3/30日曜日の予想

[中京11R 高松宮記念 芝1200]

過去2回の平均ラップ
12.1-10.8-11.6-11.4-11.4-12.1
前後半3F 34.4-34.8 前半1000m57.2

◎ストレイオガール
○サンカルロ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△スマートオリオン
△マヤノリュウジン
△マジンプロスパー

スタート地点は向こう正面直線の真ん中付近。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。前半からペースが速くなりやすいコース形態で、最後の直線が長く急坂があることから先行勢が失速しやすく差し馬が台頭する。クラスに関係なく前掛かりラップになることが多く、差しが決まりやすい。枠順の有利不利は少ない。

昨夜からの雨で中京競馬場の芝は不良スタートになりそうですが、昼前後に一番強く降る予報になっていますので、今日はこのまま回復することはなさそうです。
改装後2度行われたこのレースは何れも前半34秒台のスローで、昨年は34.3-33.8と上がり3Fのほうが速いラップになりました。全場の芝1200m戦の中でも特に中京は逃げ馬が残れないのですが、何故かCBC賞も含めた重賞レースになるとスローになる傾向が多いようです。今年もゲートが超速のハクサンムーンが先手を取るでしょうが、レディオブオペラ、コパノリチャード等、快足馬達が揃っていますので、不良馬場ながらもさすがに昨年のような楽なペースにはならないと思います。

◎ストレイトガール
昨年の函館開催で時計の速かった開幕週から、極悪馬場に変化していった開催後半まで全てで好走し、幅広い対応が出来ましたし、今年に入って京都の上がりの速いレースにも対応して、重賞初制覇を飾りました。脚質から前に付ける競馬になりますので本質的には上がりの速いレース向きなのでしょうが、中京ではスローだったオープン尾張Sを圧勝しています。不安はハイペースになった場合に中京では先行馬まとめて失速という可能性がありますが、この馬より前に居そうな馬を数えると6~7頭はいますので、位置取りは絶好になるかも知れません。

○サンカルロ
前走は上手く内へ突っ込んで久々の重賞連対を果たしましたが、もはや阪神1400でしか走らない印象は否めません。もうこの馬も8歳となり、秋のスプリンターズSは前が止まらない野芝で行われる為か成績が奮いませんので、最後のG1チャンスかも知れません。差し追い込み有利な上がりのかかる流れになり、時計のかかる馬場になりそうなのは、この馬にとって有利な材料です。


[阪神11R 六甲S 芝1600]

過去3回の平均ラップ
12.6-11.0-12.0-12.1-12.1-11.3-11.1-12.5
前後半3F 35.6-34.9 前半1000m59.8

◎フィエロ
○タイキパーシヴァル
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△サトノギャレント
△ヒストリカル
△ウインプリメーラ

スタート地点はバックストレッチの中間左寄り。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。マイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。

◎フィエロ
オープン勝ちのあるサトノギャレントとの比較では、準オープン勝ちまでのこの馬と同斤量はいかにも不利なように感じますが、直線に急坂のある中京での2戦を評価しました。しかもワンペースの1400と超スローで上がり勝負の1600を完勝して、対応幅の広さを感じます。心配は馬場ですが、酷くなりすぎるようだと切れで勝負するタイプだけにマイナスです。

○タイキパーシヴァル
同型はコスモセンサーとタムロスカイくらいでしょうが今回はすんなり先手がとれそうですし、追い込み辛い馬場となれば尚チャンスと見て良いでしょう。オープン昇級後は同型の存在に泣かされ続けていましたので、久々の勝機と言えると思います。







2014-03-30 09:03 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/29土曜日の予想

[阪神11R 毎日杯 芝1800]

過去4回の平均ラップ
12.7-11.4-11.7-12.9-12.6-12.6-11.6-11.2-11.9
前後半3F 35.8-34.7 前半1000m59.9

◎ラングレー
○こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
▲ステファノス
△マイネルフロスト
△アズマシャトル
△パドルウィール

コーナー2回の外回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで600m以上ある。ゆったりとした3~4コーナーを回り、最後の直線は473.6mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。
前半、中盤はゆったりとしたペースになりやすい為、上がりの決め手勝負になりやすい。オープンクラスとなると中盤がハロン12秒前半のラップが続き上がりが少しかかる傾向にある。

一般的には直線が長い外回りコースですので、上がり勝負になりやすいのでしょうが、ポイントは中盤2ハロンのラップにあり、ここが速いと一気にマイルの流れになってしまいます。昨年、一昨年は勝ち馬が上がり最速であったように、差し有利な流れになりました。しかし今年はメンバー的に、速いラップで逃げるタイプの馬は居ませんので、落ち着くのではないかと思います。

◎ラングレー
ディープ×母父Stom Catは昨年の勝ち馬キズナと同じですが、タイプはかけ離れています。この馬は前々で立ち回り、良い脚を長く使うタイプで爆発力はありませんが、スローの流れならアドバンテージがあると思います。東スポ杯で末脚が鈍ったように、速い流れには不安を抱えていますから、今回は恵まれたと言えるかも知れません。

FC2 Blog Ranking
2番手には少々人気薄を狙ってみたいと思います。この馬は5戦中4戦で上がり最速を記録していますが、いまだ1勝馬です。まだ馬が幼く前走のゴール前は、よれてまともに追えない状態でしたが、馬ごみに入れず、直線大外なら末脚の爆発力に期待出来そうです。







2014-03-29 00:49 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/23日曜日の予想

[中山11R フジTVスプリングS 芝1800]

過去4回の平均ラップ
12.6-11.7-12.4-12.3-12.3-12.4-12.2-11.5-12.0
前後半3F 36.7-35.7 前半1000m61.3

◎ベルキャニオン
○クラリティシチー
▲ロサギガンティア
△マイネルアウラート
△ダノンアンビシャス
△ナシノアオバ

スタート地点は正面スタンド中端。最初の1コーナーまでの距離は約405mでスタートして直ぐに急坂が待ち構える。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

昨年こそロゴタイプがここを勝って皐月賞も勝ちましたが、同じ中山コースのトライアルにしては、あまり本番に直結していないのは、皐月賞に比べて前半~中盤がゆったりと流れ、上がり勝負になりやすいからだと思います。今年の中山の芝は例年に比べてかなり緩く、特にAコースで行われている今開催は内側がそうとう傷んできていますので、その辺りも加味して予想することが必要になります。余談ですが関東のトライアルとはいえ、これ程有力関西馬が少ない重賞レースも珍しいですね。

◎ベルキャニオン
兄カミノタサハラとイメージがダブるくらい似た馬で、ディープインパクト産駒らしからぬ中山内回りのコーナーを苦にしないタイプのようです。ホープフルSは4コーナー途中で馬群に詰まってしまいましたが、そこまではグングン加速していました。共同通信杯ではイスラボニータに追い比べで完敗しましたが、短い直線でも素早くトップスピードに到達出来る辺りから、長く良い脚を使わなけらばならない東京よりは中山の方が向いてるのかも知れません。賞金的に微妙なだけに、是非皐月賞に駒を進めてもらいたい1頭です。

○クラリティシチー
前走セントポーリア賞は、内で詰まって手綱を引っ張るロスがありながらクビ差負けでしたから、もったいない取りこぼしでした。確かな末脚を持ちながら勝ちきれないのは、大外を回したり等のレース運びの問題でしょうから、内田騎手への乗り替わり(同日阪神ではゴールドシップが出走)はプラスだと思います。

無印アジアエクスプレス
2歳チャンピオンにして圧倒的な人気ですから、薄い印を打つくらいなら無印のほうが良いと判断しました。ダート2戦で見せた圧倒的強さから、能力は相当高いことに疑いの余地はありませんが、朝日杯を勝てたのは時計が遅かったのと、前半3Fよりも上がり3Fの方が時計がかかる前がかりラップになったこと、つまりダートレースに似たラップになったことだと思います。実質芝レースのラップは未経験と言えると思いますので、スローの上がり勝負になった場合の不安、というよりも、どんなレースをするのか見物です。


[中山10R 韓国馬事会杯 芝1600]

過去3回の平均ラップ
12.4-11.2-11.5-11.8-11.7-11.9-12.0-12.5
前後半3F 35.2-36.3 前半1000m58.7

◎サトノネプチューン
○インプロヴァイズ
▲ミナレット
△オメガホームラン
△メイショウスザンナ
△カフェリュウジン

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。マイラーよりもスプリント寄りの馬のほうが狙い目。

※狙い馬の評価は省略させて頂きます。







2014-03-23 01:36 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/22土曜日の予想

[中京11R 中スポ賞ファルコンS 芝1400]

過去2回の平均ラップ
12.3-11.0-11.6-12.1-12.1-11.9-12.3
前後半3F 34.9-36.2 前半1000m59.0

◎サトノルパン
○タガノブルグ
▲ショウナンアチーヴ
△タガノグランパ
△アルマエルナト
△テーオーソルジャー

スタート地点は向こう正面直線の2コーナー出口付近で最初のコーナーまで直線距離が長い分ペースは落ち着く。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。クラスに関係なく前掛かりラップになることが多く、差しが決まりやすい。内枠が不利というほどではないが、外枠のほうが複勝率が高い。

このレースは中京芝1400の傾向通り、平均ラップにも表れているように差し追い込み馬の台頭が目立ちます。昨年は前半3F34.9で4F目から11秒後半のラップを持続し、ラストは少し失速する流れでした。今年もシゲルカガを筆頭に先行馬が多く出走しますので、昨年のようなペースになるのではないでしょうか。

◎サトノルパン
まだ幼い面が多く見られ、なかなか勝ち上がれませんでしたが、末脚はデビュー戦から見るべきものがありました。使うレースも1戦ごとに試行錯誤を繰り返し、適性を判断し、ここへ出てきた過程に好感が持てます。現状では不器用な為、直線だけで勝負を付けられるコース限定になってしまいますが、致命的な出遅れさえなければ勝ち負け確実だと思います。

○タガノブルグ
2着だったクロッカスSは勝ったマイネルディアベルよりも評価出来る内容で、上がり33.1はレース上がり34.5と失速しない流れの中で良く追い込みました。必然的に上がりの失速する中京芝1400のほうが、期待が持てるということになります。実際中山芝1200で500万特別を勝っているように、上がりが失速するレースのほうが持ち味を発揮出来るタイプですので、ここは適条件と言えると思います。

▲ショウナンアチーヴ
朝日杯の時にも触れましたが、500万特別のからまつ賞は同じコースの京王杯2歳Sよりも優秀な内容でした。上がりのかかる中山芝1200や、ワンペースで走り切り良い脚を長く使わなければならない東京芝1400と対応幅が広いのが、この馬の特徴です。問題は久々と1キロ重い斤量だけです。







2014-03-22 09:21 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/21金曜日の予想

[中山11R フラワーカップ 芝1800]

過去3回の平均ラップ(重除く)
12.4-11.4-12.5-12.8-12.6-12.6-12.1-11.6-11.9
前後半3F 36.6-35.6 前半1000m61.7

◎ショウナンパンドラ
○バウンスシャッセ
▲ニシノアカツキ
△リーサルウェポン
△マイネグレヴィル
△クリスマス

スタート地点は正面スタンド中端。最初の1コーナーまでの距離は約405mでスタートして直ぐに急坂が待ち構える。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

例年桜花賞戦線に乗り遅れた1勝馬が多く、ここを勝ってオークスに矛先を向けるということで低調なメンバーになりがちなレースですが、今年はなかなかのメンバーが揃いました。昨年、一昨年は1000m62~63秒と牝馬の中距離重賞らしいゆったりとした流れになりました。平均ラップを見ても中盤3Fはしっかり緩むので、ある程度決め手を持った馬が有利と言えるレースだと思います。

◎ショウナンパンドラ
前走のエルフィンSはもう少し速く動いていればという内容で痛い取りこぼしをしてしまいました。内回りコースで圧巻のマクリを見せた、2戦目はスタートであおって出遅れてしまい後方待機から、距離ロスを強いられての完勝で強い内容でした。スローでの折り合いも付きますし、動き出しの反応も良いのでスタート以外はジョッキーの意のままに操れる競馬の上手なタイプです。ディープインパクト産駒にしては時計のかかる馬場でも切れ味を生かせる馬なので、決め手勝負になれば浮上してくると思います。

○バウンスシャッセ
前走は牡馬相手の寒竹賞で残り5~4ハロンが速い厳しい流れを4コーナー手前でマクリぎみに押し上げて直線先頭から押し切った強いレースでした。2週後の京成杯も同じような流れでしたので、こちらに出ていても勝ち負けだったのではないかと思います。時計は当てにならないものの、今年行われた中山2000では古馬も含め金杯に次ぐ2番目のタイムです。今の中山の時計のかかる馬場を考えると、この経験が生きてくるのではないでしょうか。しかし昨年のようにスローの上がり勝負になると、決め手のある馬に屈する可能性も否めません。








2014-03-20 22:32 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/16日曜日の予想

[阪神11R フィリーズレヴュー 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.3-10.7-11.5-11.9-11.8-11.9-12.3
前後半3F 34.5-36.1 前半1000m58.3

◎ヤマノフェアリー
○ホッコーサラスター
▲ホウライアキコ
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△リアルヴィーナス
△ダンスアミーガ

コーナー2回の内回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで443m。最後の直線は356.5mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、ラスト1ハロンは大きく失速する。前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダートからの転戦馬がしばしば穴をあける。逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。

過去の平均ラップを見ても明らかなように、前後半3F 34.5-36.1と後半のほうが1.6秒も遅い前かかりラップである為、桜花賞に直結しにくいレースです。スローの上がり勝負に長けた馬ではスピードに戸惑う可能性が高く、ワンペースで走り切れてかつ、最後の直線の急坂で大きく失速するラップを利して、差せるタイプが狙いです。

◎ヤマノフェアリー
デニムアンドルビーの全妹ですが、良い脚を長く使える姉に対して現状では少しタイプが異なる様です。評価したのは2戦目の未勝利戦で京都内回り1600を前半3F34.4、1000m58.7のペースを逃げきり圧勝しています。デビュー戦でも差されたとはいえ、厳しいラップを2番手追走して早目に逃げ馬を捕まえに行ったものです。今回は前に速い馬を行かせ、4~5番手くらいからの競馬になりそうですし、折り合いの気にする必要のないペースでしょうから、本番よりもトライアル向きという意味での狙いになります。

○ホッコーサラスター
上がりのかかる展開での差し脚に、メンバー中一番信頼出来るのはこの馬だと思います。2走前の様に反面上がりが速くなると末脚に限界があるようで、ダートに適性の高いヨハネスブルグ産駒の色が良く出ていると思います。

▲ホウライアキコ
前半33秒台の展開で残して来ている実績はやはり上位でしょう。恐らくベルカントが逃げてくれるでしょうから、速くなり過ぎないという条件付きではあるのと、京都とは違い急坂で大きく失速する阪神では少し評価を下げざるを得ません。



[中山10R 東風S 芝1600]

過去3回の平均ラップ(不良除く)
12.5-11.1-11.1-11.4-11.6-11.8-11.7-12.4
前後半3F 34.7-35.9 前半1000m57.7

◎ケイアイチョウサン
○コウモソーンパーク
▲ミッドサマーフェア
△サワノパンサー
△カオスモス
△シャイニープリンス

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼ
ノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧的に先行有利。マイラーよりもスプリント寄りの馬のほうが狙い目。

◎ケイアイチョウサン
このコースのオープンクラスらしく、速い流れになりそうです。上がりのかかる展開での差し脚が魅力な馬ですが、近走は脚を余しぎみな負け方をしていますので、流れが速くなる距離短縮は良い選択だと思います。再内枠ですので、このジョッキーは恐らく内を差して来ると思いますが、諦めも早い人ですので一本被りは危険な気もします。







2014-03-16 00:53 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/15土曜日の予想

[中京11R 中日新聞杯 芝2000]

過去2回の平均ラップ
12.7-11.2-12.7-12.6-12.4-12.0-11.9-12.1-11.4-12.2
前後半3F 36.5-35.7 前半1000m61.4

◎レッドレイヴン
○エックスマーク
▲アンコイルド
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
△ラキシス
△マーティンボロ

ホームストレッチの中央左寄りの上り坂の途中からスタートして1周する。1~2コーナーのカーブは緩い上り坂で、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。前半から緩いペースになり易い為、先行有利の上がり勝負になることが多い。

これまでコース改装後に行われた同コースのGⅢは愛知杯2回と中日新聞杯2回の計4回で、スローの行った行ったになる牝馬限定の愛知杯と違って混合戦の中日新聞杯はスローながらも残り4Fからのロングスパートになり、差し馬も台頭するレースになっています。過去2回共上がり最速馬が1着になっていますが、着外になった上がり上位馬も見受けられますので、中段から速い上がりを使える馬を上位に取り、先行馬にも警戒というような予想の組み立てが良いと思います。

◎レッドレイヴン
2歳時は強烈な末脚を武器にクラシックの有力馬として注目されましたが、休養して以来適鞍に恵まれず、最近ようやく復調した感がありますが、以前に比べて先行出来るようになったところが格段に成長した部分でしょう。先行出来て本来の持ち味である速い上がりが使えますから、このコースは最適と言えると思います。

○エックスマーク
ステイヤーズSはさすがに無茶な選択で、この馬の持ち味が生きませんでした。ディープインパクト産駒でありながら小回りコースもこなす自在性と器用さを持ち合わせていますし、本来の切れを生かせるコースですので、この馬も当然有力と言えると思います。







2014-03-14 22:15 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/9日曜日の予想

[中山11R 報知杯弥生賞 芝2000]

過去5年の平均ラップ
11.7-11.3-11.4-13.0-13.0-12.8-12.3-12.0-11.5-12.0
前後半3F 36.4-35.6 前半1000m 62.4

◎キングズオブザサン
○トゥザワールド
▲ワンアンドオンリー
△アデイインザライフ
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ

スタート地点は4コーナーを曲がり終えた直線入口付近。最初の1コーナーまでの距離は約405m。1~2コーナーの中間までは上り坂で、その後は内回りコースに入り向正面の直線は平坦。3~4コーナーはスパイラルカーブで緩い下り坂になっていて、最後の直線距離は310mと中央4場の中では最短でなおかつゴール前には高低差2.4mの急坂がある。

トーセンスターダム、イスラボニータが皐月賞直行を表明しましたが、その先のダービーを見据えてのローテーションであることは言うまでもありません。昔で言えば弥生賞-皐月賞は王道路線でしたが、近年はその傾向は薄れつつあります。

◎キングズオブザサン
今の中山の時計の掛かる芝に一番適していると言えます。京成杯は大外をマクリに行って直線先頭に立つ勝ちパターンに持ち込みましたが、中盤緩みのない厳しいラップで動いたもの負けになってしまいました。馬場状態を考えると上位とオッズ程の差はないと思っています。

○トゥザワールド
外回り、内回り、スロー、ハイペースとあらゆる条件や展開に対応して3勝を挙げているのですから現時点での完成度が高いのでしょう。唯一の不安は時計のかかる中山の芝ですが、500キロを超える馬体重ですし、さほど問題ではないでしょう。







2014-03-09 02:39 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/8土曜日の予想

[中山11R 夕刊フジオーシャンS 芝1200]

過去5年の平均ラップ
11.9-10.5-11.0-11.4-11.6-12.5
前後半3F 33.4-35.5 前半1000m56.4

◎アフォード
○こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
▲ハクサンムーン
△スマートオリオン
△スノードラゴン
△アースソニック

スタートからコーナーまでが下り坂で加速がつきやすく最後の直線で急坂となる為、大きく前掛かりのラップになる。前3Fが下級条件では33秒後半~34秒前半となり、逃げ先行馬が有利な流れになりやすいが、オープンクラスでは33秒前半になりやすく逃げ馬は苦戦傾向になる。
ラップバランスが似ていることからダート馬が穴をあけることも。
福島芝1200実績馬に注意。


先週の中山の芝は、雨だった日曜日は別としても土曜日も時計がかかる馬場でした。これは開催のなかった2月に芝の下に空気を送り込むエアレーション作業を実施したものと思われます。週中にも降雨があったようですので、今週も時計のかかる馬場になると思います。

◎アフォード
過去5年の平均ラップから前後半3Fのラップ差は後半が2.1秒も遅いのですが、そんなラップへの適性を示したのがラピスラズリSでした。昨年のオーシャンSも13番人気で5着に来ていますから、力を付けた今なら期待が持てます。反面上がりが速い馬場や、スローの上がり勝負になった展開ではあっさり大敗する馬ですので、注意が必要です。

▲ハクサンムーン
ロードカナロアが引退したこの路線では断トツの存在で、前日売りでは1.3倍の圧倒的人気です。それを何故▲評価に落としたかと言いますと、昨年のスプリンターズS時に詳しく記載しましたが、この馬の好走条件は前後半イーブンか後半の方が速い上がり特化型レースです。スプリンターズSにしても、中山では1年を通じて唯一野芝だけで開催される9月開催でのもので、前半32.9の超速ラップに対して後半は34.3で上がっています。昨年のこのレースでは逃げて9着に敗れていますから、今回も逃げきりは厳しいのではないでしょうか。

△スノードラゴン
近走では中山ダート1200で好成績を挙げていますが、中山ダート1200でも前半3F34秒台とゆったりしたレースに良積が集中しています。ということは中山芝1200のラップにちょうどハマるかも知れないと、恐らく陣営も考えたんだと思います。脚を溜めて直線一気というシーンがあるかも知れません。








2014-03-08 00:42 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/2日曜日の予想

[阪神11R 阪急杯 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.2-10.6-11.2-11.5-11.6-11.6-12.3
前後半3F 34.1-35.5

◎ガルボ
○レッドオーヴァル
▲ダノンシャーク
△サンカルロ
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△サンレイレーザー

コーナー2回の内回りコース。スタート地点は2コーナー出口付近のポケットで最初のコーナーまで443m。最後の直線は356.5mで直線半ばまで下りが続き、残り200m付近で急坂を駆け上がる。前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、ラスト1ハロンは大きく失速する。前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダートからの転戦馬がしばしば穴をあける。逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。

阪神内回り1400は、他場の1400と比べても異質で前がかりラップになります。このレースは古馬の重賞でもあり過去の平均で前後半3Fのラップ差は1.4秒もあります。道中は11秒台前半のラップを刻みながら、徐々に失速していきます。そんな特異なコースですから、過去に好走した経験のあるリピーターが再び好走するケースの多いコースです。
コパノリチャードが先手を取ると思われますが、スワンSのように楽に行かせてはつまらないレースになってしまいますので、他の先行馬達に期待したいのですが、京都1400のように上がりが速いコースではありませんので、何れにしても逃げ馬には厳しいレースになると思います。

◎ガルボ
このコースの重賞阪急杯と阪神Cに6度出走して2着3回、掲示板を外したのも1回だけ(6着)と得意としています。東京新聞杯や京都金杯等でも度々好走していますが、速い上がりを使うタイプではないので、小回りでかつ上がりの掛かるコースが向いているのでしょう。上位人気馬に不安点が多い為、あまりペースに惑わされる事無く臨機応変に立ち回れるこの馬のほうが信頼性は高いと思います。

○レッドオーヴァル
この馬は桜花賞で見せたように、遅い上がりに強い差し馬で、イメージとしてはサンカルロのようなタイプの馬だと思います。オークスで直線バッタリ止まったのも距離の融通性のなさもありますが、良い脚は一瞬というタイプなのだと思います。陣営は色々試行錯誤しているようですが、今回のコースがベストなのではないかと思います。

▲ダノンシャーク
東京新聞杯に登録していましたが、代替となりこちらに回って来ました。このメンバーでは抜けた存在なのですが、3歳春以来となる内回りコースへの対応が鍵となります。そもそも追い込み脚質の為、内回りコースを避けてきたのに何故今更という気がしないでもないですが、前崩れの展開になれば間違いなく浮上するでしょうし、斤量56キロも有利です。


[中山10R ブラッドストーンS ダ1200]

過去5年の平均ラップ
11.9-10.5-11.0-11.9-12.2-13.0
前後半3F 33.3-37.1

◎クロタカ
○こちらから→FC2 Blog Ranking(50位前後)
▲アヴィリティラヴ
△デザートオアシス
△エステーラブ
△フルヒロボーイ

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。
スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。
先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。
東京、京都のダートとはほぼ連動しない。

エクセルシオール、ワールドエンド、フルヒロボーイ、やっとこのコースらしい面白いレースが見られそうです。エクセルシオールは競られなければ、ある程度タメ逃げ出来るのですが、そうは行かないメンバーですので、前半3F33秒台前半~中盤の速いレースになりそうです。

◎クロタカ
コンスタントに上がり最速~2位の末脚を使っていますが、東京では届かないタイプで同コースは3戦して2勝しているように、流れが速くなれば確実に伸びて来ます。馬場が湿ると全体の上がりが速くなってしまう為、良馬場なら尚良いでしょう。








2014-03-01 22:57 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/1土曜日の予想

[中山11R 千葉S ダ1200]

過去2回の平均ラップ(良馬場のみ)
12.0-11.3-11.2-12.3-11.9-12.6
前後半3F 33.5-36.8

◎タイセイファントム
○エーシンレンジャー
▲デュアルスウォード
△ダッシャーワン
△マルカバッケン
△アドマイヤサガス

芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。
スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では群を抜いて大きい。
先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は常に注意が必要。
東京、京都のダートとはほぼ連動しない。

このコースのオープンクラスですので、かなり前がかりラップの激しいレースを期待したいところですが、先行勢の少ない緩いペースが予想されるメンバーです。12月のカペラS、1月のジャニュアリーS共、このコースにしてはスロー決着
でしたので、そんな流れになってしまっているようです。











2014-03-01 00:29 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-