3Fが下級条件では33秒後半~34秒前半となり、逃げ先行馬が有利な流れになりやすいが、オープンクラスでは33秒前半になりやすく逃げ馬は苦戦傾向になる。ラップバランスが似ていることからダート馬が穴をあけることも。福島芝1200実績馬に注意。


FC2 ブログランキング
にほんブログ村 競馬ブログ

贅沢食べ比べ!ズワイとタラバの蟹足食べ放題2.0kg箱!

イオンカード(WAON一体型)

自信があります。濃密育毛剤BUBKA

2015-12-12 10:03 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

12/6日曜日の勝負レース

[中京11R チャンピオンズカップ ダ1800]

東海S過去3回の平均ラップ
12.7-11.1-12.5-12.2-12.2-12.3-12.7-12.3-13.0
前後半3F 36.3-38.0 前半1000m 60.7

チャンピオンズC昨年のラップ
12.6-11.7-13.2-12.9-11.9-12.2-12.4-11.7-12.4
前後半3F 37.5-36.5 前半1000m 62.3

◎ノンコノユメ
○サウンドトゥルー
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△コパノリッキー
△ホッコータルマエ
△サンビスタ

スタート地点はホームストレッチの真ん中より左寄りで、上り坂の途中がスタート地点となる。1~2コーナーはほぼ平坦。向正面直線に入り、しばらくは緩い上り坂。残り980m地点から緩やかな下り坂に入る。3~4コーナー部分はすべて下り坂で、最後の直線へ。ゴール手前380m地点より220m地点にかけては高低差1.8mの急な上り坂で中山競馬場ダートコースに次いで傾斜がきつい坂が設けられている。ラスト220mはほぼ平坦。最後の直線距離は410.7mで東京競馬場に次いで二番目の長さとなっています。

昨年のこのレースは1000m62.3、前後半3F 37.5-36.5とスローの上がりのレースになり、前に居た3頭の決着になりました。同じコースで行われる東海Sの傾向から、上がりのかかるタフなレースを想定していましたが、2コーナーから向こう正面3・4F目のペースが落ち着いた為、前半3Fより後半3Fのほうが速い展開になり、上がり最速馬ワイドバッハが6着という前決着のレースになりました。それでも東海Sの平均ラップからは、1000mを61秒前後で通過しても37秒後半の上がりになりますので、タフなコースであると言えます。今年はコーリンベリーがペースの鍵を握りそうですが、このコースでは1000m61秒を切ることは恐らくないと思います。それでも前の有力馬を早めに捕まえようと、動き出しの早い展開になるのではないでしょうか。

◎ノンコノユメ
武蔵野Sは3歳馬には酷量とも言える58キロを背負っての追い込みを見せ驚かせました。前掛かりの展開がハマった感はありますが、自身の上がり3Fがレース上がりよりも1.3秒も速かったのですから圧巻の走りでした。この馬は軽い東京や脚抜きの良い重馬場で追い込みを決めているため、急坂のあるタフなコースでは450キロと小柄な馬体でもある為、末脚が爆発するかは心配材料です。しかし反面、武蔵野Sでは前半の速いペースの追走に苦労していたように、特に急坂のあるタフなコースでは、ゆったりとした流れのほうが脚が溜まるので、ペースは落ち着いたほうが良いと見ています。もちろん速く流れれば差しの競馬になり易く、直線だけで勝負を決めれる可能性は高くなりますので、要はあまり展開には左右されないのではないかと思っています。

○サウンドトゥルー
3走前の同コースでのオープン勝ち時計は稍重馬場で1.51.6では昨年のチャンピオンCには到底及ばないレベルですが、その後の2走でコパノリッキー、ホッコータルマエに先着する上昇ぶりを見せています。出遅れぎみになる為、後方からの競馬になることが多く、東京や京都の上がりの速いコースでは届がず終わることが多い反面、上がりの要するコースでは勝ち負け出来るバテ差しタイプです。前目の人気どころが、早めに動きだしそうな展開利が充分見込めると見ています。

△コパノリッキー
コーリンベリーを逃げさせて2~3番手に付ける展開は、恐らく想定しているでしょうから問題ないと思われますが、今回はかなり目標にされるのと、本質は脚質からも上がりの速い軽い馬場が適しています。昨年のように出遅れなければ、大きく崩れることはないと思いますが、今回は押さえまでの評価です。

△ホッコータルマエ
一叩きしての本番は昨年同様のステップですが、一つ年を取っての現在の能力がどれくらいなのかは、人気に反映されてなさそうで、意外と重要なポイントだと思います。昨年のようにコパノリッキーが出遅れれば、充分溜めて追い出しにかかれるのですが、やはり早めに動かざるを得ない為、後続に差される危険性があります。


[中山11R アクアラインS ダ1200]

過去5回の平均ラップ
11.9-10.6-11.3-11.9-12.0-12.7
前後半3F 33.8-36.6 前半1000m 57.7

◎パイメイメイ
○ニットウスバル
▲キタサンミカヅキ
△ヴィクタシア
△マックスガイ

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。ハイペースになる程、東京・京都のダート実績では通用しにくくなるが、何れせよペース予想が重要になる。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-12-06 00:19 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

12/5土曜日の勝負レース

[中京11R 金鯱賞 芝2000]

過去5回の平均ラップ
12.8-11.1-12.4-12.1-11.9-11.8-12.0-11.9-11.5-12.1
前後半3F 36.2-35.8 前半1000m 60.2

◎ミトラ
○ディサイファ
▲クラレント
△ベルーフ
△サトノノブレス

ホームストレッチの中央左寄りの上り坂の途中からスタートして1周する。1~2コーナーのカーブは緩い上り坂で、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。前半から緩いペースになり易い為、先行有利の上がり勝負になることが多い。

平均ラップこそ前後半3F36.2-35.8であるが、昨年、一昨年はほぼフラットで、中盤~ラストまでワンペースで持続するラップになりました。これは7月以来の開幕週ということもあり時計が速くなる為で、厳しいラップを踏んでも、それ程前が止まらない馬場である考えられます。とはいえ、長い直線がある中京ですから、速い上がりに対応出来ないタイプは狙いづらいとも言えます。

◎ミトラ
緩急のない持続ラップに滅法強いタイプで、急加速の要求される上がり勝負になるとキレ負けしてしまう為、直線の短い小回りコースのほうが良績を上げていますが、今回はすんなりと絶好の番手で進められそうですので、スローになれば押し切れるのではないかと思います。


[中山10R 舞浜特別 ダ1200]

過去4回の平均ラップ(同時期同条件)
11.8-10.3-11.2-12.0-12.2-13.1
前後半3F 33.3-37.3 前半1000m 57.5

◎モルジアナ
○チュウワベイビー
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ロトラトゥール
△スモーダリング
△ワタシダイナマイト

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。ハイペースになる程、東京・京都のダート実績では通用しにくくなるが、何れせよペース予想が重要になる。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-12-04 23:01 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-