1/31土曜日の予想

[東京11R 白富士S 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.7-12.0-12.2-12.3-12.2-12.0-11.5-11.5-11.9
前後半3F 36.5-34.9 前半1000m 61.0

◎エックスマーク
○スーパームーン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△クランモンタナ
△タニノエポレット

スタート地点は1コーナー奥のポケットで100m進んだところで大きなカーブがある為、多頭数の外枠、特に先行馬は距離ロスがあり不利。向こう正面は450mあり3コーナー手前で緩い上り坂、3~4コーナーにかけては下り坂になっている。
最後の直線は525.9mで途中高低差2.1mのなだらかな上り坂がある。下級条件では中盤が大きく緩む為、逃げ先行馬には注意が必要。天皇賞等クラスが上がると中盤が緩まなくなるので、最後はバテないスピードの持続力が問われる。ダンスインザダークやシンボリクリスエスといったズブい言われる種牡馬が成績が良いのはその為。







2015-01-31 09:01 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/25日曜日の予想

[中山11R アメリカジョッキーC 芝2200]

過去5年の平均ラップ(不良除く)
12.5-11.5-12.7-12.2-12.3-12.4-12.1-12.1-12.0-11.5-12.3
前後半3F  36.7-35.7 前半1000m 61.2

◎フェイムゲーム
○ゴールドシップ
▲クリールカイザー
△ダークシャドウ
△エアソミュール

1800、2000と違って外回りコースを使用する。前半3Fは36秒台とそれほど速くないが、中盤は外回りコースの形態上直線距離が少ないので、おのずとペースは上がる。最後は4コーナー手前からのマクリ勝負になり、前団に取り付いてないと厳しい。適性は2500と同様と考えて良い。

このレースは前半~中盤までは、ゆったりとしたスローな流れで、残り5Fから11秒後半~12秒前半のラップで一気に動き出す特徴があります。残り5F地点でかなり良い位置に居ないと、速い流れの中でのマクリを強いられ、脚を使わされてしまう為、ポジションが重要な要素であると言えます。

◎フェイムゲーム
昨年は3着でしたが、窮屈な位置から最後の伸びは勝ち馬と遜色ないものでした。それから1年、G1出走を経て力を付けてきました。この馬の場合、内を突いて来るのは確実で、道中いかにしてロスなく回れるかがポイントだと思います。有馬記念を除外されて2カ月以上間隔が空いてしまいましたが、その分乗り込みは相当数消化していますので、その点は心配なさそうです。

○ゴールドシップ
力は今更説明不要でしょうし、58キロも問題はないでしょう。ただし、今の中山は例年に比べて馬場が良いのと、出遅れて位置取りを改善出来ないままだと、マクリで脚を使わされてしまう恐れがあるので、岩田騎手の手腕にかかっていると思います。


[中京11R 東海S ダ1800]

過去2年の平均ラップ
12.6-11.1-12.4-12.2-12.2-12.3-12.9-12.4-12.9
前後半3F 36.1-38.1 前半1000m 60.4

◎ナムラビクター
○ソロル
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△コパノリッキー
△インカンテーション
△ランウェイワルツ

スタート地点はホームストレッチの真ん中より左寄りで、上り坂の途中がスタート地点となる。1~2コーナーはほぼ平坦。向正面直線に入り、しばらくは緩い上り坂。残り980m地点から緩やかな下り坂に入る。3~4コーナー部分はすべて下り坂で、最後の直線へ。ゴール手前380m地点より220m地点にかけては高低差1.8mの急な上り坂で中山競馬場ダートコースに次いで傾斜がきつい坂が設けられている。ラスト220mはほぼ平坦。最後の直線距離は410.7m。東京競馬場に次いで二番目の長さとなった。

馬場改修後の中京ダ1800で行われた2度の東海Sは何れも1000m60秒強のペースながら、上がり3Fは37~38秒台とタフなレースになりました。これは直線の坂が影響しているもので、適性としては左回りの中山ダートというイメージに近いものです。ただし直線は長いので、脚を貯めた差し馬の台頭は充分可能なコースです。

◎ナムラビクター
チャンピオンズCでは期待に応えてくれました。阪神、中山ではほぼ崩れない安定感があるのに対して、東京、京都や不良馬場では1枚足りないという典型的なパワータイプで、直線に坂のあるコースでバテない力強さが持ち味です。他馬と同等の56キロも魅力だと思います。

○ソロル
近走は上がりの速いレースで惨敗が続いているため人気を落としていますが、直線に坂があって上がりの掛かる中山では実績のある馬です。間隔が少し空いていますが、冬場のダートに実績があるのは良い材料です。







2015-01-25 10:45 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/24土曜日の予想

[京都11R 京都牝馬S 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.2-11.8-12.2-11.9-11.6-11.3-11.6
前後半3F 35.7-34.5 前半1000m 59.8

◎ダンスアミーガ
○ウリウリ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ベルルミエール
△アロマティコ

スタート地点は2コーナーのポケットで最初のコーナー(3コーナー)まで700mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。前後半3Fのラップがほぼイーブンになるのが特徴だが、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくなく、結果差し馬の台頭も多くなる。

このレースは過去の傾向から前後半3Fのラップだけを見れば、上がりに特化したレースですが、残り5F目から11秒台の一貫したラップになることも多く、結果差し馬が多く連対しています。今の京都の馬場は相変わらず内先行有利ではありますが、このレースは差し馬から狙っていきたいと思います。

◎ダンスアミーガ
新潟のマイルで実績があるように11秒台の持続ラップを得意とし、そこからギアを上げての決め手も兼ね備えています。前走のポートアイランドSは直線だけの上がり勝負に屈しましたが、それでも0.2差ですから悲観する内容ではありません。オープンで負けているのに1キロ重くなって53キロは少し気がかりではありますが、他馬との比較では妥当な斤量かと思います。







2015-01-24 09:10 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/18日曜日の予想

[中山11R 京成杯 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.0-12.7-12.1-12.8-12.4-12.3-12.0-11.8-12.0
前後半3F 36.2-35.9 前半1000m 61.1

◎クラージュシチー
○ソールインパクト
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△クルーガー
△ブラックバゴ
△タケルラムセス

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた直線入口付近。最初の1コーナーまでの距離は約405m。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

このレースの特徴は中盤が大きく緩み、そこから徐々に加速し始め、コーナーを含めた3ハロンの上がり勝負になることです。今年の中山は例年に比べ馬場状態が良いので、いっそう上がりに特化した馬が有利になりそうです。

◎クラージュシチー
2戦目の未勝利戦で大マクリから2着に10馬身差を付けて話題になったものの、東スポ杯ではトップスピードの持続力勝負では1枚足らないところを見せてしまいました。トップスピードが要求されない、かつ直線入り口先頭でも押し切れる中山コースならば、この馬の持ち味を発揮出来ると思います。

○ソールインパクト
ホープフルSでは最後良い脚を使いながら、コーナーの立ち上がりから加速するのに時間が掛かってしまう面が出てしまいました。内回り向きではないものの、今の中山の馬場なら直線だけで勝負出来る決め手を持っています。

FC2 Blog Ranking
半信半疑ながら馬券的には非常に魅力的です。前走は中盤4Fのラップ12.5-13.2-12.1-12.1で、置かれてしまう程ズブさを見せ、直線だけで勝負を決めましたが、GⅢながら中盤以降急加速にならないレースですので、マクリが可能ではないかと期待しています。


[京都11R 日経新春杯 芝2400]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.0-11.2-12.4-12.5-12.5-12.5-12.7-12.0-11.7-11.6-11.8
前後半3F 34.9-35.1 前半1000m 59.7

◎サトノノブレス
○タマモベストプレイ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△フーラブライト
△トウシンモンステラ
△コウエイオトメ

4コーナーの引き込み地点からのスタート。第1コーナーまでの直線距離は約600mあり一周する。コーナーまでの距離が十分あるため枠順に左右されることはなく、前半中盤はゆったりと流れ3コーナー坂の頂上から下り坂を利用して一気にペースは速くなり、最後の直線も404mあることから速い上がりが要求される。








2015-01-18 00:23 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/17土曜日の予想

[中山11R ニューイヤーS 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.1-11.2-11.3-11.6-11.8-11.6-12.1
前後半3F 34.7-35.4 前半1000m 57.6

◎ウインマーレライ
○マイネルディアベル
▲コスモソーンパーク
△サトノギャラント
△ペイシャフェリス
△レオアクティブ

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。マイラーよりもスプリント寄りの馬のほうが狙い目。








2015-01-17 09:13 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/12月曜日の予想

[中山11R フェアリーS 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.2-11.5-11.7-12.1-12.1-11.7-12.3
前後半3F 35.1-36.1 前半1000m 58.9

◎テンダリーヴォイス
○カービングパス
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△コートシャルマン
△ギンザヴィクトリア
△エヴァンジル

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。マイラーよりもスプリント寄りの馬のほうが狙い目。

昨年の秋開催が無く、部分的に芝を貼り替えられた中山の芝は例年になく良い状態です。牝馬限定にしては淀みなく流れる傾向のこのレースですが、今年はペースが落ち着きそうで、上がりの速い競馬になるのではと思っています。

◎テンダリーヴォイス
最内枠で馬場が良く、上がりの速いレースになればこの馬が浮上します。今回多数出走する赤松賞では最先着していますが、その内容は内で恵まれたのは間違いありませんが、充分に脚を貯めてしっかりと速い上がりを使ったものでした。トップスピード勝負には分がありますので、内で包まれないよう願うのみです。

○カービングパス
赤松賞ではレースラップ11.2の残り2F目で一気に差を詰めていますので、この馬も速い上がりに対応出来る末脚を持っています。最後脚が上がってしまったように脚の使い処が少し早かった印象でしたが力は見せました。如何にロスなく回ってこれるかが鍵となりそうです。

△コートシャルマン
阪神JFの敗因は距離なのかも知れませんが、上がりの最速地点で置かれてしまったのは間違いありません。現状では上がり勝負向きではなく、前掛かりで上がりの掛かるレース向きと見ていますので、ハイペースになった時の押さえという評価です。



[中山9R 頌春賞 ダ1200]

過去5年の平均ラップ(2013年以前は初春賞)
12.0-10.6-11.5-12.2-12.2-12.8
前後半3F 34.1-37.2 前半1000m 58.5

◎デルマヌラリヒョン
○ヴァーノン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△スズヨストラ
△ウインプロスパー
△コーリンギデオン

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。







2015-01-12 00:02 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/11日曜日の予想

[京都11R シンザン記念 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.3-11.2-11.6-12.2-11.8-11.7-11.5-11.9
前後半3F 35.1-35.1 前半1000m 59.1

◎サトノフラム
○グァンチャーレ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ダッシングブレイズ
△レンイングランド

スタート地点は2コーナーのポケットで最初のコーナー(3コーナー)まで700mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。前後半3Fのラップがほぼイーブンになるのが特徴だが、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくなく、結果差し馬の台頭も多くなる。

これという馬が少なく、予想の難しいレースになりました。このレースは例年ペースが落ち着きやすく逃げ先行馬に有利なレースで、速い上がりはあまり必要がない傾向です。過去3年の最速上がり馬の着順は以下の通りです。
2014 タガノグランパ 3着
2013 アットウィル 6着
2012 オリービン 7着
相変わらず内有利な馬場ですので、前目で立ち回れて速い上がりの出せる馬が理想です。

◎サトノフラム
2戦目は初めての速いペースで追走に苦労し、前走はスローペースに行きたがる面を見せ、ちぐはぐな競馬になってしまいました。レンイングランド、メイショウマサカゼが引っ張り前半3F35秒前半の流れになれば、番手で追走出来そうですので、この馬に恵まれた展開になると思います。

○グァンチャーレ
出遅れて後方からの競馬を強いられるため、中京、小倉のような上がりの掛かるコースでは最速上がりをマークしていましたが(減量騎手の恩恵があったかも)東京ではキレ負けしてしまいます。それでも東スポ杯は直線前が壁になり、追い出したのは残り100m程度で勝ち馬から0.3差ですから、出遅れさえなければあっさりかも知れません。



[京都10R 羅生門S ダ1400]

過去5年の平均ラップ
12.2-11.1-11.7-12.1-12.0-12.0-12.6
前後半3F 35.1-36.6 前半1000m 59.2

◎ワンダーコロアール
○タガノトネール
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△サクセスフェイト
△メイショウツレヅレ
△オメガセニョリータ

スタート地点は2コーナーのポケットで、200m程芝を走り最初のコーナーまで600mあるのででスピードが付きやすい。芝と同様に向こう正面半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂点を迎え、坂を下りながら4コーナーを回る。最後の直線は平坦で329mで、隊列が変わらずそのままの順位でなだれ込むことも少なくない。クラスによって中盤のラップ差はほとんどないが、オープンクラスは上がりの速さに差がある。








2015-01-11 09:43 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/10土曜日の予想

[京都11R 寿ステークス 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.1-12.7-12.3-12.1-12.4-11.9-11.6-11.5-11.9
前後半3F 36.2-35.0 前半1000m 60.6

◎アドマイヤスピカ
○こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
▲ピオネロ
△マテンロウボス

コーナーを4回廻る内回りコース。スタンド前直線の半ばカラスタートして最初のコーナーまでは300m。ゆったりとしたコース形態から前中盤とスローになりやすく、最後の直線は328mしかなく平坦な為逃げ先行馬が有利。差し馬は4コーナー手前から仕掛けられる器用さが求められる。小回りローカルでの適性が必要。








2015-01-10 09:02 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/5月曜日の予想

[中山11R ジャニュアリーS ダ1200]

過去5年の平均ラップ
11.9-10.5-11.2-11.9-11.0-12.7
前後半3F 33.6-36.6 前半1000m 57.6

◎タイセイファントム
○ミヤジエルビス
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ダッシャーワン
△サクラインザスカイ
△ブルーストーン

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。

このコースは日本一ラストの失速が大きく、追い込みが効くコースだと思っていますが、最近はオープン、準オープンクラスでも、前半3F34秒を超えることが多くなってきた気がします。このレースの顔ぶれからもスローが濃厚で、東京や京都の速い上がりで実績のある馬が台頭する可能性が高いと見ています。

◎タイセイファントム
昨年の同レースは4着で、同コースのオープン千葉S勝ちの実績馬です。カペラSは前半3F33.3から後続に5馬身差を付けて逃げ切ったダノンレジェンドのビッグパフォーマンスでしたが、直線早めに追いかけていって後続に飲み込まれたもので、仕方のない内容でした。カペラS組の上位人気馬よりは前目で競馬が出来そうで展開的に優位でしょうし、人気程の差はないと思っています。








2015-01-05 00:28 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

1/4日曜日の予想

明けましておめでとうございます。
本年も当ブログを、どうぞよろしくお願いします。

[京都11R 京都金杯 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.3-10.9-11.5-12.0-11.6-11.7-11.4-11.9
前後半3F 34.7-34.9 前半1000m 58.3

◎ウインフルブルーム
○フルーキー
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△エキストラエンド
△シェルビー
△マイネルメリエンダ

スタート地点は2コーナーのポケットで最初のコーナー(3コーナー)まで700mあり、向こう正面半ばから徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。前後半3Fのラップがほぼイーブンになるのが特徴だが、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくなく、結果差し馬の台頭も多くなる。

昨年は1000m58.1という厳しい流れとなりましたが、シルポートが外枠から先手を奪った2012年を除けば概ね、後半3Fが前半3Fよりも速くなる傾向です。今年はウインフルブルーム、ホウライアキコという隊列ですんなり決まりそうなメンバーと枠順ですので、外を回って差して来る追い込み勢の出番はないのではないかと考えています。

◎ウインフルブルーム
前走は阪神1800で惨敗している為、人気を落としていますが、阪神の外回りから開幕週の京都に代わり確実にプラスが見込める今回は絶好の狙い目だと思います。カシオペアSを逃げ切っているように、ラスト1Fが大きく失速しない京都コースはこの馬にとってベストな条件であり、内有利な馬場も大きなアドバンテージですし55キロのハンデも手ごろです。

○フルーキー
前走は阪神1800で早めに追い出した為ラストで失速しましたが、立ち回りも上手な馬ですので京都のマイルに代わるのはプラスでしょう。元々無茶な選択だった菊花賞でも能力の片鱗を見せていましたので、重賞を勝つのも時間の問題だと思います。

消しグランデッツァ
京都外回りでの適性の高さは証明済みですが、東京ではもろさを見せてしまったようにトップスピードの持続力勝負やスローの上がり勝負では分が悪いです。ハイペースからの上がりのかかる展開で持ち味を発揮するタイプですので、ペースが落ち着けば一気にハナを奪って押し切る競馬が理想なのかも知れませんが、何れにしてもインぴったりを追走することが条件になってしまいます。今回はハンデと人気から買いづらく、思い切って消しとします。


[中山11R 中山金杯 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.3-11.0-12.9-12.1-12.6-11.9-11.8-11.8-11.6-12.0
前後半3F 36.2-35.4 前半1000m 60.8

◎メイショウナルト
○ラブイズブーシェ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△ラブリーデイ
△ロゴタイプ
△デウスウルト

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた直線入口付近。最初の1コーナーまでの距離は約405m。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

このレースは毎年中盤がゆったりと流れ、このコースでの重賞にしては上がりの速いレースになる傾向なのですが、今年は逃げ先行馬が多く集まり、言い換えれば決め手を持った馬が少ない為、たとえ前半がスローで流れたとしても、中盤以降早めに動き出す厳しい流れになるのではないかと考えています。

◎メイショウナルト
あまりにも人気がないので思わず食指が動いてしまいますが、ヒュウマ、マイネルミラノが行ってくれる展開では、直後の番手でじっとして居られる位置で競馬が出来そうです。ここ4走は逃げていますが、逃げなくてもじっくり構えられ、上がりがかかれば、しぶとく粘れるタイプですので、期待出来そうです。








2015-01-04 10:19 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-