3/29日曜日の予想

[中京11R 高松宮記念 芝1200]

過去3回の平均ラップ
12.1-10.8-11.6-11.6-11.8-12.4
前後半3F  34.4-35.8 前半1000m 57.8

◎エアロヴェロシティ
○ミッキーアイル
▲ストレイトガール
△サドンストーム
△トーホウアマポーラ
△ハクサンムーン

スタート地点は向こう正面直線の真ん中付近。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。前半からペースが速くなりやすいコース形態で、最後の直線が長く急坂があることから先行勢が失速しやすく差し馬が台頭する。クラスに関係なく前掛かりラップになることが多く、差しが決まりやすい。枠順の有利不利は少ない。

午後からの雨予報がどれくらいの影響があるのか、微妙ではありますが、改装後3度行われたこのレースで、不良だった昨年を度外視しても、何れも前半34秒台のスローで、一昨年は34.3-33.8と上がり3Fのほうが速いラップでした。全場の芝1200m戦の中でも特に中京は逃げ馬が残れないのですが、何故かCBC賞も含めた重賞レースになるとスローになる傾向が多いようです。今年もアンバルブライベンが先手を奪えば、他の先行馬は番手に控えるコメントを出していますので、ハイペースにはならないのではないかと予想されます。

◎エアロヴェロシティ
香港スプリントでストレイトガールを抑えた実力馬でありながら、あまり人気が上がらないのは、来日後の軽い調教が物足りないと見られているのでしょうか。この馬はスプリンターでありながら、上がりの速いラップ向きのタイプで、香港スプリントもスローと言えるレースで、速い上がりで押し切りました。中京の直線の坂は微妙ですが、この馬向きのコースであると見ています。

○ミッキーアイル
陣営は3番手くらいでというコメントを出していますが、今回も折り合えるかは正直微妙でしょう。外枠なのでいっそのこと、中段くらいまで下げる競馬も見てみたい気もしますが、終いの脚が生かせる中京コースはこの馬向きだと思います。何れにしても鍵は如何に末脚を生かせるかの、道中にかかっていると思います。

▲ストレイトガール
待望のGⅠ勝利が遠のく痛恨の大外枠ではないでしょうか。時計、馬場、展開に左右されないオールマイティーなスプリンターは現役では国内最強だと思います。新潟の内回りで行われたスプリンターズSでは中段より後ろから追い込みを見せましたので、今回は差しに徹してほしいと思います。


[阪神11R 六甲S 芝1600]

過去4年の平均ラップ
12.5-11.0-12.0-12.1-12.0-11.4-11.3-12.6
前後半3F 35.6-35.3 前半1000m 59.7

◎ヒストリカル
○マウントシャスタ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△サトノルパン
△ハナズゴール

スタート地点はバックストレッチの中間左寄り。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。マイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。







2015-03-29 11:50 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/28土曜日の予想

[阪神11R 毎日杯 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.7-11.2-11.6-12.5-12.5-12.3-11.6-11.3-12.2
前後半3F  35.5-35.0 前半1000m 60.5

◎アンビシャス
○ナヴィオン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△アッシュゴールド
△ソールインパクト

コーナー2回の外回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで600m以上ある。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。
前半、中盤はゆったりとしたペースになりやすい為、上がりの決め手勝負になりやすい。オープンクラスとなると中盤がハロン12秒前半のラップが続き上がりが少しかかる傾向にある。

一般的には直線が長い外回りコースですので、上がり勝負になりやすいのですが、ポイントは中盤2ハロンのラップにあり、ここが速いと淀みのないマイルの流れになってしまい、ラスト1Fは大きく失速します。また、近3年は勝ち馬が上がり最速であったように、差し有利な流れでした。








2015-03-28 11:12 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/22日曜日の予想

[中山11R スプリングS 芝1800]

過去4回の平均ラップ(重除く)
12.4-11.6-12.3-12.3-12.2-12.4-12.2-11.5-11.9
前後半3F  36.3-35.6 前半1000m 60.8

◎ダノンプラチナ
○こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
▲リアルスティール
△ベルーフ

スタート地点は正面スタンド中端。最初の1コーナーまでの距離は約405mでスタートして直ぐに急坂が待ち構える。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

以前は皐月賞に比べ中盤が緩む為、本番に直結しにくいレースでしたが、近年は上がり5~6ハロンが12秒前半~11秒後半のワンペースの持続ラップになりがちで、マイラー寄りのレースになっています。今年の中山の馬場は秋の開催を行わず馬場改修を行った為、昨年に比べて良い状態ですので、時計が速くなることも考慮が必要です。

◎ダノンプラチナ
デープインパクト産駒でありながら、速い上がりに特化したタイプではないので、中山の馬場はこなせると見ています。マイルまでしか経験がありませんが、持続ラップもスローの上がり勝負のレースでも結果を出していますので、あとは小回りコースだけがポイントといったところでしょうか。

▲リアルスティール
キャリア1戦ながら共同通信杯を勝ちましたから、相当な能力であるのは間違いまりませんが、キャリア2戦共上がりの速いコースかつ上がり3ハロンで一気のギアチェンジを要するレースでしたので、持続ラップになった時の対応力に注目したいです。


[中山10R 千葉S ダ1200]

過去5回の平均ラップ
12.0-10.4-11.0-11.8-12.0-12.7
前後半3F 33.4-36.6 前半1000m 57.2

◎メイショウノーベル
○カフェシュプリーム
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△ミヤジエルビス
△レーザーバレット
△シセイオウジ

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。

追い込み一手のレースが魅力のコースですが、最近はオープン、GⅢでも前半34秒中盤というレースが多くなりました。今回もシゲルカガの単騎逃げが濃厚で、スタートからガリガリ競り合うようなレースにはならないと見るべきでしょう。







2015-03-22 11:02 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/21土曜日の予想

[中京11R ファルコンS 芝1400]

過去3年の平均ラップ
12.1-10.8-11.3-12.0-12.1-11.8-12.3
前後半3F  34.2-36.2 前半1000m 58.4

◎ブリクスト
○ビヨンジオール
▲ワキノヒビキ
△フミノムーン
△アポロノシンザン
△ヤマカツエース

スタート地点は向こう正面直線の2コーナー出口付近で最初のコーナーまで直線距離が長い分ペースは落ち着く。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。クラスに関係なく前掛かりラップになることが多く、差しが決まりやすい。内枠が不利というほどではないが、外枠のほうが複勝率が高い。

このレースは中京芝1400の傾向通り、平均ラップにも表れているように差し追い込み馬の台頭が目立ちます。一昨年は前半3F34.9で4F目から11秒後半のラップを持続し、ラストは少し失速する流れでしたが、昨年は前半3F33.0とハイペースになりました。今年も1200からの臨戦馬を始め、前に行く馬が多い為、かなり速い流れが予想されますので、差し馬から狙うべきレースだと思います。









2015-03-21 00:49 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/15日曜日の予想

[阪神11R フィリーズレビュー 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.2-10.8-11.6-11.9-11.7-11.8-12.4
前後半3F  34.6-36.0 前半1000m 58.2

◎ムーンエクスプレス
○ラッフォルツァート
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△コートシャルマン
△ダノングラシアス
△クイーンズリング

コーナー2回の内回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで443m。最後の直線は356.5mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、ラスト1ハロンは大きく失速する。前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダートからの転戦馬がしばしば穴をあける。逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。

過去の平均ラップより前後半3F 34.6-36.0と後半のほうが1.4秒遅い前かかりラップである為、近年では速い上がりが必要な桜花賞には直結しにくいレースです。スローの上がり勝負に長けた馬ではスピードに戸惑う可能性が高く、ワンペースで走り切れてかつ、最後の直線の急坂で大きく失速するラップを利して、差せるタイプが狙いです。

◎ムーンエクスプレス
小倉1200や京都内回り1400の前半3F33秒台のレースで勝ち上がってきた為、阪神JFはまったくのノーマークでしたが、先行から速い上がりを伸ばし、一瞬先頭というレースを見せました。速い流れでも先行出来、速い上がりが使える万能タイプで、非常に能力が高いと考えられます。逃げ馬が多く集まった今回は番手に収まる可能性が高く、レースはし易いでしょうから有利に進めれそうです。


[中山11R 中山牝馬S 芝1800]

過去5回の平均ラップ
12.7-11.5-11.8-12.1-11.9-12.1-12.1-11.7-12.2
前後半3F 36.1-36.0 前半1000m 60.1

◎ブランネージュ
○パワースポット
▲バウンスシャッセ
△アイスフォーリス
△フレイムコード
△ミナレット

スタート地点は正面スタンド中端。最初の1コーナーまでの距離は約405mでスタートして直ぐに急坂が待ち構える。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。








2015-03-15 11:38 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/14土曜日の予想

中京11R 中日新聞杯 芝2000

過去3年の平均ラップ
12.7-11.2-12.7-12.6-12.4-12.1-12.0-11.9-11.3-12.1
前後半3F 36.7-35.4 前半1000m 61.6

◎デウスウルト
○ダノンジェラート
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ディサイファ
△サングレアル
△キングズオブザサン

ホームストレッチの中央左寄りの上り坂の途中からスタートして1周する。1~2コーナーのカーブは緩い上り坂で、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。前半から緩いペースになり易い為、先行有利の上がり勝負になることが多い。







2015-03-14 00:10 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/8日曜日の予想

[中山11R 弥生賞 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.7-11.3-12.4-13.0-12.9-12.6-12.2-12.0-11.6-12.1
前後半3F  36.3-35.7 前半1000m 62.2

◎ブライトエンブレム
○シャイニングレイ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△サトノクラウン

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた直線入口付近。最初の1コーナーまでの距離は約405m。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

昨年はこのレースの1・2着馬が皐月賞で2・4着でしたが、近年は皐月賞にあまり直結しないレースになってきています。その要因としては厳しい流れになる本番とは違い、中盤が緩み上がりの速いレースになる傾向であると考えます。中盤の緩んだラップでしっかりとした上がりを使った経験のある馬、あるいは中だるみをマクッて押し上げれる馬を狙っていきたいレースです。

◎ブライトエンブレム
出遅れ癖がある為、常に後ろからの競馬を強いられてしまいますが、札幌2歳Sのマクリっぷりが強く印象に残っています。阪神外回りの朝日杯でも同じ戦法で挑みましたが、直線の長いコースでは当然脚が続かない結果となってしまいました。少頭数の為、中盤以降も緩んだラップが濃厚で直線が短く、上がりが掛かる中山ならば、4角先頭押切も充分可能ではないでしょうか。

○シャイニングレイ
現時点では、先行出来るパワー型のディープインパクト産駒という印象です。ポープフルSは当日の有馬記念同様、ただ回ってきただけで、内先行に居ないと勝負にならないレースで鵜呑みには出来ない内容でしたが、中だるみの上がりのレースならば先行押切は充分可能でしょう。


[阪神11R 大阪城S 芝1800]

過去5回の平均ラップ
12.7-11.7-11.7-12.1-12.0-11.9-11.7-11.3-12.4
前後半3F 35.7-35.4 前半1000m 59.8

◎アルバタックス
○ヒュウマ
▲アクションスター
△エックスマーク
△テイエムイナズマ
△ヒストリカル

コーナー2回の外回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで600m以上ある。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。前半、中盤はゆったりとしたペースになりやすい為、上がりの決め手勝負になりやすい。オープンクラスとなると中盤がハロン12秒前半のラップが続き上がりが少しかかる傾向にある。







2015-03-08 10:21 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/7土曜日の予想

[阪神11R チューリップ賞 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.1-12.0-12.2-12.3-11.8-11.2-11.9
前後半3F  35.7-34.9 前半1000m 60.1

◎レッツゴードンキ
○コンテッサトゥーレ
▲ココロノアイ
△クルミナル
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ロカ

スタート地点はバックストレッチの中間左寄り。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。マイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。




[中山11R オーシャンS 芝1200]

過去5回の平均ラップ
11.9-10.6-11.0-11.5-11.6-12.3
前後半3F 33.5-35.4 前半1000m 56.5

◎スマートオリオン
○アフォード
▲サクラゴスペル
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△リトルゲルダ
△ショウナンアチーヴ

スタートからコーナーまでが下り坂で加速がつきやすく最後の直線で急坂となる為、大きく前掛かりのラップになる。前3Fが下級条件では33秒後半~34秒前半となり、逃げ先行馬が有利な流れになりやすいが、オープンクラスでは33秒前半になりやすく逃げ馬は苦戦傾向になる。ラップバランスが似ていることからダート馬が穴をあけることも。








2015-03-07 08:56 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/1日曜日の予想

[阪神11R 阪急杯 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.2-10.7-11.2-11.4-11.5-11.6-12.4
前後半3F  34.0-35.6 前半1000m 57.0

◎コパノリチャード
○レッドオーヴァル
▲ローブティサージュ
△オリービン
△ダノンシャーク
△エールブリーズ

コーナー2回の内回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで443m。最後の直線は356.5mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、ラスト1ハロンは大きく失速する。前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダートからの転戦馬がしばしば穴をあける。逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。

阪神内回り1400は、他場の1400と比べても異質で前がかりラップになります。古馬の重賞ということもあり、前半が速くなりますので、過去の平均で前後半3Fのラップ差は1.4秒もあります。道中は11秒台前半のラップを刻みながら、徐々に失速していく、そんな特異なコースですから、過去に好走した経験のある馬が再び好走するケースの多いコースです。

◎コパノリチャード
昨年は1000m56.1で逃げて4馬身差の圧勝にはビックリしました。内が有利な馬場だったことを考慮しても強い内容で、その後、高松宮記念を勝ったことで納得出来ました。前走の阪神Cも大外枠を克服しての2着ですから、ワンペースで上がりの遅いこのコースが合っているのでしょう。展開はミッキーアイルの出方次第ですが、番手でも進められるこの馬には逃げてくれた方が良いでしょう。

○レッドオーヴァル
前走は上がりの速い京都の1200で出遅れてしまい、参考外で良いと思います。上がりが大きく失速するコースにめっぽう強く、雨で更に時計を要する馬場なのも有利に働きそうです。コパノリチャードを目標に追い出しが速くなる展開になれば、より末脚が生きると思います。脚質からなのか、外枠の方が圧倒的に良績を残しているので、良い枠に入りました。


[中山11R 中山記念 芝1800]

過去5回の平均ラップ(不良除く)
12.9-11.8-11.8-11.9-11.4-11.6-12.0-11.8-12.7
前後半3F 36.5-36.4 前半1000m 59.6

◎イスラボニータ
○ロゴタイプ
▲ヌーヴォレコルト
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ

スタート地点は正面スタンド中端。最初の1コーナーまでの距離は約405mでスタートして直ぐに急坂が待ち構える。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

降雨が確実な今日の中山ですが、昨年の秋開催を行わず芝の張り替えを行った為、昨年の同時期と比べると格段に良い馬場状態になっています。中盤が緩みやすい条件レベルでは逃げ馬天国のコースですから、このクラスでも前が止まらないのは確実で、外を回っていては厳しいでしょう。

◎イスラボニータ
馬場状態は微妙ですが脚質からも内回りは問題ないですし、皐月賞での最後の坂で2着馬を突き放した力強さから、中山は守備範囲であると考えられます。持続ラップの消耗戦から、一気にラップが速くなる急加速戦まで広く対応出来ますので、ここは順当と見ています。







2015-03-01 11:20 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター