10/27日曜日の予想

[東京11R 天皇賞(秋) 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.2-11.3-11.5-11.7-11.8-11.9-11.5-11.8-11.9
前後半3F 35.0-35.2

◎コディーノ
○ジャスタウェイ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(50-60位)
△ジェンティルドンナ
△トーセンジョーダン
△ヒットザターゲット

スタート後大きなカーブがある為、多頭数の外枠、特に先行馬は距離ロスがあり不利。
下級条件では中盤が大きく緩む為、逃げ先行馬には注意が必要。
天皇賞等クラスが上がると中盤が緩まなくなるので、最後はバテないスピードの持続力が
問われる。ダンスインザダークやシンボリクリスエスといったスピードが足りない種牡馬が
成績が良いのはその為。

土曜日の11R芝1600mの勝ち時計1.38.9は例年より6秒程遅い時計でしたので、馬場がどこまで
回復するかがポイントになりそうですが、本日はやや重からのスタートです。
11Rまでには良まで回復するかも知れませんが、先週からの痛みもあり2~3秒程遅い馬場だと
思って良いと思います。
また、東京競馬場は芝が乾いて行くとホームストレートの内が伸びる傾向にあり、昨日は内ラチ
から2m程明けたところを走らせていたのでダメージを受けていない為、内を突いて伸びる馬が
ポイントになるかも知れません。

天皇賞(秋)はクラス最高峰のレースですからスローの上がり勝負にはなりにくく、上がりは
スピードの持続力勝負になります。
トウケイヘイローがタメ逃げ出来るかがポイントになるでしょうが、馬場も良くないことから
各馬前目に位置取りしたい為、少し速い流れになるのは間違いないでしょう。
昨年は前半3F34.8 1000m57.3と一見ラップはハイペースでしたが、これは逃げたシルポート
のラップで離れた2番手カレンブラックヒル以下はスローと言えるラップでした。
昨年の勝ち馬エイシンフラッシュは後方で脚を溜めて内を突く見事な競馬をしましたが、毎日王冠
の時にも触れたように中盤息が入らないと切れない馬ですから今回人気でもあることから思い切って
無印とします。
トケウケイヘイローにも厳しいラップになると思います。
直線入口では直後にジェンティルドンナが迫っているというような展開になると見ていますので
早目に追って共倒れの危険性も十分考えられます。よってトウケイヘイローも無印とします。
ジェンティルドンナには上がりのかかる消耗戦に不安があります。
時計の速い良馬場なら府中の2000はベストコースですので本命確実なのですが、前述したように
人気も背負っていることから、早目に動くことが考えられ後続に差される危険性があり△止まり
としました。
◎はコディーノです。毎日王冠ではスローミエミエの展開なのに後方待機から大外を回して、最速
上がりタイをマークしたものの0.5秒差7着でした。
この馬は上がり勝負では分が悪いのですが、上がり最速をマーク出来たのは収穫でした。
前後半フラットくらいのラップが合っていますし、消耗戦も対応可能でしょう。
外国人騎手への乗り替わりで、最内枠から先行策で内を突くコース取りの可能性が高いのもプラス
材料です。
○ジャスタウェイは昨年は6着でしたが、前目に動いたので伸びを欠いてしまいました。
流れは一番この馬に向きそうですし、福永騎手に戻ったことで関屋記念のように内を追い込んでくる
かも知れません。
FC2 Blog Rankingは直線をジリジリと伸びてくるタイプ。
ペース次第の位置取りで流れに乗れますし、消耗戦を得意としていますので一発を期待します。


[京都11R カシオペアS 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.7-11.5-11.5-12.0-12.4-12.0-11.5-12.0-12.0
前後半3F 35.7-35.5

◎スピリタス
○アグネスワルツ
▲セイルラージ
△カネトシディオス
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ

京都芝1800はスタートから最初のコーナーまでが長くゆったりと流れ、4コーナー手前から
坂の下りを利用して一気にペースがあがる。直線は速い上がりが必要な瞬発力勝負となる。

スロー濃厚なメンバー構成と少頭数ですが、土曜日の10R八坂Sが参考になります。
同様に少頭数でスローになりましたが、上位の馬は1800~2000の中距離を中心に使われている
馬ばかりで、中盤緩むラップへの対応と上がり勝負への適性が必要になると思います。
人気のセイルラージはマイルで高い実績がありますが、一貫した速い流れから上がりの掛かる
ラップに適していて、スローの上がり勝負ではキレ負けする恐れがあります。
よって、そのそうな流れで末脚がしっかりしているスピリタスを上位としましたが、
にほんブログ村 競馬ブログにも密かに期待しています。





2013-10-27 10:40 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10/2土曜日の予想

[京都11R スワンS 芝外1400]

過去5年の平均ラップ
12.3-10.9-11.4-11.3-11.0-11.5-11.7
前後半3F 34.6-34.3

◎グランプリボス
○ダイワマッジョーレ
▲レッドオーヴァル
△ラトルスネーク
△マジンプロスパー
△こちらから→FC2 Blog Ranking(50~60位)

芝外1600よりスタート地点が200m前になる。ペースの読みがポイントとなるコースですが、
データからは下級条件では上がりが速くクラスが上がる程前半が速くなり上がりの時計がかかるの
で、差し馬の台頭も多くなるものの大きくは失速しない。

台風による木金の降雨で本日は重からの開始になりましたが、雨は上がり除々に回復しそうです。
しかし緩い馬場は確実で、不良でも大きく時計が遅くならなかった先週までの馬場という訳には
行かないと思います。
逃げそうなテイエムオオタカですが、この馬はペースを落としてタメ逃げが出来るタイプなのですが
コパノリチャード、エーシントップが競りかけてきそうでペースはやや速くなりそうです。
馬場も緩いことから、上がりがかかるラップを想定する必要があると思います。

◎グランプリボスは昨年の勝ち馬ですが、前半3F35.2 1000m57.7とこのレースにしてはスロー
な流れで後方から差し切りました。今年は昨年よりもペースが速くなると思われますので、今回の
方がレースはし易いのではないでしょうか。
スプリンターズSでは案外の伸びでしたが、緩急のない一貫した流れの京都外1400なら本来の差し
脚を発揮出来ると思います。
○ダイワマッジョーレは安田記念以来の久々が減点ポイントではありますが、スローでもハイペース
にも対応出来るタイプです。ラストが失速するラップの適性が高いので上がりの速い京都では出番
がないと思っていましたが、今日のような馬場なら実績通りの堅実な走りが期待出来そうです。
▲レッドオーヴァルも同様に上がりが掛かるラップに適した差し馬です。
速い上がりの京都では無印まで考えていましたが、今日の様な馬場と軽量52キロが魅力です。





2013-10-26 10:17 : レース予想 : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

10/20日曜日の予想

[京都11R 菊花賞 芝3000]

過去5年の平均ラップ
13.0-11.9-11.7-12.1-11.6-12.1-13.0-12.9-12.8-12.7-12.8-12.0-11.6-11.9-12.0
前後半3F 36.5-35.6

◎エピファネイア
○こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
▲サトノノブレス
△バンデ
△ユールシンギング
△マジェスティハーツ

スタート地点は向こう正面3コーナー手前で約1週半周る。スタート直後すぐに3コーナーなので内枠
は良いポジションを取ることが出来る為有利。中盤1コーナー手前から向こう正面に向くまでは
ペースが落ちる。3コーナー過ぎの坂の下りから一気にペースアップするのは他の京都外回り
コース同様で、残り4ハロンのロングスパート勝負となる。

以前は3000mと言っても上がり4ハロンの勝負になることが多かったが、近2年はペースが速く速い
時計の決着になっていて、マクリを含む追い込み馬が上位を独占しています。
恐らくバンデが逃げるでしょうが、ネコタイショウ、ナリタパイレーツも前へ行くでしょうから先団だけ
離れる展開になるかも知れませんが、それ程スローにはならないでしょう。
加えて本日は1日雨予報で朝から重芝になっています。週中でも降雨がありましたので、力のいる
馬場は避けられそうになく、ペース次第では消耗戦になるかも知れません。

◎エピファネイアが断然人気ですが、余程掛かって醜いレースをしない限りは順当に勝つでしょう。
掛かり癖が不安視された神戸新聞杯では13.0-13.0と2ハロン続いたスローの区間を掛かること
なく克服しました。
意外と思われるかもしれませんが、菊花賞では過去2年間13秒台の区間はスタートの1ハロン目を
除くと一つもなく、超スローにならない限りはむしろ神戸新聞杯の方がスローになる傾向ですから
折り合いは付くと見ています。
FC2 Blog Rankingは一発大駆け狙いです。
速い上がり勝負にはまったく対応出来ないスピードに欠けるタイプですから、神戸新聞杯の大敗は
当然と言える結果でした。重馬場でペースが速い消耗戦になれば函館2勝の実績と近代競馬では
活躍馬は稀となった母父リアルシャダイが生きてくることに期待します。
▲サトノノブレスは神戸新聞杯では直線入口でエピファネイアより良い位置に居ながら離され、しかも
マジェスティハーツに差されての3着でした。
差されたのは勝ち馬を負かしに行ったもので、エピファネイアに逆転は難しいもののトライアル組で
は一番良い内容でした。新潟でクランモンタナに食い下がったように上がり勝負にも対応出来る末脚
を持っていますが、道悪への対応に不安がある為▲留まりとしました。



[京都9R 北野特別 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.1-12.6-12.4-12.1-12.4-12.0-11.7-11.4-11.9
前後半3F 36.2-35.1

◎プレノタートレインフォール
○マーティンボロ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△プレノタート
△ウイングリート

コーナーを4回廻る内回りコース。ゆったりとしたコース形態から前中盤とスローになりやすく、
最後の直線が短く平坦な為逃げ先行馬が有利。差し馬は4コーナー手前から仕掛けられる器用さが求められる。
小回りローカルでの適性が必要。

少頭数でスロー必至のこのレース、◎レインフォールがタメ逃げを出来ればアッサリも考えられます
が、小回り実績の高い○マーティンボロが人気も手頃で狙って面白そうです。





2013-10-20 10:22 : レース予想 : コメント : 3 : トラックバック : 0 :

10/19土曜日の予想

[東京11R 富士S 芝1600]

過去5年の平均ラップ(重不良除く)
12.2-10.9-11.5-11.7-11.7-11.3-11.4-12.1
前後半3F 34.6-34.8

◎ダノンシャーク
○ガルボ
▲サンレイレーザー
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△エーシンミズーリ
△ブレイズアトレイル

下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く使える馬が狙い目
となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは珍しくなく、特に
安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。

今年のメンバーは確たる逃げ馬不在で前に行きたい馬もまばらなことから、ややスローになるので
はと思っています。
◎ダノンシャークは前走見込まれたトップハンデを2着して力を見せましたが斤量58キロから1キロ
減って57キロで出走出来るのは、このメンバーからはかなり有利です。
加速に時間がかかる為直線の長い東京はプラスですし、位置取りはペース次第のタイプだけに
スローなら前目に付けれることでしょう。軸は固く相手探しのレースと見ます。
相手筆頭は○ガルボです。
昨年の同レースは0.3差の6着でしたが前半3F 34.4 1000m57.4のハイペースを5番手追走し
粘ったと言える内容でしたし、安田記念もハイペースの中、5番手追走0.4差の7着でした。
ゲートも出脚も速くスッと4・5番手に付けて内々を回ってこれる器用さが、コースを問わず度々好走
出来ている最大の要因でしょう。近走GⅢでは58キロを背負わされてますが今回は56キロです。







2013-10-19 08:24 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10/14月曜日の予想

[東京11R 府中牝馬S 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.1-11.6-12.2-12.2-11.9-11.2-11.3-11.8
前後半3F 35.2-34.2

◎アロマティコ
○マイネイサベル
▲ドナウブルー
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△スイートサルサ

前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。
後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。
逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

このレースは一般的な東京芝1800と牝馬限定というイメージよりは前半3Fが速いが中盤は確実に
緩むので、11秒台の持続ラップで好走して来ているマイル適性馬より中距離でしっかりと上がり
を使って好走してきている馬を選びたいところです。
◎アロマティコはほとんどのレースで上がり最速をマークしているにもかかわらず成績が安定せず
ヴィクトリアマイルのように大敗もあります。(0.5差だが)
レースぶりはワンパターンで後方から大外を回すだけですが、近走勝っているレースは全て出走馬
13頭以下のレースです。要するに多頭数では距離ロスで負けているのですから、13頭立ての今回
は当然狙い目なのですが、G1馬3頭の他重賞勝ち馬が多数顔を揃える中で前日1番人気はちょっと
行き過ぎの感があります。
○マイネイサベルは昨年の同レース勝ち馬で斤量54キロでのものでしが今年は1キロ増えて55キロ
での出走です。直線の長い残り4ハロンの加速比べは最も得意とするところなので、当然有力です。






2013-10-14 10:09 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10/13日曜日の予想

[京都11R 秋華賞 芝2000]

過去5年の平均ラップ
12.2-10.7-12.1-12.2-11.9-12.4-12.0-11.7-11.6-12.0
前後半3F 35.0-35.2 

◎メイショウマンボ
○スマートレイアー
▲デニムアンドルビー
△エバーブロッサム
△こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
△マコトブリジャール

コーナーを4回廻る内回りコース。ゆったりとしたコース形態から前中盤とスローになりやすく、
最後の直線が短く平坦な為逃げ先行馬が有利。差し馬は4コーナー手前から仕掛けられる器用さが求められる。
小回りローカルでの適性が必要。

過去5年で前半3F 35・0以内が4回あり、中盤も極端なスローにはなりにくい。
牝馬限定戦のイメージとは違って先行馬には厳しい流れになっているのは、コーナー4回の小回り
コースと前が止まらない高速馬場の為、先行して良いポジションに付けたいという心理が働くから
なのかどうかは定かではありませんが今年も逃げ先行馬が何頭か出走しますので、それなりに速い
流れになりそうです。

ローズSの時にも触れましたが、今年は桜花賞・オークス両方に入着したのがアユサンのみで、
そのアユサンは年内休養、そして今回は桜花賞1~4着馬が不在ということで混戦になっている今年
の3歳牝馬路線ですが、オークス上位馬対夏の上がり馬という図式になりそうです。
前哨戦のローズSは台風の影響で極悪馬場になりましたが、3F毎のラップ34.6-35.5-37.6と
重馬場にしてはかなり厳しい流れになり、脚抜きが悪く追い込みづらい馬場でしたが、後方待機馬に
かなり有利な展開でした。
そのローズSで悪くない内容の4着だったメイショウマンボが本命です。
本質的には1400~1600の馬だと見ていますので、道中息の入らない展開は合っています。
恐らく中段後ろくらいの位置取りで、この馬に一番有利な流れになりそうです。
けして大外を回す訳ではなく、それで前の馬を捌けなければ仕方がない的な乗り方になると
思います。
対抗はスマートレイアーです。コーナー2回の外回りコースしか出走経験がありませんが、2走前の
新潟で、末脚を過信して後方からの競馬が案外だった為か、前走は中段のポジションから抜け出し
て古牝馬を退けたのは好感が持てます。スローでも先行して折り合える馬ですから速い先行勢の後
に付ければ春の実績馬をまとめて負かす可能性を秘めています。
人気のデニムアンドルビーは▲としました。
前述したローズSは追い込み勢にかなり有利な流れでしたが、それでも追い込み馬勢から1/2馬身
抜け出したのは評価するべきです。
この世代の牝馬では恐らく力は抜けていると思いますが、出遅れから大外をマクくって勝ちきるには
今の京都内回りコースでは至難です。
△エバーブロッサムは当初最有力と考えていましたが、前走の大敗は道悪だけとは考えにくく輸送に
問題が有るのではとの見方から評価を下げました。

[東京10R 神奈川新聞杯 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.9-11.1-11.7-12.4-12.3-12.2-11.3-11.4-11.9
前後半3F 35.7-34.6

◎ジョングルール
○スピルバーグ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△プレミアムテースト
△エーブフウジン

前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。
後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。
逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

◎ジョングルールは東京芝1800、2000の成績2-1-0-2。先行して中盤息の入る展開なら抜け出
して良い脚を使えます。少頭数でこのコースなら条件が整った感があります。
○スピルバーグは強烈な末脚を武器に昨年の春クラシックで存在感を示した馬です。
前走函館では少し前に出して案外でしたが1年以上ぶりにしてはまずまずの着順で、東京なら
じっくり後方から末脚を生かす戦法に出てくる可能性大です。






2013-10-13 00:59 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10/12土曜日の予想

[東京11R 白秋S 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.3-11.6-11.8-11.2-11.2-11.8
前後半3F 35.3-34.2

◎アミカブルナンバー
○こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
▲ラトルスネーク
△マイネボヌール
△プランスデトワール
△ヒラボクインパクト

一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、速い上がりも
必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、
スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。

◎アミカブルナンバーは当該コース成績3-1-1-2で、準オープンでの実績もあります。
11秒台で持続するラップで長く良い脚を使えるので、この条件は一番合っています。
少し手薄なこのメンバーでは負けられないところでしょう。
にほんブログ村 競馬ブログは近走の成績から人気を落としそうですが、大敗しているレース
は阪神芝1400等の上がりが失速するレースで、東京芝1400、京都芝1400の上がりの速い
レースでは好走しています。
人気もなさそうなので積極的に狙っていきたいです。









2013-10-12 00:36 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

凱旋門賞回顧

今年の凱旋門賞は残念ながら悲願の日本調教馬の勝利はならず、恐らく歴史的名馬トレヴの
圧勝に終わりました。戦前は昨年のオルフェーヴルの「勝ったと思わせた」2着もあってか、
日本での報道はほぼ勝てるという内容でのものが多かったので、競馬ファンの落胆は大きい
ものでした。
レース内容としては関係者のコメント通り、完敗でした。
レース展開はともかくとして、オルフェーヴルが1馬身後方から追い出して5馬身差まで広げ
られたのはショックでしたし、斤量の5キロ差は相手がキャリア5戦目だったことからも大した
慰めにはならないでしょう。
そしてもう一つ注目だった日本の現役最強馬対今年の日本ダービー馬の初対決はオルフェーヴル
がクビ+2馬身でキズナに先着しました。
ここからは個人的な意見ですが、私はキズナに勝ってほしいと願っていました。
オルフェーヴルを応援していた方々には申し訳ありませんが、やっぱり凱旋門賞は日本人ジョッキー
で勝ってもらいたいという思いがあります。
サンデーレーシングの姿勢は今回だけに限ったことではないですし、勝つ為に最良の選択をしている
のでしょうからとやかく言うつもりはありません。ほんと心情的なものだけです。
それともう一つ、武豊騎手の騎乗ぶりにも触れたいと思います。
同じ日本馬でありながらも最大の敵と見てマークしたオルフェーヴルを直線入り口でブロックし、
先に抜け出した勝負に徹した騎乗は正に勝利への執念を感じさせられ感動すら覚えました。
恐らく彼はどちらかの日本馬が勝てば良いなどとは到底思ってないでしょうし、勝つ為にフランスまで
来たのでしょう。
それだけに斤量3.5キロ差でのこの着差は残念ではありましたが、キズナの更なる成長を願い、
来年また武豊を背にチャレンジしてもらいたいと思います。







2013-10-09 18:56 : レース回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10/6日曜日の予想

[東京11R 毎日王冠 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.3-11.5-11.9-11.9-11.8-11.0-11.5-11.9
前後半3F 35.5-34.4 

◎ジャスタウェイ
○ショウナンマイティ
▲エイシンフラッシュ
△こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
△コディーノ
△ダークシャドウ

前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負になりやすい。
後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。
逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。

少頭数ながらなかなかの好メンバーが揃い難解なレースとなりました。
シルポートが逃げた昨年は1000m57.8と速い流れになりましたが、11頭立てのうえ速い逃げ馬
不在の今回は耽々としたペースになり、本来の東京芝1800の上がり勝負が予想されます。
◎ジャスタウェイは加速に時間が掛かる反面、長く良い脚を使えるので重賞クラスではほぼ東京と
新潟でしか好走出来ないと思っていいかも知れません。
スローの展開だと届かない可能性が高いですが、隊列の離れないスローの末脚比べならばこの
メンバーでも上位だと思います。
前日オッズ5番人気と人気がありませんので積極的に狙って行きたいです。
○はショウナンマイティです。3歳時は足の遅い追い込み馬、即ち上がりが掛かる展開でないと差して
これない馬でしたが、近5走中3回上がり32秒台を出して勝ち負け出来ているようにスローでも対応
出来ています。安田記念ではレース上がりよりも1.7秒も速い凄まじい追い込みを見せました。
ほとんどのレースで上がり最速をマークしているのに以外にも東京はこれが3度目です。
既に能力はG1級ですから東京での今回が試金石になりそうです。
▲は昨年の天皇賞馬エイシンフラッシュです。中間息が入る展開でないと良い末脚が発揮出来ない
のは相変わらずで、終始流れて敗退した昨年の同レースは参考外と考えて良さそうです。
スロー濃厚な今回は得意の東京なので侮れませんが唯一の斤量58キロですから少し評価を下げました。




[京都11R 京都大賞典 芝2400]

過去5年の平均ラップ
12.7-10.8-11.3-12.4-12.5-12.2-12.5-12.6-12.1-11.6-12.0-11.8
前後半3F 34.9-35.5

◎トーセンラー
○ゴールドシップ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△ニューダイナスティ
△アンコイルド
△アドマイヤラクティ

4コーナーの引き込み地点からのスタート。第1コーナーまでの直線距離は約600mあり一周する。
コーナーまでの距離が十分あるため枠順に左右されることはなく、前半中盤はゆったりと流れ
3コーナー坂の頂上から下り坂を利用して一気にペースは速くなり、最後の直線も404mあること
から速い上がりが要求される。

ゴールドシップが前日1.3倍と圧倒的な人気を集めていますが、実績からは当然でしょう。
しかし人気程盤石ではないと見ています。
得意のマクリ戦法から京都外回りはかなり手の内にあると思われがちですが2戦して勝ったのは
菊花賞で、天皇賞春では後方のまま掲示板がやっとでした。
それを踏まえて宝塚記念では先行策を取り、雪辱しています。
報道されていた通り、かなりゲート練習に時間を費やしたものと思われます。
今回どちらの戦法を取るのかが注目点ですが、先行すれば上がりが抜けて速いタイプではないです
し、マクリなら開幕週の内が止まらない馬場で先行馬に足をすくわれる可能性もあると見ています。
そこで本命には◎トーセンラーを狙ってみたいです。武豊騎手が凱旋門賞騎乗で幸騎手が代打です
が京都外回り3-1-1-1と最も得意とするコースです。相手をゴールドシップ1頭に絞っているはず
ですから、必ず前にポジションを取りたい為に先行してくると想定しています。
現実天皇賞では先着しているのですから、勝ってもそれ程驚けないと思います。
にほんブログ村 競馬ブログは未経験距離ながら上がり4ハロン11秒台の持続ラップの適性が高
く近走は先行しているので、人気もないことから狙って面白いと思います。






2013-10-07 01:11 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

10/5土曜日の予想

[京都11R デイリー杯2歳S 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.2-11.0-11.6-12.3-12.1-11.5-11.6-11.8
前後半3F 34.7-34.9

◎ライザン
○アトム
▲ピークトラム
△こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
△ホウライアキコ

前後半のラップがほぼイーブンになるのが特徴。スタートから最初のコーナー(3コーナー)まで
700mあり、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくない。
結果差し馬の台頭も多くなる。
12頭と少頭数になりましたが、恐らく先手を奪うと思われる1200から臨戦のホライアキコがどんな
ペースで行くのか気になるところではあります。

◎ライザンと○アトムの一騎打ちと見ています。この2頭が対戦した新馬戦ではアトムが一瞬の末脚
で交わしましたが、このレースはスローからの正味ラスト2ハロンだけの競馬でした。
アトムは高い瞬発力を披露しましたが、直線400mの京都外回りでしかも3~4コーナー坂下から
ペースアップする流れで一瞬の瞬発力を発揮出来るかは疑問です。
まだ1戦だけですので分かりませんし、能力の高さで押し切ってしまう可能性もありますが馬券妙味
からは対抗に留めるのが無難かと思います。
一方ライザンは続く未勝利戦で11秒台の持続ラップで押し切って勝ち上がりました。
スローの上がり勝負ではアトムに完敗していますので、早めスパートからの押し切り狙いが濃厚と
考えています。恐らくこの先は、アトムはクラシック、ライザンはマイルという路線が良いのでは
ないでしょうか。









2013-10-05 01:44 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター