2/28土曜日の予想

阪神11R アーリントンカップ 芝1600

過去5年の平均ラップ
12.7-11.2-12.0-12.0-12.0-11.5-11.2-12.3
前後半3F 35.9-35.0 前半1000m 59.9

◎ネオルミエール
○エイムハイ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△アルマワイオリ
△ナヴィオン

スタート地点はバックストレッチの中間左寄り。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。マイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。







2015-02-28 09:46 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/22日曜日の予想

[東京11R フェブラリーS ダ1600]

過去5年の平均ラップ
12.3-11.0-11.7-12.1-12.2-12.1-11.8-12.2
前後半3F  35.1-36.1 前半1000m 59.4

◎コパノリッキー
○ベストウォーリア
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ワイドバッハ
△インカンテーション
△キョウワダッフィー

スタート地点は2コーナー奥の芝コースでスタートから芝の切れ目までの距離が外枠が約30m長いことから、一般的には外枠有利と言われている。最初の3コーナーまでの距離は640mで3~4コーナーはほぼ平坦、最後の直線501.6mは日本
のダートコース最長を誇る。前半から持続してスピードが要求され、基本的には逃げ先行有利だがクラスが上がるほど差し追い込みが決まる。砂が軽く、上がりも速いので芝からの転戦馬が通用する。

東京ダ1600は素軽さを要求される為、過去の連対馬には芝ダート兼用型の馬が多く見られます。例年のフェブラリーSは前半~中盤で息の入らない厳しいラップを踏み、上がり3Fは消耗戦になることが多いのですが、昨年は1000m60.6という超スローで、前に居ないと勝負にならないレースでした。今年も坦々とした流れからの上がり勝負が濃厚な雰囲気です。

◎コパノリッキー
コーリンベリーに行かせて2~3番手に付けれ、昨年同様なスローとなれば絶好の展開利が見込めます。前走の東海Sはスローな展開で楽勝でしたが、最後の直線に急坂のあるタフなコースよりも、軽い東京のダートのうほうが末脚を生かせます。ホッコータルマエ、エアハリファが居ないここは、楽勝してもおかしくないと見ています。

○ベストウォーリア
オープン、GⅢでは強いものの、GⅠでは一枚足りない印象ですが、エアハリファも物差しとしても、得意の東京であれば、速い上がりのスピード勝負にも対応可能な実績を持っています。位置取りとロスなく運べれば上位争いは充分可能でしょう。


[小倉11R 小倉大賞典 芝1800]

過去4回の平均ラップ
12.4-11.3-12.1-11.9-11.5-11.5-11.6-11.7-12.0
前後半3F 35.8-35.2 前半1000m 59.2

◎ヒットザターゲット
○こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
▲ラングレー
△キャトルフィーユ
△レッドレイヴン
△コスモソーンパーク

スタート地点は正面スタンド真ん中やや右。最初の1コーナーまでの距離は272mで1~2コーナーは下り坂。2コーナーが最頂部で3~4コーナーは下り坂となり最後の直線は293m。スタートしてから1コーナーまでの距離が短いので先行激化してペースが速くなることもあるが、平均すると前後半3Fはイーブンのラップになる。馬場が良い開催前半は内枠の先行馬が有利だが内側が荒れ始める中盤~後半は差し追い込み馬が台頭する。

過去の平均ラップからも分かるように、3ハロン目以降11秒台の緩急のないラップで推移します。小回りの直線平坦コースで道中緩みのないラップのレース、もしくは4~5ハロンのロングスパート戦に実績のある馬が狙い目になります。

◎ヒットザターゲット
一昨年の勝ち馬で、京都外回りのロングスパート戦を得意としています。上がりが速いとキレ負けしてしまうので、動き出しの速い厳しいラップになればなる程持ち味が生きるタイプですので、マクリタイプが多い今回のメンバーは展開利が見込めそうです。







2015-02-22 01:34 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/21土曜日の予想

京都11R 斑鳩S 芝1400

過去5年の平均ラップ
12.5-11.3-11.7-11.7-11.6-11.2-11.8
前後半3F 35.5-34.6 前半1000m 58.7

◎エイシンペペラッツ
○エイシンスパルタン
▲ダンスディレクター
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ワールンガ

スタート地点は2コーナー出口付近で最初のコーナーまでは500mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。ペースの読みがポイントとなるコースだが、データからは下級条件では上がりが速くクラスが上がる程前半が速くなり上がりの時計がかかるので、差し馬の台頭も多くなる。







2015-02-21 09:13 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/15日曜日の予想

[東京11R 共同通信杯 芝1800]

過去5年の平均ラップ
13.0-11.5-12.2-12.5-12.5-12.3-11.2-11.1-11.6
前後半3F  36.6-33.9 前半1000m 61.6

◎ドゥラメンテ
○アンビシャス
▲アヴニールマルシェ
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△リアルスティール

スタート地点は1~2コーナーにあるポケットでコースを斜めに横切り向こう正面に合流するという特殊な形態。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

3歳牡馬クラシックの重賞レースの中では、最もスローの上がりの速いレースで、平均上がり3F33.9は異常とも言えるラップです。特に残り4F~3Fでの1秒ものラップ差は、速い上がりを持ち合わせる馬でも急加速力を持っていないと一気に置かれてしまいますし、ポジションも中段より後ろでは届かないレースです。

◎ドゥラメンテ
2戦目のレース上がり11.9-11.0-11.1はラストが失速しない優秀なラップで、ペースが流れた前走のラスト3F~2Fの12.5~11.2の急加速で一気に突き放した末脚は、現時点ではダービー馬候補一番手と評価しています。スタートの悪さを二の脚の速さでカバーし前目の位置に付けている現状の改善と、今回の中1週のローテが今後に与える影響は少し心配です。

○アンビシャス
マイルで2戦2勝ですが、前走の千両賞は前半3F37.4、1000m62.8のスローで上がり最速のラップをマークしたもので、中距離レースへの対応は充分と言えます。緩い馬場でしたの上がりは少し時計を要しましたが、ヨーイドンの急加速力の高さを見せたレースでした。


[京都11R 京都記念 芝2200]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.5-12.7-12.7-12.3-12.6-12.6-12.0-11.7-11.3-11.7
前後半3F 37.0-34.7 前半1000m 62.0

◎ハープスター
○キズナ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△トウシンモンステラ

スタート地点は正面スタンド前直線入り口付近。最初のコーナーまでの距離は400m。1~2コーナーは平坦で向こう正面は500mあり、半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。最初のコーナーまでは距離があるのでゆったりスタートして、ペースは上がらない。勝負は3コーナー坂の下りからのロングスパートで、上がり4ハロンの脚が求められる。

◎ハープスター
スローの上がりの競馬が濃厚でキズナが骨折明けということもあり、この馬に分があると見ています。この馬は超一線級ではトップスピードの持続力で劣ってしまうのではないかと感じていますので、坂の下りを利用して加速出来る京都外回りで、しかも牝馬には有利なスローとなればこちらではないでしょうか。







2015-02-15 10:39 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/14土曜日の予想

東京11R クイーンC 芝1600

過去5年の平均ラップ
12.5-11.3-11.9-12.5-12.5-11.5-11.2-11.9
前後半3F 35.7-34.7 前半1000m 60.7

◎ロッカフラベイビー
○キャットコイン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ロカ
△ミッキークイーン

スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくなく、特に安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。








2015-02-14 03:02 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/8日曜日の予想

[東京11R 東京新聞杯 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-10.9-11.6-11.8-11.8-11.2-11.3-11.7
前後半3F  34.9-34.2 前半1000m 58.4

◎エキストラエンド
○シャイニープリンス
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ヴァンセンヌ
△フルーキー
△タガノグランパ

スタート地点は向こう正面右奥で最初の3コーナーまでの距離は542mある。3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくなく、特に安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。

このレースは第1回開催のみに使用されるDコースで、Aコース時よりも仮柵を9mも移動した位置となり、4コーナーで大外をブン回していては、到底届かないコースです。メンバー的にもハイペースになりそうな要素は少なく、先行集団で内でじっとしていて、抜け出すのが理想でしょう。

◎エキストラエンド
昨年の京都金杯以来、マイルを中心に使われてきましたが、ゲート難が解消され、成績が安定してきました。長く良い脚を使えますが、要は位置取り次第ですので、鞍上はプラス材料です。唯一の57キロですが、このメンバーなら一枚上と見ています。


[京都11R きさらぎ賞 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.4-11.7-12.4-12.6-12.1-11.6-11.4-11.9
前後半3F 35.9-35.0 前半1000m 60.9

◎ポルトドートウィユ
○こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
▲ルージュバック
△アッシュゴールド

スタート地点は2コーナー奥のポケット。3コーナーまでの距離は約900m。向正面半ばからは徐々に坂を上り、3コーナーのところで頂上を迎える。そして4コーナーにかけて下り最後の直線は平坦で、404m。スタートから最初のコーナーまでが長くゆったりと流れ、4コーナー手前から坂の下りを利用して一気にペースがあがる。直線は速い上がりが必要な瞬発力勝負となる。

例年頭数が揃わない為、スローの上がり勝負になりやすいレースです。2回開催よりBコースに替り、外差しも決まるようになってきた馬場ですので、いっそう決め手が必要になってきています。

◎ポルトドートウィユ
ゆったりとした流れから切れる脚を使える馬で、坂の下りでトップスピードに乗せやすい京都外回りは有利。相手関係からは、ルージュバックはコーナーで置かれる面を見せている為、京都替りは不安であること、アッシュゴールドは使える脚は一瞬なので、阪神外回りよりはプラスという程度。よって、信頼度からはこの馬が一番と見ています。







2015-02-08 01:26 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/7土曜日の予想

京都10R エルフィンS 芝1600

過去5年の平均ラップ(重除く)
12.6-11.4-12.0-12.7-12.4-11.7-11.4-11.7
前後半3F 36.0-34.7 前半1000m 61.0

◎アスカビレン
○クルミナル
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△シャルール
△ユキノカトレア

スタート地点は2コーナーのポケットで最初のコーナー(3コーナー)まで700mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。前後半3Fのラップがほぼイーブンになるのが特徴だが、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくなく、結果差し馬の台頭も多くなる。







2015-02-07 03:18 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/1日曜日の予想

[東京11R 根岸S ダ1400]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.3-11.6-12.1-11.9-11.8-12.2
前後半3F  35.4-36.0 前半1000m 59.4

◎レーザーバレット
○エアハリファ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ワイドバッハ
△ロゴタイプ
△サトノタイガー

スタート地点は向こう正面直線右寄り。最初の3コーナー距離は440mでしばらく進んだところで緩やかな上り坂となる。3~4コーナーはほぼ平坦で最後の直線は501.6mで途中緩やかな上り坂がある。東京ダ1400はスタートから最後まで一貫したスピードが要求される。下級条件ではあまりペースが上がらないので逃げ先行有利となるが、オープンクラスではペースが上がり、差し馬の台頭も多くなる。

近年は芝実績馬が多く連対していますが、過去の平均ラップからも分かる通り前後半3Fがイーブンに近いラップになったことが原因であると考えられます。1400にしては前半がそれ程速くならず、中盤の1Fもやや息が入るので、残り3Fは息の長い末脚勝負になる傾向です。

◎レーザーバレット
東京ダート3勝と、2着だった2走前のオープン霜月Sの上がりを高く評価します。息を入れて先に抜け出した勝ち馬には屈しましたが、35.1の上がりを駆使して3着には3馬身差を付けました。手の合った横山典騎手に戻ってから2走続けて好走していますし、斤量56キロもチャンスでしょう。

△ワイドバッハ
時には34秒台の上がりで確実に追い込んできますが、36秒を切ることもあるこのレースの上がりで差し切るには、ある程度ポジションを上げる必要があります。結局展開頼みになってしまう現状ですので、押さえまでとします。

△ロゴタイプ
先行力があり、ワンペースで速い上がりを必要としないラップに適性があるので、この路線への挑戦は悪くないと思いますし、いきなりフェブラリーSではなくこのレースを選んだのも好感が持てます。ただし初ダートで58キロは厳しいのではないかと思います。


[京都11R シルクロードS 芝1200]

過去5年の平均ラップ
12.3-11.1-11.1-11.0-11.0-11.6
前後半3F 34.5-33.6 前半1000m 56.5

◎エイシンブルズアイ
○こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
▲ルナフォンターナ
△サドンストーム
△ベルカント
△アンバルブライベン

スタート地点は向正面直線半ば付近。3コーナーにかけていきなり上り坂になっており、3~4コーナーは内回りコースを使用。3コーナー入り口付近にある坂の頂上からは下り坂で、一気に駆け下りることになる。最後の直線は平坦で、直線距離328mと中央場所の中で中山に次いで短い。前後半3Fのラップ差が少なく、上がりが大きく失速しないのが特徴。

◎エイシンブルズアイ
毎年、淀単距離S組が上位人気に押される場合はメンバーが低調であると言えますが、昨年はストレイトガールがこのレース以降スプリント路線の主役となりました。この馬も、その素質があると期待出来る一頭です。3歳春はマイルを中心に使われていたので、1200ならば上がりの速い京都であれば対応出来る可能性があったのですが、前走は2番手で追走出来たのは収獲でした。







2015-02-01 10:09 : レース予想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-