8/31日曜日の予想

[新潟11R 新潟2歳S 芝1600]

過去5回の平均ラップ
12.7-10.8-12.0-12.3-12.4-11.5-10.7-11.7
前後半3F 35.5-33.9 前半1000m 58.6

◎ミュゼスルタン
○アヴニールマルシェ
▲ブリクスト
△ナヴィオン
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△ディアコンチェルト

スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。Aコース時は先行差し馬が有利だがBコース時は差し馬が圧倒的に有利。

2歳重賞ということもあり、古馬の同コースよりも中盤はゆったりと流れ、直線だけの3ハロンの上がり勝負となり易いレースです。特にラスト2ハロン目は一気にギヤチェンジを要しトップスピードとなり、ラスト1ハロンは失速するという特徴を持っていて、この失速が追い込みが利く要因となっています。

◎ミュゼスルタン
同コースのデビュー戦では前半スローの上がり勝負のレースになりましたが、内を回ったこともあって、残り300mで先頭に立ちラスト1ハロンは手綱を緩めて11.2という上がりを見せました。レースラップ10.7の残り2ハロン目で先頭に立ち、あまり失速せずに押し切った持続力は素質を感じさせます。今回も内目の枠ですので同じようなレースをしたいところですが、ペースがやや速くなる流れでポジションが取れるかどうかが試金石になりそうです。


[札幌11R キーンランドC 芝1200]

過去5回の平均ラップ
12.0-10.5-11.1-11.5-11.4-11.7
前後半3F 33.6-34.6 前半1000m 56.5

◎レッドオーヴァル
○こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
▲スノードラゴン
△スマートオリオン
△ローブティサージュ

スタート地点は2コーナー左奥のポケットで最初のコーナーまでの距離は約400mある。札幌競馬場の芝コースは高低差がほとんどなく、全周にわたりほぼ平坦。また、コース全体が丸みを帯びており、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴がある。最後の直線距離はAコース時が266.1m、Bコース時が267.6m、Cコース時が269.1m。

フォーエバーマークが大外枠に入り、内にはフクノドリームで前半はかなり早い流れになりそうです。先週からのCコース変わりで内有利も、オーバーペースとなれば加速の付きやすい緩やかなコーナーだけに、追い込み勢が押し寄せる展開も充分考えられます。

◎レッドオーヴァル
3歳時から上がりの時計を要する展開と前掛りラップに適正を見せていましたので、この厩舎だけにスプリント路線への移行は至って自然な流れなのでしょう。前走は準オープンでしたが、4コーナーで外を回るロスが有りながらの快勝でしたので、評価出来る内容でした。桜花賞2着馬も現状からは少し人気になり過ぎの感もありますが、スノードラゴンやサンカルロ等の実績のある追い込み勢にとっては少し上がりが速いと見ていますので、出来ればそれらの前に付けたいとこれでしょう。








2014-08-31 01:01 : レース予想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

8/30土曜日の予想

[札幌11R HTB賞 芝1800]

過去4回の平均ラップ(同時期同条件特別)
12.7-11.7-12.4-12.4-12.4-12.0-11.7-11.7-12.0
前後半3F 36.8-35.3 前半1000m 61.6

◎ショウナンバーキン
○インナーアージ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ツクバアズマオー

芝は洋芝で全周にわたりほぼ平坦なコースで、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴がある。スタート地点は正面スタンド前で最初のコーナーまでの距離は約180m。最後の直線距離は約267m。1コーナーまでの距離が短いため、最初の1ハロンのペースはやや速い。ペースが落ち着くのはその後の向正面の直線だが極端には緩まずに一定のペースで流れることが多く上がりの競馬にはあまりならない。脚質的には逃げ~先行馬が有利で特に開催前半は逃げ馬天国となりやすい。








2014-08-30 08:34 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/24日曜日の予想

[札幌11R 札幌記念 芝2000]

過去5回の平均ラップ
12.6-10.9-11.7-12.2-12.2-12.4-12.1-12.0-11.6-11.9
前後半3F 35.2-35.5 前半1000m 59.6

◎ゴールドシップ
○トウケイヘイロー
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△ロゴタイプ
△ハープスター

スタート地点は正面スタンド前直線の4コーナー奥ポケット。最初のコーナーまでの距離は約380m。札幌競馬場の芝コースは高低差が0.6mと小さく、全周にわたりほぼ平坦。また、コース全体が丸みを帯びており、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴がある。最後の直線距離は約266m。最初の1コーナーまで距離があることと、1ハロン伸びた分だけ芝1800mよりはペースは落ち着きやすい。スローペースになればその分、一瞬の切れが必要になる。

凱旋門賞の前哨戦にゴールドシップとハープスターの2頭がこのレースを選んで来た為、豪華なメンバーとなりました。札幌は今週からCコースとなり、土曜日も人気薄の逃げ馬が好走していたように、内先行有利な状況と考えて良さそうです。

◎ゴールドシップ
時計の掛る洋芝、加速が必要なコーナーリング、G1と同様の定量戦と良い条件が揃った感が有ります。これで直線の急坂があれば文句の付けようがないのですが。誰が乗ってもスタートで出負けするのですが、宝塚記念では横山典騎手は好位まで押し上げて折り合わせました。この馬は理想はやはり消耗戦ですのでトウケイヘイローに楽をさせない、早めに捕まえる展開に持ち込みたいところでしょう。

△ハープスター
牡古馬と5キロ差の52キロは裸同然と思えますが、問題は時計の掛る洋芝適正と260mそこそこの最後の直線でしょう。キャリア6戦全てで最後の直線が400m以上のコースを選んで来ていますので、位置取りを前にするかコーナーから加速させるか、騎手の戦法と馬の対応力を見てみたいところですが、現時点では適性外の判断です。


[小倉11R TV西日本北九州記念 芝1200]

過去5回の平均ラップ
11.7-10.1-10.6-11.2-11.5-12.1
前後半3F 32.3-34.8 前半1000m 55.0

◎ニンジャ
○バーバラ
▲メイショウイザヨイ
△リトルゲルダ
△エピセアローム
△スギノエンデバー

スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。

このレースの特徴はスタート地点が坂の最頂部から下り坂が続くのと最初のコーナーまでの距離が480mと長いこともあって、とにかく前半は速くなり後半大きく失速するラップになります。今年も速くなりそうなメンバーだけに、前後半で大きく失速するラップで好走実績のある馬を中心に狙いたいレースです。

◎ニンジャ
昨年の上位馬が揃って出走して来ていますが、特徴のあるレースだけにリピーターには注意が必要です。この馬の小倉1200の成績は2-1-0-0と出走回数は少ないものの、自身の全成績からは得意コースと言えるでしょう。前半が速くなると前には行けないタイプですし、外枠ですので無理には行かずじっくり後方からの競馬になると思われますので、鮮やかな差し切りに期待したいです。








2014-08-24 03:59 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/23土曜日の予想

[新潟9R 月岡温泉特別 芝1800]

過去5年の平均ラップ(同時期500万下特別)
12.4-10.9-11.3-12.1-12.4-12.1-11.6-10.7-12.2
前後半3F 34.6-34.6 前半1000m 59.1

◎オーキッドレイ
○チャンピオンルパン
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△タブレットピーシー
△ボーイフレンド

芝外2000mより200m前からスタートするだけで大きな違いはないが、1000万下以下の条件しか番組が組まれていない。
基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。









2014-08-22 22:44 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/17日曜日の予想

[新潟11R 関屋記念 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-10.8-11.7-11.9-11.7-11.3-11.6-11.9
前後半3F 35.0-33.8 前半1000m 58.6

◎クラレント
○こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
▲ダノンシャーク
△サトノギャラント
△ミトラ
△シャイニープリンス

スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。Aコース時は先行差し馬が有利だがBコース時は差し馬が圧倒的に有利。

重~やや重へと回復しつつあった土曜日の馬場でしたが、内が傷んでいる様子もなく、ほぼフラットの状態でしょうか。新潟外回りコースとはいえスタートの1ハロン以降全て11秒台以内のラップを持続し、かつ先行馬も33秒台の上がりを使うレースですから、末脚だけでなんとかなるレースではありません。ある程度先行出来、かつ末脚の持続力のあるタイプが信頼出来ると言えます。

◎クラレント
やはり持ち味は先行力と直線の粘り強さです。トップスピードの持続力に良さがあるタイプだけに、上がり勝負になっては切れ負けする可能性が高いので、淀みなく流れる展開は好都合です。昨年レッドスパーダが2番手から押し切ったように、この馬も11秒台の持続ラップから粘り切る力を持っています。


[小倉10R 西部日刊スポーツ杯 芝1200]

過去4回の平均ラップ
11.9-10.4-10.7-11.2-11.3-12.1
前後半3F 33.0-34.6 前半1000m 55.5

◎ホープタウン
○シンジュボシ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△シンデレラボーイ
△スピアナート

スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。








2014-08-17 01:10 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/16土曜日の予想

[新潟11R 新潟日報賞 芝1400]

過去2年の平均ラップ(12年は長岡S)
12.4-10.4-10.7-11.2-11.7-11.4-12.1
前後半3F 33.4-35.1 前半1000m 56.3

◎ジョーオリオン
○チャーチクワイア
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△マジックタイム
△プランスデトワール
△サマールナ

スタートから3コーナーまでは648mで外回り1600mよりも長い。最後の直線は359mと短く、上がり3Fにコーナーが含まれるのでラップは前掛かりになる。逃げ先行馬が圧倒的に有利で追い込み馬には苦しい。








2014-08-15 22:51 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/10日曜日の予想

[小倉11R 小倉記念 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.1-10.8-11.3-12.2-11.9-11.8-11.9-11.7-11.6-12.1
前後半3F 34.2-35.5 前半1000m 58.4

◎ラストインパクト
○こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
▲メイショウナルト
△ニューダイナスティ
△タムロスカイ
△ローゼンケーニッヒ

スタート地点は4コーナーのポケット部分。最初の1コーナーまでの距離は472mで1~2コーナーは下り坂。2コーナーが最頂部で3~4コーナーは下り坂となり最後の直線は293m。スタートしてから直線距離が長いので先行争いになりにくいが、ペースは1800よりも速くなり易い。向こう正面でペースは落ち着くが3コーナー手前からピッチが上がり、重賞クラスでは残り5F連続で11秒台後半のラップが続くロングスパート勝負になる。基本的には逃げ先行馬が有利だが、紛れが少ないので差し追い込みでも強い馬は来る。

台風の影響で前日発売が中止となっている状況ですが、降雨はあるものの大きくは悪化しなさそうです。このレースの最大の特徴は残り5ハロン目から11秒台後半のラップを刻むロングスパート戦になることですが、メイショウナルトの単騎逃げが濃厚な展開の中で、より早めの動きだしが要求されると思います。

◎ラストインパクト
小倉での実績は2戦2勝で小倉大賞典では1800mながらも、2コーナー11番手から向こう正面でマクって3コーナー先頭からそのまま押し切るという驚きのレースを披露しました。メイショウナルトを早めに捕まえる展開に持ち込みたいでしょうから、スタート後のポジション取りが重要になってくると思います。中盤がゆったりと推移するレースでは上位とは差があるよな現状ですので、ここを狙って来ているという感じが出ています。


[小倉10R メイショウカイドウC 芝1200]

過去5年の平均ラップ(同時期同条件のレース)
11.8-10.2-10.8-11.3-11.4-12.0
前後半3F 32.8-34.7 前半1000m 55.4

◎ラインスピリット
○キンシノキセキ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△シルクバーニッシュ
△アドマイヤクーガー

スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。









2014-08-10 04:42 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/9土曜日の予想

[新潟9R ダリア賞 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.3-10.6-11.6-12.1-12.0-11.6-12.0
前後半3F 34.5-35.6 前半1000m 58.6

◎コウソクコーナー
○スペチアーレ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△クラウンノキミ
△ナイアガラモンロー

スタートから3コーナーまでは648mで外回り1600mよりも長い。最後の直線は359mと短く、上がり3Fにコーナーが含まれるのでラップは前掛かりになる。逃げ先行馬が圧倒的に有利で追い込み馬には苦しい。








2014-08-09 08:28 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/3日曜日の予想

[新潟11R アイビスサマーダッシュ 芝1000]

過去5年の平均ラップ
11.8-10.1-10.6-10.2-11.8
勝ちタイム 54.5

◎リトルゲルダ
○フォーエバーマーク
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△セイコーライコウ
△デュアルスウォード
△アースソニック

日本で唯一の直線だけのコース。このコースの最大の特徴は外枠が圧倒的に有利で、特に開催が進んで内側の馬場が荒れ始めると外側に馬が殺到する。速力のあるスピード馬が好発から押し切るパターンが基本だが、最後の1ハロンが大きく失速するラップ傾向からしっかりとした末脚を持った馬が浮上することも多い。スタートの速いダートからの転戦馬が穴をあけるケースがあるので注意が必要。

開幕週で行われるこのレース。新潟もバーチドレン作業を行い馬場を柔らかくする傾向のようですが、今週は降雨もなく良好な状態で、昨日の閃光特別の勝ち時計も例年通りのものでした。抜けた存在の居ないメンバーだけに昨年のレースを物差しとすると、54.3で3着のフォーエバーマークが1キロ増量ですので54.3~54.5あたりが勝ち時計となりそうです。

◎リトルゲルダ
昨年は3着もハクサンムーン、フォーエバーマークには完敗の着差でした。フォーエバーマークとの差0.6秒を縮められるかですが、シルクロードSでは前が止まらない京都の馬場で最後は良く詰めていたように、力を付けています。本来は最後が失速するラップのレースのほうが良績の多いタイプですので、前半の速い馬が数頭居る展開でレースはし易いと思います。問題は半年ぶりですが、得意のコースで相殺出来ないものかといったところです。


[札幌11R クイーンS 芝1800]

過去3回の平均ラップ
12.4-11.3-12.0-12.2-11.9-11.9-11.8-11.6-12.0
前後半3F 35.7-35.5 前半1000m 59.7

◎ケイアイエレガント
○ディアデラマドレ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△キャトルフィーユ
△アロマティコ

芝は洋芝で全周にわたりほぼ平坦なコースで、コーナーが大回りで直線部分が短いという特徴がある。スタート地点は正面スタンド前で最初のコーナーまでの距離は約180m。最後の直線距離は約267m。1コーナーまでの距離が短いため、最初の1ハロンのペースはやや速い。ペースが落ち着くのはその後の向正面の直線だが極端には緩まずに一定のペースで流れることが多く上がりの競馬にはあまりならない。脚質的には逃げ~先行馬が有利で特に開催前半は逃げ馬天国となりやすい。

◎ケイアイエレガント
1コーナーまでの距離の短いこのコースで最内枠は恵まれました。主導権を握れることは確実で、ゆったりとしたペースに持ち込めるでしょう。上がりの速くならない小回りコースでの成績が断然なのですが、東京でも速い上がりで逃げ切っているように、脚が貯めれればトップスピードでの持続力はかなりのものです。2走前はGⅢ勝ちで別定の同斤量も有利な材料です。









2014-08-03 06:12 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/2土曜日の予想

[新潟11R 佐渡S 芝2000]

過去4回の平均ラップ(2012年以前は天の川S)
12.8-10.9-11.8-11.9-12.5-12.6-12.0-11.4-10.9-12.0
前後半3F 35.5-34.3 前半1000m 59.9

◎こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
○クイーンオリーブ
▲ファントムライト
△トウシンモンステラ
△ブリッジクライム
△ミヤコマンハッタン

日本で唯一の2000mでコーナー2回のコース。スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。前半~中盤のラップにクラスの差はなく、上がりのラップの差に表れる。基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。









2014-08-02 08:02 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター