8/31土曜日の予想

[函館11R 札幌2歳S 芝1800]

※代替開催の為、過去データなし

◎ハイアーレート
○マイネルフロスト
▲マイネグレヴィル
△こちらから→FC2 Blog Ranking(60位前後)
△オールステイ

コーナー4回のコースで、スタート地点は正面スタンド前。最初のコーナーまでの距離は275m、
最後の直線は262m。
2コーナーの地点が最低点になっていて最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り
直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。
洋芝で全体的に時計がかかり、全クラス共各ラップ差が少ない。
先行馬が圧倒的に有利で差し馬はマクれないと厳しい。

ロングラン開催だった函館も最終週を迎え、芝の状態は更に悪化しています。
雨は今日はあまり降らないようですが、木・金の降雨で緩い状況になっています。
時計がかかり差し追い込みが決まらないので逃げ先行有利なのと、函館での勝利経験は大きな
アドバンテージになると思います。
◎ハイアーレートは福島での勝ち上がり馬ですが、圧巻の大マクリでした。
スタートは良いのですが追走に手間取りポジションを下げてしまいましたが、徐々に進出して
4コーナーでは前団に取り付いていました。
中盤から最後まで12秒台の継続したラップになりそうな展開は向きそうですので、中団からの
マクリを決めてもらいたいと思います。






2013-08-31 08:23 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/25日曜日の予想

[函館11R キーンランドカップ 芝1200]

函館スプリントSの過去5回の平均ラップ
11.9-10.4-11.1-11.7-11.5-12.0
前後半3F 33.4-35.2 

◎フォーエバーマーク
○パドトロワ
▲ストレイトガール
△こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
△フィンチョイス
△シュプリームギフト

スタートしてから最初のコーナーまでの距離は490mあり、最後の直線は262m。最高点の
3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで
平坦となる。前半が速くなる前掛かりラップになり、クラスが上がると後半の失速度合いが少なく
なるのは他場と変わらない。洋芝で全体的に時計がかかるのが特徴で、開催後半や雨により馬場が
痛むと特に時計がかかり差し追い込み馬や持ち時計のない穴馬が台頭してくるので馬場状態には
注意が必要。

先週は降雨により極悪馬場となりましたが、今週は開催11週目となり降雨もあり時計の掛かる馬場
は間違いありません。
開催前半に行われた函館スプリントSとは違う馬場になっていますので注意が必要です。
時計が掛かる馬場を考慮して◎フォーエバーマークとしました。
函館実績2-0-1-0と洋芝適性は充分ですが、時計が掛かる馬場を得意としています。
アイビスSDではハクサンムーンとハナを競い合ったように、ダッシュが速く1番枠に入ったこと
から先手を奪うと思われます。函館SSでは超スローでも粘れなかったので、差しが台頭しにくい
馬場状態になれば逃げ切りも十分可能でしょう。
パドトロワは実績・洋芝適正共充分な上、函館SSより1キロ軽い57キロで出れるのですから有利で
しょうし、59キロを背負わされながら出走したアイビスSDはミエミエの叩きでした。
上がり馬ストレイトガールは嫌う理由はほぼありませんが、内々をうまく突いてきていたので
11番枠と田中勝春騎手への乗り代わりが少し気になり▲に留めました。



[新潟11R 新潟2歳S 芝1600]

過去4回の平均ラップ(重不良除く)
12.7-10.9-12.0-12.3-12.3-11.5-10.6-11.8
前後半3F 35.6-33.9

◎マイネグラティア
○マーブルカテドラル
▲ハープスター
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△イスラボニータ
△ピークトラム

スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負
になる。Aコース時は先行差し馬が有利だがBコース時は差し馬が圧倒的に有利。

このレースは距離延長で臨戦して来る馬も多いことからあまりペースが緩まない傾向があります。
今回も逃げたい馬が多く出走して来るので全体的にペースが速くなり、前掛かりラップになると
思わぬ馬が穴をあける危険性もはらんでいます。
何れにしても上がり3Fを11台で駆けれる、長く良い脚を使える馬を狙っていくべきだと思います。

本命としたマイネグラティアは2着のダリア賞よりもデヴュー戦を高く評価しています。
レース上がり35.0に対して自信の上がりは33.9と1.1秒も速い上がりをマークしました。
超スローではありましたが、3ハロン継続して速い脚を使えていますので新潟外回りの適性は充分
だと思います。
一瞬の脚で勝負するタイプの多いネオユニヴァース産駒には珍しいタイプだと思います。









2013-08-25 10:20 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/25土曜日の予想

[新潟11R 朱鷺S 芝1400]

過去4回の平均ラップ
12.4-10.5-11.1-11.6-11.7-11.5-11.9
前後半3F 34.0-35.1

◎サンディエゴシチー
○こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
▲サクラゴスベル
△ラインブラッド
△イチオクノホシ

スタートから3コーナーまでは648mで外回り1600mよりも長い。最後の直線は359mと短く、
上がり3Fにコーナーが含まれるのでラップは前掛かりになる。
逃げ先行馬が圧倒的に有利で追い込み馬には苦しい。

新潟開催も5週目となりましたが、芝の状態は良好です。しかし本日は昨日からの雨でやや重
のスタートとなり外差し有利な馬場状態に変化していくかも知れません。
サンディエゴシチーは昨年の同レース2着馬。芝1400でありながら、後半3Fが前半3Fより1秒
以上も失速する1200に近いラップが特徴のこのコースを得意としています。
叩き良化型だけに、3走目のここは狙いを定めて来た感があります。
人気のサクラゴスベルがトップハンデが微妙なだけにチャンスありだと思います。








2013-08-24 08:23 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/18日曜日の予想

[函館11R 札幌記念 芝2000]

過去5回の平均ラップ(函館記念GⅢ)

12.4-11.2-11.7-12.2-12.4-12.2-12.3-12.1-11.8-12.3
前後半3F 35.2-36.2

◎トーセンジョーダン
○ロゴタイプ
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
△ルルーシュ
△アスカクリチャン
△タッチミーノット

コーナー4回のコースで、スタートしてから最初のコーナーまでの距離は475mあり、最後の直線
は262m。2コーナーの地点が最低点になっていて最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな
坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。
洋芝で全体的に時計がかかり、全クラス共上がりがかかる前掛かりラップになる。
クラスの差は中盤の4ハロンのペースに表れ、上位クラスは厳しいラップとなるので逃げきりは
難しく、先行抜け出しかマクリ差しが有効となる。

札幌競馬場の改修工事に伴い函館競馬場で行われますが、開催4週目となりCコースが設定されて
います。今年の函館は4週のロングラン開催の為、芝を持たせる為に固いセッティングでしたが
さすがに痛みが顕著になり、時計のかかる馬場になってきました。
7月14日に行われた同距離の函館記念は1.58.6と速い時計でしたが、昨日のポプラSは2.03.05
と1600万下ではありますが時計がかかっています。昨夜の降雨によりやや重スタートでもあり
2分を切る時計は望み辛く、2分3秒台くらいの想定ではないでしょうか。
前掛かりで上がりの掛かるラップになりますので逃げ馬には厳しい展開ですが、4コーナーでは
先団に居ないと勝ち負け出来ません。
直線の短い小回りコース、斤量と買い材料の多いロゴタイプですが鞍上はやはり不安です。
4コーナーで良い位置に持ってこられるか、大外に出していては取りこぼす危険性があります。
それにマイル色が強く、時計の速いレース向きなのもマイナスポイントです。
そこで、こういう消耗戦にめっぽう強いトーセンジョーダンを本命とします。
このレースで一番有利な2~3番手のポジションを取って内々を回って来るでしょうし、前掛かり
ラップでの終いのしぶとさが発揮出来そうです。
問題は状態でしょうが、他馬は皆強調出来る材料に欠けるので実績上位のこの馬に賭けます。


[小倉11R TV西日本北九州記念 芝1200]

過去5年の平均ラップ 11.7-10.1-10.6-11.3-11.5-12.0
前後半3F 32.5-34.8

◎ツルマルレオン
○バーバラ
▲スギノエンデバー
△こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△サドンストーム
△ニンジャ

スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから
200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。
前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。
後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。

今週も芝はまだ良い状態で、上がりの速い決着になっています。
このレースは例年前半3Fが32秒前半の超ハイペースになりますが、今回は先行勢総崩れとはなら
ないと考えています。
まず人気のマイネルエテルネルですが、上がりの掛かる失速ラップに適性がある為無印としました。
そこで本命はツルマルレオンとしました。この馬は上がりの速いレースのほうが成績が良い追い込
み馬で、重賞ではそれなりに好走しています。昨年の同レースは、内で包まれて大敗しましたが、
小倉1200の適性は高いと判断しています。
対抗のバーバラは内枠ならば本命の評価でした。逃げ又は先行して押し切れる今の小倉の馬場に
一番マッチしているのはこの馬ではないでしょうか。
ハンデが手頃なせいか、準オープン勝ち直後の馬が何頭も馬券になっているのも買い材料です。







2013-08-18 11:30 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/17土曜日の予想

[新潟11R 佐渡S 芝2000]

過去5年の平均ラップ(天の川S
12.8-10.9-11.6-11.8-12.4-12.4-11.9-11.5-10.9-12.3
前後半3F 35.4-34.7

◎アロマティコ
○マイネルメダリスト
▲マイネオーチャード
△こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
△ダイワズーム

日本で唯一の2000mでコーナー2回のコース。
スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負
になる。前半~中盤のラップにクラスの差はなく、上がりのラップの差に表れる。
基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

アロマティコは近7戦中6戦で最速上がりをマークしていて、G1秋華賞でもジェンティルドンナを
追うように、良い脚を繰り出しました。近走は阪神内回りや福島等、適正の合わないコースを
使われ勝ちきれていませんが、少頭数の新潟外回りなら持ち味を十分発揮出来ることでしょう。
このメンバーならまず負けないと思います。







2013-08-17 10:26 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/11日曜日の予想

[新潟11R 関屋記念 芝1600]

過去5年の平均ラップ 12.4-11.0-11.9-12.1-11.7-11.2-10.5-11.9
前後半3F 35.3-33.5

◎ドナウブルー
○こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
▲ジャスタウェイ
△レオアクティブ
△ナンシーシャイン
△ヤマカツハクリュウ

スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負
になる。Aコース時は先行差し馬が有利だがBコース時は差し馬が圧倒的に有利。

土曜日のレースを見る限り、ペースが速ければ差し追い込み馬が台頭する馬場にはなってきている
ようですが、確たる逃げ馬が不在で掛かり癖のあるシャイニーホークが押し出されるように先頭へ
というような展開になり、それ程速くはならなさそうな感じがします。
本命はドナウブルーです。昨年の覇者ですから適性が高いのは言うまでもありませんが、上がりの
速いレースを先行して自身もそこそこの速い上がりで粘り込めるタイプです。
前走の敗戦は先行不利な中京で上がりの掛かる展開でしたから無視しても良いでしょうし、斤量
も前走から2キロ減の54キロは有利です。
○→FC2 Blog Rankingは東京・京都外回りで実績があるようにスピードの持続力に長けていて
かつ先行力があるので、ドナウブルーと甲乙つけ難い評価をしています。
前走中京での敗退で人気を落としていますが、上がりが掛かる展開が合わなかったのと内枠が
災いしたもので、それでも最後の100mまでは粘り込んでいました。
▲ジャスタウェイは展開次第になってしまいます。エプソムCは上手く内を突かなければ2着はなか
ったですから、人気ですので軸にするにはリスクを伴います。



[小倉12R マカオJCトロフィー 芝1200]

過去5年の平均ラップ 12.0-10.5-11.1-11.4-11.4-11.8
前後半3F 33.5-34.5

◎タイザンホクト
○キタサンエピソード
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△エーシンエムディー
△エイティグローリー
△アイファーコラソン

スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから
200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。
前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。
後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。

◎-△-○で的中した先週日曜12Rと同条件ですので、狙い撃ちで的中させたいものです。
先週の同条件の時計が1分7秒9、土曜の1000万下が1分7秒6と引き続き高速馬場のようです。
タイザンホクトで堅そうなレースです。小倉の今開催を経験済みで、1分7秒0のハナ差負けでしたが
逃げて粘り込みました。人気を分けあいそうなキタサンエピソードと無理な先行争いをしなければ
この2頭での決着濃厚ではないでしょうか。








2013-08-11 10:07 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/10土曜日の予想

[新潟10R 三面川特別 牝馬 芝1800]

過去5年の平均ラップ 12.7-11.5-11.8-12.8-12.5-11.9-11.3-10.6-11.8
前後半3F 36.0-33.7

◎テンシンランマン
○エパティック
▲スマートレイアー
△こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
△ブリッジクライム
△サンレガーロ

芝外2000mより200m前からスタートするだけで大きな違いはないが、1000万下以下の条件しか
番組が組まれていない。
基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

先週までは馬場が良く、なかなか前が止まらない新潟の外回りコース。
今週はある程度外差しが決まるようにはなりそうですが、1000万下の牝馬限定戦だけに中盤の
緩みは避けられそうになく、前に付けれて最後3Fを11秒台前半でまとめられるスピードの持続力
を要した馬を狙いたいレースです。
テンシンランマンはフローラSで▲印を打った程で、デニムアンドルビーに0.2差でした。
2走前の500万下でもカミノタサハラに差されはしたもののスローを折り合い、3番手から残り3F
を11秒台で抜け出しました。先行力が魅力で上位の上がりは使うが、爆発力があるタイプでは
ないだけに牝馬限定戦向きではないでしょうか。
圧倒的人気になりそうなスマートレイアーは位置取りが少し後ろになりそうな為、印を下げまし
たが、末脚には見る物があるので注目しています。







2013-08-10 10:38 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/4日曜日の予想

[小倉11R 小倉記念 芝2000]

過去5年の平均ラップ 12.2-10.9-11.3-12.4-12.0-11.8-11.8-11.7-11.7-12.1
前後半3F 34.3-35.5

◎ダコール
○こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
▲エクスペディション
△マイネルラクリマ
△サトノパンサー
△ミキノバンジョー

スタート地点は4コーナーのポケット部分。最初の1コーナーまでの距離は472mで1~2コーナー
は下り坂。2コーナーが最頂部で3~4コーナーは下り坂となり最後の直線は293m。
スタートしてから直線距離が長いので先行争いになりにくいが、ペースは1800よりも速くなり易い。
向こう正面でペースは落ち着くが3コーナー手前からピッチが上がる。
基本的には逃げ先行馬が有利だが、紛れが少ないので差し追い込みでも強い馬は来る。

平均ラップから分かるように、ラスト5Fが全て11秒台となるロングスパート戦。
加えて時計が速い今の小倉の芝を考えると、京都外回り1600を得意とするような馬を狙いたいと
思います。
ダコールは小倉芝2-2-0-0で2000mは1戦1勝。小回りコースでコーナーから加速して、短い直線
を瞬時にトップスピードまで加速して差し切れる小回り巧者。
前が止まらない展開に不安はあるものの、3走前の小倉大章典は前半3F36.3のスローから
4コーナーは真中を回って頭差2着に詰めてきたことから、展開は今回の方が向くはず。
不思議な事にまだ重賞未勝利の為56キロで出れるここは有利です。
FC2 Blog Rankingは一定の速いラップを持続するようなレースに向くマイラータイプで小回りで
もマクれるタイプ。こちらも前が止まらない展開に不安はあるものの狙って面白いと思います。
人気のマイネルラクリマは上がりが大きく失速するラップでしぶとく、道悪巧者のパワー型の為
時計が速い今の馬場と58キロに不安があるので評価を下げました。



[小倉12R 筑紫特別 芝1200]

過去5年の平均ラップ 12.0-10.5-11.1-11.4-11.4-11.8
前後半3F 33.5-34.5

◎アンバルブライベン
○アグネスキズナ
▲こちらをクリック→にほんブログ村 競馬ブログ
△エーシンサファイア
△イントゥザストーム
△ヴェアデイロス

スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから
200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。
前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。
後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。

土曜日は1000万下でコースレコードに0.4秒差の1分6秒9の好タイムが出ている高速馬場なので
引き続き後半失速しにくいスピード決着が予想されます。
前半速い馬の少ないメンバー構成で外枠ながらアンバルブライベンは先手を取れると思います。
前走の大敗は先行不利の中京1200で、小倉での現級勝ちもあり京都の上がりの速いラップでも
好走していますので、余程突っかけっれてペースが速くならない限り確勝ではないでしょうか。






2013-08-04 01:26 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

8/3土曜日の予想

[新潟10R 信濃川特別 芝2000]

過去5年の平均ラップ 12.8-11.4-11.9-11.7-12.3-12.3-11.9-11.7-10.9-12.0
前後半3F 36.0-34.6

◎クランモタナ
○ファルスター
▲こちらから→FC2 Blog Ranking(70位前後)
△ビームライフル
△サトノノブレス
△レオプログレス

日本で唯一の2000mでコーナー2回のコース。
スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負
になる。前半~中盤のラップにクラスの差はなく、上がりのラップの差に表れる。
基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

開催2週目で中間まとまった雨が降ったものの、芝の痛みはほとんどない状態と発表されています
ので、先週同様先行勢に気を配りつつも上がりの速い馬を狙って行こうと思います。
クランモンタナは速い上がりを得意としていますが、やや決め手が甘く勝ちきれないレースの
多い馬です。とはいうものの、このメンバーでは上位の上がりを持っていて、前走では今回出走
するファルスターに差されましたが直線ゴチャつき前をカットされたもので、前走同様前目で
追走出来れば、1キロ差があっても逆転可能と見ています。






2013-08-03 00:41 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター