11/29日曜日の勝負レース

[東京11R ジャパンカップ 芝2400]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.4-12.2-12.4-12.1-12.4-12.5-12.0-11.9-11.4-11.4-11.8
前後半3F 36.5-34.6 前半1000m 60.9

◎ミッキークイーン
○ラブリーデイ
▲サウンズオブアース
△こちらから→FC2 Blog Ranking
△ラストインパクト
△イラプト

日本ダービー、ジャパンカップが行われる中央競馬を代表するクラシックディスタンス。スタートは正面スタンド前の坂を下り終えた地点からで、最初のコーナーまでは350m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。スタートの先行争い以降、中盤はスローで進み、上がり特化型レースになりやすい。速い上がりが必要だが、一瞬の切れ味よりも長く良い脚使えることが重要だけに、スピードとスタミナ両方が必要となる。

このレースは例年向こう正面の中盤が大きく緩み、上がりが4~5Fからのロングスパートになる傾向で、スピードの持続力が要求されますが、一気に急加速する上がり勝負ではなく、徐々に加速していくのも特徴です。今年は外国馬のイトウが逃げると予想されていますが、天皇賞秋ですらスローになる等、最近のGⅠは折り合いゲームになってしまっている流れから、傾向通りになるだろうと想定しています。

◎ミッキークイーン
オークスでの11.9-11.9-11.3-11.6-11.9の5Fロングスパートでの快勝を高く評価していますので、このコースが一番パフォーマンスを発揮出来るのではと思っています。後ろ過ぎる位置からの競馬になることが懸念材料ですが、秋華賞では1000m57.4の速いペースを意識的に中段から進めることが出来ましたので、要はゲート次第ということでしょう。牡古馬との斤量4キロ差のアドバンテージがあり、3歳牝馬の活躍の多いレースですので、ラブリーデイを負かせるのはこの馬と見ています。

○ラブリーデイ
今年に入っての重賞6勝は、スローからのロングスパート戦を好位からの立ち回りでモノにしてきました。この馬の突然の覚醒は、最近の競馬を象徴するようなスローペース症候群がもたらした産物のような気がします。スタートして直ぐにコーナーを迎えるこのコースで1枠ですので、一番ペースが上がるところでロスなく進めれるのですから、崩れるイメージは湧いてきません。対抗ですが連軸として信頼出来ると思います。

▲サウンズオブアース
俊敏さに欠けるところがあり急加速戦に対応出来ない反面、ロングスパートが得意な京都外回り巧者です。京都外回りのように坂の下りを利用して徐々に加速して長い脚を使えるタイプで、適性の合わない天皇賞秋をパスしてここを狙ってきた辺りは、好感が持てます。それでも京都大賞典では、ラブリーデイと斤量2キロ差、上がり0.5差ですから逆転までは難しいでしょう。

消し ゴールドシップ
このレースと有馬記念で現役もあと2戦となりましたが、ここへ出てきてくれたことに敬意を表したいです。まずはゲートを普通に出ること。出脚が付かなくても1000mは後方でじっとしていること。6F目と7F目のラップの緩むところで徐々にマクり、残り5Fロングスパート。唯一ハマるのはこんなレース展開ですが、やはり直線はキレ負けすると思います。


[京都12R 京阪杯 芝1200]

過去5回の平均ラップ
12.3-10.9-11.1-11.1-11.2-11.5
前後半3F 34.3-33.8 前半1000m 56.6

◎ベルカント
○エイシンブルズアイ
▲ベルルミエール
△ビッグアーサー
△ウイングザムーン
△アースソニック

スタート地点は向正面直線半ば付近。3コーナーにかけていきなり上り坂になっており、3~4コーナーは内回りコースを使用。3コーナー入り口付近にある坂の頂上からは下り坂で、一気に駆け下りることになる。最後の直線は平坦で、直線距離328mと中央場所の中で中山に次いで短い。前後半3Fのラップ差が少なく、上がりが大きく失速しないのが特徴。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-29 10:01 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/28土曜日の勝負レース

[京都11R ラジオN杯京都2歳S 芝2000]

過去5回の平均ラップ
12.7-11.6-12.6-12.7-12.7-12.8-12.4-11.811.4-11.6
前後半3F 36.9-34.8 前半1000m 62.4

◎ドレッドノータス
○キャノンストーム
▲ケルフロイデ
△アドマイヤエイカン
△ロライマ

コーナーを4回廻る内回りコース。スタンド前直線の半ばカラスタートして最初のコーナーまでは300m。ゆったりとしたコース形態から前中盤とスローになりやすく、最後の直線は328mしかなく平坦な為逃げ先行馬が有利。差し馬は4コーナー手前から仕掛けられる器用さが求められる。小回りローカルでの適性が必要。

◎ドレッドノータス
デビュー戦は強い追い切りもせず目立った時計も出ていない状況で、素質だけで勝ち上がった感じですが、上がりも35.0と平凡で、高い評価を受けているようではないです。同じ京都2000でデビューしたバティスティーニがかなり高い評価を受けていて、実際に続く500万特別を圧勝しましたが、デビュー戦ではこの馬同様残り3F先頭というレースでした。この2頭がラップ的に見て、どう違うのかを考察してみました。
10Fのラップを5F-2F-3Fに分けて比較しました。
バティスティーニ 10月12日 63.5-25.7-34.2 自身上がり3F34.2
ドレッドノータス 10月25日 62.5-24.6-35.0 自身上がり3F35.0
見ての通り、上がり3Fの差は6F目と7F目の2Fが1.1秒も速かった為で、これはファスナハトが競りかけて譲らなかったもので、特に7F目は11.9とほぼロングスパートです。さすがにラスト1Fは追い込んだ2着馬に詰め寄られましたが、2・3着馬が直後の未勝利戦で勝ち上がったことから、レベルの高かったレースと言えると思います。掛かるという感じではなかったにしろ、逃げてハナを譲らなかったことから、気性的に難しい面はあるかも知れませんが、控えてマクるようなレースが出来れば、勝ち負け可能と評価します。

△アドマイヤエイカン
函館、札幌と使ってきて、しかも札幌2歳Sは稍重馬場でしたので、京都へのスピード対応は未知数です。今年の札幌2歳Sの勝ち時計、ラップは同じく稍重で行われた2011年に酷似していて、その時はグランデッツァ-ゴールドシップが1・2着でした。この時の2頭共北海道での出走経験しかなかったのですが、ゴールドシップは共同通信杯で1着だったもののスピード対応に苦慮していますし、グランデッツァは重馬場のスプリングSを勝ったものの、3歳春はスピードに欠けていました。あっさりと勝たれてしまっては仕方ありませんが、積極的には買いたくないという結論です。


[東京11R キャピタルS 芝1600]

過去5回の平均ラップ
12.5-11.2-11.4-11.6-11.8-11.4-11.2-11.9
前後半3F 35.0-34.6 前半1000m 58.4

◎ミッキーオリビエ
○アヴニールマルシェ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ワールドエース
△サンライズメジャー
△シェルビー

スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に付けれて良い脚を長く使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくなく、特に安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-27 22:13 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/23月曜日の勝負レース

[東京11R 東京スポーツ杯2歳S 芝1800]

過去4回の平均ラップ(不良除く)
12.8-11.3-11.6-11.9-12.1-12.4-12.0-11.2-11.6
前後半3F 35.6-34.8 前半1000m 59.6

◎スマートオーディン
○プロディガルサン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking
△ロスカボス

スタート地点は1~2コーナーにあるポケットでコースを斜めに横切り向こう正面に合流するという特殊な形態。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。11秒台で持続するマイルのラップになることも多く、マイラーか速い上がりのある中距離馬かどちらを狙うかはペース予想が大きく左右される。逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

◎スマートオーディン
阪神1800のデビュー戦は圧巻で、ラスト1F11.1でレヴィンインパクトを突き放しました。前走は意外にも捉えきれませんでしたが、+12キロが影響したのかもしれません。息の長い脚が生かせる東京なら、勝ち負け出来ると見ています。

○プロディガルサン
過去の平均ラップ前半3F35.6、1000m59.6はこの時期の2歳馬にとっては速いと言えるペースで、同コースの新馬、未勝利戦では経験出来ないラップです。それなら東京1600を使ったほうが、このレースへのステップとしては良いのではないかと思っています。この馬はデビュー戦で東京1600を使いましたが、1000m61.6のペースでレース上がりよりも0.9速い上がりで差し切りました。ちなみに同じ東京1600でデビューしたロードクエストとの比較を考察してみました。
プロディガルサン 6月20日 東京1600 新馬 1000m61.6 11.8-11.6-11.9 自身上がり34.2
ロードクエスト 6月7日 東京1600 新馬 1000m61.8 11.4-11.2-11.3 自身上がり33.2
33.9の上がりを使い2馬身差の2着だったブレイブスマッシュが後に同コースのオープンを勝っていることから、ロードクエストの強さは際立っていると言えます。プロディガルサンは2戦目も中山でオープンを追い比べで勝っていますから、デビュー戦を回顧するのも何ですが、東京では少しジリっぽいかも知れません。


[東京10R 鷹巣山特別 芝1400]

過去5回の平均ラップ(鷹巣山特別は昨年のみ、他は同条件)
12.8-11.4-11.6-12.0-11.6-11.2-11.9
前後半3F 35.8-34.6 前半1000m 59.4

◎チョコレートバイン
○レッドカーラ
▲セトノフラッパー
△レインボーラヴラヴ
△スターファセット
△コリーヌ

スタート地点は向こう正面まん中付近で、最初の3コーナーまでの距離は342m。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、速い上がりも必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。



このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-22 22:38 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/22日曜日の勝負レース

[京都11R マイルチャンピオンシップ 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.3-10.8-11.3-11.8-11.5-11.4-11.5-11.9
前後半3F 34.4-34.8 前半1000m 57.7

◎フィエロ
○イスラボニータ
▲モーリス
△ヴァンセンヌ
△サトノアラジン
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)

スタート地点は2コーナーのポケットで最初のコーナー(3コーナー)まで700mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。前後半3Fのラップがほぼイーブンになるのが特徴だが、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくなく、結果差し馬の台頭も多くなる。

昨年はホウライアキコが引っ張る展開で縦長となり、1000m56.7と速い流れになりました。今年は前に行く馬が多く集まりましたが、案外ペースは落ち着いて、平均の前後半イーブンのラップで見込んでおいて良いのではないかと思っています。

◎フィエロ
昨年の2着馬で京都外回り成績1-4-2-0のコース巧者で、坂の下りで押し上げて加速するディープインパクト産駒特有のパターンが持ち味です。上位人気馬が不安要素を抱える中で、ベストコースで上積みが見込めるこの馬が、連軸としては一番信頼出来ると見ています。唯一の不安はスタートで出負けすることが多く、後方からの位置取りになってしまう為、より速い流れになってくれたほうが良いでしょう。

○イスラボニータ
中距離中心に使われてきましたので、11秒台中盤で持続するマイルG1のラップへの対応は未知数です。3歳時から、あらゆる展開にも対応してきたオールマイティーも、古馬になって東京では直線の持続力に脆さを見せるようになりました。現状では一気に急加速して勝負を決められる直線の短い中距離が良いのではと感じています。それでも、速すぎる上がりの要求されない京都のマイルG1ですから、大きく崩れることはないと思います。

▲モーリス
マイルでは抜けて強いと評価していますので、予定通り順調に毎日王冠を使えていたら、間違いなく本命視していたと思います。中山では速い流れからの5Fロンスパでラスト1F10秒台、安田記念では一転して先行策からの押切とマイルでは桁違いの強さを見せてきました。さすがに安田記念からの直行に加えて外枠ですから、信頼に欠けるという評価が妥当だと思います。

△ヴァンセンヌ
過去に前走2桁着順からの3着内は皆無だそうですが、毎日王冠、天皇賞の秋2走を除けば、適性から充分勝ち負けの評価をしています。秋2走の大敗の最大の要因は、激しくハミを噛んで掛かってしまったことですが、11秒台中盤で持続するマイルG1の流れなら幾分マシですし、鞍上も替えてきましたので、「終わった」と切り捨てるにはまだ早いと思います。


[東京10R ユートピアS 芝1600]

過去5回の平均ラップ
12.4-11.1-11.6-11.7-11.9-11.6-11.1-11.7
前後半3F 35.1-34.5 前半1000m 58.8

◎トーセンソレイユ
○トーセンビクトリー
▲プロクリス
△マジックタイム
△コンテッサトゥーレ
△チェリーヒロイン

スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に付けれて良い脚を長く使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくなく、特に安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。

このレースは東京マイルでも牝馬限定戦だけあって、中盤が緩む上がりの速いレースになる傾向です。先行馬に警戒しつつ、マイル、中距離で上がり上位の実績馬を狙いたいレースです。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-22 11:09 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/21土曜日の勝負レース

[東京11R 錦秋S ダ1600]

過去4回の平均ラップ
12.6-11.1-11.8-12.1-12.3-12.1-11.9-12.5
前後半3F 35.4-36.5 前半1000m 59.8

◎クライスマイル
○こちらから→FC2 Blog Ranking
▲メガオパールカフェ
△プロトコル
△ノウレッジ
△ノボバカラ

スタート地点は2コーナー奥の芝コースでスタートから芝の切れ目までの距離が外枠が約30m長いことから、一般的には外枠有利と言われている。最初の3コーナーまでの距離は640mで3~4コーナーはほぼ平坦、最後の直線501.6mは日本のダートコース最長を誇る。前半から持続してスピードが要求され、基本的には逃げ先行有利だがクラスが上がるほど差し追い込みが決まる。砂が軽く、上がりも速いので芝からの転戦馬が通用する。

◎クライスマイル
前走は初距離、2走前はスタートでの立ち遅れで敗れていますが、3走前の同コースのレースは圧巻の内容で、2~3番手から速い上がりが生かせるこのコースは一番力を発揮出来ると思います。今回もあまりペースが速くならないでしょうから、ゆったりと先団で構えられると見ています。

このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-21 09:45 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/15日曜日の勝負レース

[京都11R エリザベス女王杯 芝2200]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.0-12.4-12.4-12.2-12.7-12.7-12.1-11.7-12.2-11.8
前後半3F 36.0-35.7 前半1000m 60.6

◎ラキシス
○タッチングスピーチ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ヌーヴォレコルト
△マリアライト
△フーラブライト

スタート地点は正面スタンド前直線入り口付近。最初のコーナーまでの距離は400m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は500mあり、半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。最初のコーナーまでは距離があるのでゆったりスタートして、ペースは上がらない。勝負は3コーナー坂の下りからのロングスパートで、上がり4ハロンの脚が求められる。

昨日から降り続いた雨も止み、本日は晴れ予報ということで馬場も乾いてくることでしょうが、芝が荒れて時計がかかるのは避けられないと思います。秋華賞馬の居ない今年のメンバーは低調で、時計がかかる馬場となれば、条件級でも通用する可能性は充分あると見ています。

◎ラキシス
一昨年2着、昨年1着の京都外回り巧者です。京都大賞典は狭い所に入ってしまい、追い出しが遅れてしまいましたが、相手は牡馬でしたしラブリーデイ以外には0.2秒しか負けていませんので、ステップとしては良いレースだったと思います。枠もちょうど良いところですので、ヌーヴォレコルトをマークした昨年とは違い、レースはし易いと思います。

○タッチングスピーチ
良馬場ならば人気との兼ね合いから無印にしようと思っていましたが、時計がかかる馬場想定で、対抗視しました。スタートで後手を踏み、後方からの競馬を余儀なくされる為、上がりの速い京都では追い込みが不発に終わる可能性が高いのですが、上がりがかかる馬場であれば、す軽さのないタイプだけに能力を発揮出来ると思います。

△ヌーヴォレコルト
スタートしてから400mでコーナーを迎えるこのコースで大外枠ですから、無理に先行せず後方からの競馬となりそうですが、直線は確実に内を狙ってくるでしょうから、ある意味ギャンブル的要素の高い厳しい競馬を余儀なくされそうです。


[東京11R オーロC 芝1400]

過去5回の平均ラップ
12.5-11.1-11.5-11.7-11.2-11.2-11.7
前後半3F 35.2-34.1 前半1000m 58.1

◎アイライン
○レッドファルクス
▲タガノブルグ
△ニシノラッシュ
△マテンロウハピネス
△ミナレット

スタート地点は向こう正面まん中付近で、最初の3コーナーまでの距離は342m。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、速い上がりも必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。

昨年はダノンプログラマーが追い込みを決めましたが、例年スローになりやすいレースで、最速上がりを使った馬が、掲示板が精いっぱいというレースです。ある程度先行出来てワンペースで走り切る持続力の高い馬を狙いたいレースです。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-15 10:31 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/14土曜日の勝負レース

[東京11R 武蔵野S ダ1600]

過去5年の平均ラップ
12.2-11.1-11.7-12.2-12.3-12.1-11.9-12.3
前後半3F 35.0-36.2 前半1000m 59.5

◎ゴールデンバローズ
○こちらから→FC2 Blog Ranking
▲モーニン
△フィールザスマート
△ノンコノユメ

スタート地点は2コーナー奥の芝コースでスタートから芝の切れ目までの距離が外枠が約30m長いことから、一般的には外枠有利と言われている。最初の3コーナーまでの距離は640mで3~4コーナーはほぼ平坦、最後の直線501.6mは日本のダートコース最長を誇る。前半から持続してスピードが要求され、基本的には逃げ先行有利だがクラスが上がるほど差し追い込みが決まる。砂が軽く、上がりも速いので芝からの転戦馬が通用する。

東京ダート1600はスピードの持続力と速い上がりが要求されますが、このレースは同じコースで行われるフェブラリーSに比べると、中盤が緩み上がりの速い展開になり易いので、より芝もこなせるスピードが要求されるレースと言えます。

◎ゴールデンバローズ
ここ2走の凡走で明け3歳のころの強さは忘れ去られつつありますが、ユニコーンSはドバイ遠征帰りの休み明け、レパードSは距離とパサパサの馬場が合わなかったもので、敗因がハッキリしています。雨で脚抜きの良い馬場になりそうな得意の東京なら、上澄みはかなり見込めるのではないでしょうか。レパードSは押し出されるようにハナに立ちましたが、掛かったわけではなく、控える競馬のほうが持ち味が出ると思います。

▲モーニン
昇級馬を検討する場合、持ち時計は大切な要素となりますが、同コースで1.35秒台なら重賞でも通用するレベルだと判断します。これまでペースの速いレースを経験してきているため、緩急の少ない持続ラップで結果を出していますが、上がりの速い展開でキレ負けしないか心配です。


[京都11R デイリー杯2歳S 芝1600]

過去5回の平均ラップ
12.3-11.0-11.7-12.4-12.3-11.6-11.4-11.6
前後半3F 34.9-34.7 前半1000m 59.6

◎シュウジ
○エアスピネル
▲テイエムハヤブサ
△ナイトオブナイツ
△リッチーリッチー

スタート地点は2コーナーのポケットで最初のコーナー(3コーナー)まで700mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。前後半3Fのラップがほぼイーブンになるのが特徴だが、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくなく、結果差し馬の台頭も多くなる。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-14 09:28 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/8日曜日の勝負レース

[東京11R アルゼンチン共和国杯 芝2500]

過去5年の平均ラップ
7.2-11.3-11.2-12.1-12.3-12.2-12.4-12.3-12.2-12.3-11.6-11.5-12.1
前後半3F 35.7-35.2 前半1000m 60.2

◎プロモントーリオ
○レコンダイト
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ゴールドアクター
△メイショウカドマツ
△ヴァーゲンザイル

スタート地点は正面スタンド前で芝2400より100mだけ下がるだけだが、坂下からのスタートとなる為、ゴールまでに2度の坂超えが必要となる。中盤が緩んで速い上がりが要求される2400とは違って中盤が極端には緩まない12秒台前半で推移する為持久戦になりやすいが、それでも速い上がりのない馬には厳しくなる。

このコースは、目黒記念とアルゼンチン共和国杯の2つのハンデGⅡ以外では未勝利戦しか行われていません。以前は2400とたった100mしか違わないのに直線の坂を2度走ることと、中盤が大きく緩まない厳しいラップになり、スタミナの必要な消耗戦になっていましたが、近年は中盤で12秒後半~13秒台のラップで息が入り、上がりが速くなる傾向になってきています。

◎プロモントーリオ
前走は1年以上ぶりの準オープンのレースを快勝しましたが、その前2走はオープン、重賞で好走しています。東京2400の成績2-1-0-0とコース実績充分で、上がりの速い展開で良い脚を長く使えるタイプなので消耗戦になった場合の不安はありますが、重馬場実績もあり、近年の傾向通りの上がりの速いレースなら適性は高いと見ています。


[京都11R みやこS ダ1800]

過去5回の平均ラップ
12.0-11.0-12.5-12.3-12.3-12.3-12.1-12.2-12.6
前後半3F 35.6-36.9 前半1000m 60.2

◎ローマンレジェンド
○ダノンリバティ
▲モンドクラッセ
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△クリノスターオー

スタート地点はスタンド前の直線半ば付近。1コーナーまでの距離は約280mで、バックストレッチは約400m。ラスト1000m付近の中盤で、高低差3.0mのなだらかな坂を上る。芝コースと同様に3コーナー入口が坂の頂上で、3~4コーナーの下り坂を経て直線へ。最後の直線は平坦で329m。基本的には逃げ・先行馬が強い。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-08 10:39 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/7土曜日の勝負レース

[東京11R 京王杯2歳S 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.3-11.8-12.1-11.5-11.0-11.7
前後半3F 35.6-34.2 前半1000m 59.2

◎レッドカーペット
○シャドウアプローチ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ボールライトニング
△モーゼス
△ボーダレス

スタート地点は向こう正面まん中付近で、最初の3コーナーまでの距離は342m。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、速い上がりも必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。

このレースの例年の傾向は前半ややスロー、4F目の1区間だけ12秒台に緩み、残り3Fは11秒台を持続するラップになっています。東京の1400と言えば11秒台のラップで一貫して走り切るスピードと持続力を要求されますが、このレースは2歳ということもあり、少し上がりに特化したレースであると言えると思います。

◎レッドカーペット
馴染みのない鞍上は、いささか不安ですが、もみじSでは距離ロスがありながらの追い込みには見るべきものがありました。京都外回りで4角で置かれてしまう等の粗削りさは、東京コースならマシでしょうし、スタートが悪いタイプではないので、中段くらいには位置取り出来ると思います。


[京都11R KBSファンタジーS ダ1800]

過去5回の平均ラップ
12.4-10.9-11.4-11.7-11.6-11.7-11.9
前後半3F 34.6-35.1 前半1000m 57.9

◎ブランボヌール
○メイショウスイヅキ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△キリシマオジョウ
△キャンディーバローズ

スタート地点は2コーナー出口付近で最初のコーナーまでは500mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。ペースの読みがポイントとなるコースだが、データからは下級条件では上がりが速くクラスが上がる程前半が速くなり上がりの時計がかかるので、差し馬の台頭も多くなる。

例年1200からの臨戦馬が多いせいか、前3Fが速くなる前掛かりラップになりやすいレースです。それでも外回りコースでありながらBコース替わりもあり、前が止まらない馬場になっていますので、逃げ先行馬が有利なレースであると言えます。以上を踏まえると、人気の盲点となりやすい函館、小倉1200からの臨戦馬が穴をあけているのもうなずけると思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-07 11:27 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

11/1日曜日の勝負レース

[東京11R 天皇賞 秋 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.3-11.3-11.5-11.8-11.9-12.0-11.7-11.8-11.9
前後半3F 35.2-35.4 前半1000m 58.4

◎ショウナンパンドラ 
○ラブリーデイ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△エイシンヒカリ
△ディサイファ
△イスラボニータ

スタート地点は1コーナー奥のポケットで100m進んだところで大きなカーブがある為、多頭数の外枠、特に先行馬は距離ロスがあり不利。向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では中盤が大きく緩む為、逃げ先行馬には注意が必要。天皇賞等クラスが上がると中盤が緩まなくなるので、最後はバテないスピードの持続力が問われる。ダンスインザダークやシンボリクリスエスといったズブい言われる種牡馬が成績が良いのはその為。

このレースの特徴は2000mの中距離戦でありながら、厳しいラップが持続する消耗戦になり易いのですが、昨年は中盤で12秒台が4F続く緩んだラップになりました。例年は、11秒台が連続しかつラストも大きく失速しないラップになりますので、激流経験の少ない中距離馬では戸惑うでしょうし、激流経験豊富なマイラーでもマイルよりは速い上がりが要求されるといった位置づけになると思います。レースを大きく左右させる展開ですが、エイシンヒカリに競り合う馬も居なく、それでもコース形態からはスローになることもなさそうで、1000m58.5が分かれ道になるのではないでしょうか。

◎ショウナンパンドラ 
今年の天皇賞は展開一つで大きく変わってくる要素を秘めていると見ています。そんな中で、展開に大きく左右されないこの馬を本命としました。この馬は秋華賞、オールカマーで見せたような、緩急のない持続ラップでの末脚に良さがあるタイプで、1000m58.5前後で流れても、その後は確実に11秒台で流れていきますので、適性は高いと思います。

○ラブリーデイ
京都大賞典で叩き出した上がり32.3が、この馬を分かりにくくしていますが、本質は流れるラップ向きで、直線の長い東京での上がり勝負はキレ負けすると思います。上がり5Fが速い展開で、エイシンヒカリを見る形で進めれば、すば抜けて速い上がりは必要ありませんので、持ち味であるしぶとさを発揮出来ると思います。

△エイシンヒカリ
スタート直後はポジション争いで前半3Fはどうしても速くなりますが、その後2Fは競りかけてこられなければ息が入ります。ラスト5Fで11秒台の持続ラップは確実でしょうから、1000mまでの2Fでどれだけ貯金出来るかが鍵になると見ています。

このエントリーをはてなブックマークに追加



予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】

【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付

厳選!お取り寄せグルメ【ぐるなび食市場】
2015-11-01 10:45 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター