4/29月曜日の予想

本日は先週中止の福島の代替開催。軽く印のみを公開します。

[福島11R 福島中央テレビ杯 芝1200]

過去4回の平均ラップ(重除く)
12.1-10.6-11.2-11.6-11.7-12.1
前後半3F
33.9-35.4

◎アポロフィオリーナ
○こちらより→FC2 Blog Ranking
▲テイエムコウノトリ
△メイショウツガル
△エクセレントピーク
△ベストブルーム






2013-04-29 02:18 : レース予想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

4/28日曜日の予想

[京都11R 天皇賞(春) 芝3200]

過去5年の平均ラップ
13.2-11.8-11.8-12.1-12.3-12.0-12.1-13.0-13.1-12.7-12.5-12.2-11.7
-11.5-11.7-12.2
前後半3F
36.8-35.4

◎ゴールドシップ
○トーセンラー
▲カポーティースター
△フェノーメノ
△ジャガーメイル

近年はあまりメンバーが揃わない天皇賞(春)は今年もオルフェーヴルが回避し低調です。
06年のディープインパクト以来1番人気馬が勝っていませんが、今年はゴールドシップが
断然人気になっています。
3200mという長距離レースながら、ラスト4ハロンで速いラップを刻めるロングスパート勝負で
折り合いに問題がなければ中距離馬でも勝負になると考えても良さそうです。
ゴールドシップは京都・中山のロングスパートを最も得意としていて、ある程度の上がり勝負にも
対応出来ます。断然人気でも仕方ありませんが、京都外回り適性が高くロングスパートが使える
トーセンラーに期待したいと思います。
フェノーメノは初の京都が1周半廻る天皇賞(春)ということで評価を下げました。
そもそも菊花賞をパスして天皇賞(秋)を選択した時点で長距離路線を嫌ったのに、ここでの
路線変更は勝負気配が感じられません。


[東京11R スイートピーS 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.2-11.9-12.6-12.6-12.5-11.6-11.3-11.7
前後半3F
35.9-34.6

◎ディープサウス
○フロアクラフト
▲こちらより→FC2 Blog Ranking
△クラリティーエス
△ローズマンブリッジ
△リラコサージュ

東京芝1800は前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負に
なりやすい。後方過ぎると届かないケースはあるが最速上がりを出している馬を基本的には狙う。
逃げ馬は東京や京都で、早い上がりで押し切った経験がある馬でないと切れ負する可能性が高い。
オークストライアルの3歳牝馬オープンだが、収得賞金が地方転厩馬のタンスチョキン以外全て
400万というのは低調です。
牝馬特有の中盤が緩むラップになりやすいことから、ある程度前にいないと苦しい展開になりそう
です。ズブい先行馬が多い中で前でそこそこの上がりを使えるディープサウスとフロアクラフト
を上位としましたが、差し馬からはクラリティーエスを警戒しておいたほうが良さそうです。






2013-04-28 03:37 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/27土曜日の予想

[東京11R 青葉賞 芝2400]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.2-12.2-12.9-12.7-12.8-12.8-12.5-12.1-11.5-11.3-11.9
前後半3F
35.9-34.7

◎レッドレヴン
○トウシンモンステラ
▲ダ-ビーフィズ
△サトノノブレス
△ラストインパクト
△ヒラボクディープ

東京芝2400はスタートから中盤までスローで進み、上がり特化型レースになりやすい。
スピードとスタミナ両方に適性がないと厳しい。
基本的には早い上がりを持った馬が狙いだが、中盤のラップ適性の見極めが必要。
青葉賞は07年以降上がり最速馬が勝利している(09年は最速タイに3頭)ように、上がり勝負に
なりやすい。勝ち馬は昨年、一昨年と2年連続でダービーに2着したが勝ち馬はまだ出ていない。
レッドレイヴンは2歳時に見せた末脚が3歳になって通用するか試金石となる。
距離・休み明け等不安要素も多いが、折り合いに不安はなく上がり勝負で消耗戦にならないのなら
問題ないでしょうし、相手関係からも負けられないでしょう。
トウシンモンステラも末脚に見所がる。問題は4コーナーの位置取りで、2位の上がりを使いながら
6着に敗れた共同通信杯のように大外ではロスをカバーするまでの力はないので、上手く立ち回れ
れば。
4番手以下の押さえには先行馬に注意をしておきたい。



[京都11R 下鴨S 芝2000]

過去3回の平均ラップ(重不良除く、2回はメルボルンT)
12.4-11.3-12.2-12.2-12.1-12.0-11.6-11.5-11.4-11.9
前後半3F
35.9-34.8

◎カレンミロティック
○こちらより→FC2 Blog Ranking
▲クランモンタナ
△ユウキソルジャー
△シゲルササグリ
△ヒラボクビクトリー

コーナーを4回廻る内回りコース。ゆったりとしたコース形態から前中盤とスローになりやすく、
最後の直線が短く平坦な為逃げ先行馬が有利。差し馬は4コーナー手前から仕掛けられる器用さ
が求められる。小回りローカルでの適性が必要。
先行力で安定した成績を残しているカレンミロティックは、決め手に欠けることから勝ちきれ
ないが、コーナー4回の内回りコースではこういう馬のほうが大崩れしない。近走は外回りコース
でも好勝負出来ているので、上積みは大きいと思います。
逆にクランモンタナは上がり特化型で能力は高いことから▲としましたが今回は適性度が下がる為
1番人気になるようなら馬券は薄くしたほうがいいのかもしれません。






2013-04-26 23:53 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

先週の回顧と次走の展望

マイラーズCは◎-△-▲で3連単137,990円を的中することが出来ました。
ラップ、展開予想もスバリで今年一番の会心のレースでした。
今後もこういった予想を続けれるように頑張りたいと思います。
マイラーズCは10着までが0.5差ですから展開一つで着順が変わりそうな僅差でした。
今後は安田記念へと繋がるわけですが、京王杯SCを挟む馬と直行する馬に分かれるので現段階
では決めつけられませんが、近年は前掛かりになっている安田記念では勝ったグランプリボスは
当然有力ですし、東京を得意とするクラレントも巻き返し可能だと思います。
ダノンシャークはGⅠでは足りない馬ですので巻き返しは厳しいと思いますし、
カレンブラックヒルには差し有利な安田記念は苦しいレースとなるでしょう。

フローラSは△-◎で馬単1,680円を的中出来ましたが、デニムアンドルビーを少し甘く見てしま
いました。前半3F37.2は、やや重を差し引いても遅いラップを最後方から差し切ったのには価値
があります。結局トライアルもディープインパクトのワンツーでした。
ディープ産駒の東京芝2000の成績は19-6-9-31 連対率38.5% 複勝率52.3%
このデータをもっと重視するべきでした。
これで桜花賞と合わせて4頭のディープ産駒の争いの様相ですが、東京芝2400の成績は
9-3-5-32 連対率24.5% 複勝率34.7% ちなみにオークスは1-1-0-7で、まだ出走数が少な
いですが連対したのはは昨年のジェンティルドンナ-ヴィルシーナのみです。
2000m程の信頼度はないというデータになっているようです。

今週は天皇賞(春)ですが馬券的にはダービートライアル青葉賞のほうが面白そうです。
やはり注目は→FC2 Blog Ranking
07年から6年連続で上がり最速馬が勝利しているレース。世代屈指の末脚でダービーに進んで
もらいたい。 






2013-04-23 20:54 : レース回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/21日曜日の予想

[東京11R フローラS 芝2000]

過去4回の平均ラップ(重除く)
12.8-11.7-11.9-12.1-12.7-12.6-12.5-11.6-11.4-12.1
前後半3F
36.3-35.1

◎エバーブロッサム
○スイートサルサ
▲テンシンランマン
△セキショウ
△デニムアンドルビー
△ナンヨーユナ

スタート後大きなカーブがある為、多頭数の外枠、特に先行馬は距離ロスがあり不利。
下級条件では中盤が大きく緩む為、逃げ先行馬には注意が必要。
フローラSは3歳牝馬重賞とういことで、前半~中盤が緩み上がり特化型レースになりやすいが、
開幕週ということで、ある程度前に行かないと届かない。
前に付けれて上がりがメンバー中3~4番というような馬が狙い目。
馬場状態が微妙ですが、やや重くらいでがまん出来るのではないでしょうか。
エバーブロッサムは前走のフラワーCが優秀で、4コーナー大外からかなりロスして回りながら
勝ち馬にハナ差でした。中山で好走してきているが、東京に変わるのはプラスでしょう。
スタートは良く意識的に下げて末脚を生かす競馬をしてきているので
極端な後方からの競馬にならない限り勝ち負けは必至と思われる。
スイートサルサは4戦全てが上がり最速。内枠で最後方の位置取りというのは考えにくいので
ある程度前で末脚を生かす競馬をしてくると期待します。
テンシンランマンは大外枠なので評価を下げましたが、スムーズに先手を奪えるかがポイントで
このレースへの適性は高いです。

[京都11R マイラーズカップ 芝外1600]

過去4年のG1除くオープン以上の平均ラップ
12.3-10.8-11.5-11.9-11.6-11.7-1.5-12.1
前後半3F
34.5-35.2

◎グランプリボス
○クラレント
▲ダノンシャーク
△カレンブラックヒル
△押さえ必要→FC2 Blog Ranking
△サンレイレーザー

前後半のラップがほぼイーブンになるのが特徴。スタートから最初のコーナー(3コーナー)まで
700mあり、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくない。
結果差し馬の台頭も多くなる。
そうそうたるトップマイラーが揃ったGⅡ。近年の京都オープン以上条件での前後半ラップバランス
は前掛かりであり、加えてシルポートとタイキパーシヴァルのハナ争いでハイペースは必至でしょう。
必然的に差し馬中心の予想になりますが、グランプリボス、クラレント、ダノンシャークの順と
しました。グランプリボスの復調ぶりは目覚ましく、前掛かりラップになればさらに持ち味が
生きてきます。京都マイルを得意とするダノンシャークをマイルCSではマークされながら直線で
突き放しての0.4秒差は今回の斤量1キロ差では埋まらないと見ています。
少し位置取りが前の分クラレントを対抗としました。
カレンブラックヒルには逃げてくれる馬が居て、上がりのかかる持ってこいの展開になりそう
ですが、今回は差し馬上位と判断しました。






2013-04-21 01:11 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/20土曜日の予想

[東京11R メトロポリタンS 芝2400]

過去4回の平均ラップ(不良除く)
12.8-11.2-12.6-12.8-12.4-12.3-12.7-12.4-12.2-11.4-11.4-12.1
前後半3F
36.6-34.9

◎ノーステア
○クリールカイザー
▲こちらからどうぞ→FC2 Blog Ranking
△カフナ
△エタンダール

日本ダービー、ジャパンカップが行われる中央競馬を代表するクラシックディスタンス。
スタートから中盤までスローで進み、上がり特化型レースになりやすい。
スピードとスタミナ両方に適性がないと厳しい。
基本的には早い上がりを持った馬が狙いだが、中盤のラップ適性の見極めが必要。
コスモラピュタとネコパンチが大逃げを打つのでしょうか。そうなったとしても3番手以下は
平均ペースで流れる為、実際には決め手勝負のレースになりそうです。
コース4勝とこのメンバーでは群を抜いた実績のノーステアから1着固定で狙いたいレースです。
断然の決め手があるわけではありませんが、その分前目に付けてくるでしょうから開幕馬場は
合うはずです。カフナ、エタンダールと上位人気を争いそうですが何れも上がりがかかった
ほうが良い差し馬ですから、○▲は3~5番手先行粘り込みに期待して印を重くしました。




[福島11R 福島牝馬S 芝1800]

過去3回の平均ラップ
12.5-11.9-11.6-12.4-12.1-11.9-12.0-11.6-12.3
前後半3F
35.0-36.0

◎オールザットジャズ
○アロマティコ
▲マイネイサベル
△オメガハートランド
△トーセンベニザクラ
△サンシャイン

福島芝1800はコーナー4回の小回りコースで後半3Fよりも前半3Fのほうか速くなる前掛かり
ラップになりやすい。最後の直線が短いことと、道中の激流ラップから上がりは時計を要する。
他場の小回りコース同様4コーナー手前からのロングスパートがポイントとなる。
昨年の勝ち馬オールザットジャズは昨年と同じ斤量54キロで出走出来る。
前半が速くて上がりがかかったほうが持ち味が生きるので福島1800は合うのでしょう。
アロマティコは小倉芝1800で2勝の他、京都芝2000でも4コーナーマクリで勝っているように
小回り適性が高い。Bコース変わりもプラスですし、道中が程良く流れてくれれば逆転まで
考えておきたいです。







2013-04-20 01:04 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

先週の回顧

先週は的外れな予想の数々で参考にして下さった方には申し訳なく思っています。
皐月賞の回顧~ダービーの展望を少し書こうと思っていた矢先に、カミノタサハラの屈腱炎、
フェイムゲームの骨折と残念なニュースが入ってきました。
特にカミノタサハラはダービーではかなり有力ではないかと考えていたので残念でなりません。
皐月賞は想定を超えた前半34.1のハイペースのレコード決着となりました。
日曜日の中山はBコースで最終週にもかかわらず、逃げ先行馬が残るレースが相次ぎ、皐月賞も
34.1-35.9のラップでも4コーナー2桁順位の最高着順はタマモベストプレイの5着で、上位3頭
は5~8番手の位置取りでした。それでも3番手以内で先行した馬は2桁着順に沈んでいることから
上位3頭は強かったと素直に認める内容ではないでしょうか。
勝ったロゴタイプは勿論強い馬ですが、マイラーだと思っているこの馬には向いた展開になりま
した。一方ハイペースによって最後の伸びを殺されたエピファネイアは掛かる心配はあるものの
ダービーでは最終力と言ってもいいのではないでしょうか。
何れにしても皐月賞組からは故障馬も出てしまい、面子に欠けることから、非皐月賞組にも
チャンスがあるかもしれません。

今週はオークストライアルのフローラSが行われます。
現時点での有力馬はこちら→FC2 Blog Ranking
先行力があり開幕馬場が味方






2013-04-18 00:11 : レース回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/14日曜日の予想

[中山11R 皐月賞 芝2000]

過去5回の平均ラップ(中山で行われた5回)
12.2-11.1-12.2-12.1-12.2-12.3-12.2-11.9-12.1-12.2
前後半3F
35.5-36.2

◎フェイムゲーム
○エピファネイア
▲カミノタサハラ
△ロゴタイプ
△ミヤジタイガ
△コディーノ

皐月賞は過去のレースから、逃げきったヴィクトリーとキャプテントゥーレの年以外はほとんど
が差し追い込み馬で決着しています。ラップからも11秒後半から12秒前半で推移する息の入ら
ない流れとなり、前後半イーブンか、やや前掛かりになる傾向にあります。
今年もマイラー寄りと思われる馬が多数出走しており厳しい流れになることが予想されます。
本命不在の混戦と言われる難解なレースをトライアル3レースのラップ比較から検証してみました。

弥生賞
12.9-11.4-12.2-12.4-12.7-12.5-11.7-11.6-11.4-12.2
スプリングS
12.6-11.8-12.4 -11.7-11.6-12.1-12.3-11.4-11.9
若葉S
12.6-11.4-12.7-12.6-11.5-12.2-12.0-11.8-11.7-12.2

まず6頭も出走している若葉S組ですが、前半~中盤がスローで流れ、勝ったレッドルーラーと
インパラトールはスロー差しで高い評価は出来ませんし、他は前残りで恩恵があったと見ます。
弥生賞は皐月賞と同コースですが前半~中盤が緩み一方スプリングSは皐月賞よりも速い流れで
丁度この2レースの中間くらいが皐月賞のラップということになると思います。
弥生賞上位4頭は0.1秒差でしたが内容的に上がり目が見込めるエピファネイアを○としました。
外枠からの出遅れから掛かって最後の直線で粘れませんでしたが、4コーナーからの早仕掛けで
標的にされた割に0.1差ですから悲観する内容ではないと思います。
ペースがやや速くなることから掛かる心配がなさそうですし、福永騎手に戻るのもプラスでしょう。
勝ったカミノタサハラは3~4コーナー手前でポジションを上げたのに4コーナーでエピファネイア
につき離された辺りは内回り適性に疑問ですが、弥生賞より流れが速くなるので無視出来ません。
コディーノはスムーズなレースをしたのに勝ちきれなかったので印の重さを低くしました。
スプリングS組からは回顧でも述べたように勝ったロゴタイプは速い緩急差のない流れが合う
マイラータイプと見ています。1ハロンの延長分が緩くなり、その分速い上がりが必要になること
から評価を少し下げました。
そして本命はフェイムゲームです。スプリングSでは終始外を回り、緩急差のないラップが最後の
伸びに影響したもので、他の有力追い込み馬に比べて内回りコーナーの加速に優れています。
△印に妙味が少ないので、ここは馬単で勝負したいと思います。

[中山9R 京葉S ダ1200]

過去3回の平均ラップ(重不良を除く)
12.2-10.5-11.1-11.6-11.9-12.6
前後半3F
33.8-36.1

◎ダッシャーワン
○こちらから→FC2 Blog Ranking
▲マルカバッケン
△ハッピーカオル
△シセイオウジ
△デュアルスウォード

中山ダ1200は芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利
と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になり
やすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり
中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、
ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発して
いるような馬は常に注意が必要。
ダッシャーワンは前走阪神なにわSでのラップ35.0-36.6を勝ち、中山ダ1200の前半33秒台の
激流でも勝っているようにラップの対応幅が大きい。関西馬だが同コース2勝の実績があり
ハンデも55Kと手ごろで絶好の狙い目となります。






2013-04-14 01:43 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/13土曜日の予想

[阪神10R 千種川特別 芝1400]

過去5回の平均ラップ
12.3-10.7-11.2-11.7-11.7-11.8-12.2
前後半3F
34.3-35.7

◎シェルメール
○マイネルアダマス
▲ラトルスネーク
△ウインスラッガー
△デンファレ
△シンコープリンス

阪神芝1400は前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、
ラスト1ハロンは大きく失速する。
前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダートからの転戦馬がしばしば穴をあける。
逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。
Bコースも3週目となり、もともと差し追い込みに有利なコースに拍車をかけそうです。
追い込み型のシェルメールは、上がりタイムは上位だが展開に左右されやすい。
それでも前半34秒台の展開ならキッチリ勝ち負けに持ち込んでいるので、阪神実績は少ないものの
適性は高いと見ています。ハンデから人気になるでしょうが軸として信頼出来そうです。
マイネルアダマスも上がり上位の差し馬で、やや勝ちきれない物足りなさはあるものの堅実な
差し脚に期待します。

[阪神9R はなみずき賞 芝1800]

過去5回の平均ラップ
12.7-11.4-12.0-12.3-12.2-11.9-11.3-11.3-12.2
前後半3F
36.2-34.8

◎メイショウヤマホコ
○ハッピーモーメント
▲アーマークラッド
△マジェスティハーツ
△オツウ
△ダンツアトラス

阪神芝1800はコーナー2回の外回りコース。スタートしてから最初のコーナーまで直線が長く
中盤はコーナーをゆったりと回り、長い直線は上がり勝負となる。
オープンクラスとなると中盤がハロン12秒前半のラップが続き上がりが少しかかる傾向にある。
3歳500万条件戦ということもあり、過去のデータからは前半~中盤が緩み速い上がりのレース
になりやすくなっています。
メイショウヤマホコは1600までしか経験がありませんが、同じ阪神外回りの重賞アーリントンC
で上がり最速の4着を評価します。1600にしては緩い展開になった為、0.6差離されましたが
前有利な展開だったことを思えば上々の内容でした。
ハッピーモーメントは4着に敗れた前走のメンバーが強力で、同じような上がり特化型コースの
東京1800でカミノタサハラに0.2差は優秀です。






2013-04-13 00:31 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の展望

先週の桜花賞は▲-◎で馬単を的中する事ができました。
今週の皐月賞も何とか的中出来るように頑張ります。
皐月賞の予想はほぼ固まっていますが、最終結論までもう少し検討したいと思います。
今年の皐月賞の狙いは弥生賞、スプリングS、若葉Sの3トライアルレースのみでいいと考えて
います。この中の出走馬で優劣を付けていく上で、どのレースがレベルが高かったかが印の重さ
を決めるのに重要になってきます。
土曜日に最終結論を公開しますので、また覗きに来て下さい。

現時点での注目馬はコレ→FC2 Blog Ranking
終始外を廻る苦しい展開だった前走からの逆転は可能と見る






2013-04-12 00:15 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/7日曜日の予想

[阪神11R 桜花賞 芝外1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.0-11.5-12.0-11.9-11.6-11.5-12.1
前後半3F
34.9-35.2

◎レッドオーヴァル
○メイショウマンボ
▲アユサン
△ローブティサージュ
△クロフネサプライズ
△ウインプリメーラ

阪神芝1600はマイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長い
のとで上がり勝負となる。
速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には常に注意が必要で、
逆に追い込み馬は届かない場合が多い。
馬場状態で狙い馬が変わってくるレースで気になるところですが、土曜日はそれ程の馬場悪化は
なく、日曜日は午前中に少し降るだけという予報ですので良見込みで良いのではないでしょうか。
過去5年で前半3Fが35秒を超えたのはアパパネが勝った2010年のみで、その年は逃げた
オウケンサクラが2着に粘ったが、それ以外の年は全て34秒台で、逃げ先行馬は苦戦傾向にあり
ます。今年も前へ行きたい馬が多いことからスローになることは考えにくく、差し追い込み勢を
軸として考えます。
レッドオーヴァルとメイショウマンボは甲乙つけがたいのですが、騎手の差でレッドオーヴァルを
上位としました。騎手と重馬場の紅梅Sを勝っていることから人気になっていますが1番人気で
負けたチューリップ賞は、外を廻って上がりは最速でした。チューリップ賞よりペースが速くな
るのは確実で、前走以上は見込めるでしょう。
メイショウマンボは例年よりペースの遅かったフィリーズRを4コーナー11番手から差し切った。
差し有利な阪神1400ではあったが、スローだったこぶし賞でも上がり最速で勝っており差し脚は
レッドオーヴァルと遜色ないと見るべきです。
アユサンはチューリップ賞では先行策で権利を収めましたが差し脚に良さがあり、位置取りは
ペース次第で自在に動けるのが強みで、3着候補として期待しています。
クロフネサプライズはパンパンの良馬場なら消しのつもりでしたが、少し上がりのかかる馬場
状態の可能性がある以上押さえは必要と考えました。

[中山10R 汐留特別 芝外1600]

過去5年の平均ラップ(隅田川特別1000万下)
12.5-11.1-11.2-11.6-12.0-11.8-11.7-12.0
前後半3F
34.8-35.5

◎コスモトゥルーラヴ
○エメラルドスピード
▲こちらをクリック→FC2 Blog Ranking
△ケルンフォーティー
△ゴールドカルラ
△ターフェル

中山芝1600は一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると
外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速く
なり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、
後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。
コスモトゥルーラヴは中山1600は前々走1.2秒負けを喫しているが、ハイペースに巻き込まれて
のものでペースに左右されるところがあるが、13頭立てでもあり速くならなそうなここは先行
してすんなり残れそう。
エメラルドスピードも同様でハンデが恵まれた感があり、人気でもしかたがないか。
外差し馬場になってきているので、差し追い込み馬のも注意を払いたい。





2013-04-07 03:33 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4/6土曜日の予想

[中山11R ニュージーランドT 芝外1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-10.9-11.4-11.5-11.8-11.8-12.0-12.1
前後半3F
34.6-35.8

◎ゴットフリート
○ガチバトル
▲マイネルホウオウ
△エーシントップ
△マンボネフュー
△プリムラブルガリス

中山芝1600は一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると
外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速く
なり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、
後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。
先週より外差しが効く馬場になってきているので、外枠の差し・追い込み馬は馬券的に妙味が
ありそう。
人気だが朝日FS3着のゴットフリートを本命とします。
1枠なのは微妙だが、今回も朝日FS同様速い流れになりそうで、後方から捲くって差すスタイル
がハマる展開になりそう。


[阪神11R サンスポ杯阪神牝馬S 芝1400]
過去5年の平均ラップ
12.4-10.8-11.4-11.7-11.4-11.4-11.9
前後半3F
34.6-34.8

◎アイムユアーズ
○イチオクノホシ
▲サウンドオブハート
△ハナズゴール
△シュプリームギフト
△カラフルデイズ

前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、
ラスト1ハロンは大きく失速する。
前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダートからの転戦馬がしばしば穴をあける。
逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。
このレースは同コース古馬混合の阪急杯に比べ、前半~中盤で緩いラップで持続する牝馬重賞
特有の流れとなり、上がりも速く前後半イーブンに近いラップになるのが特徴。
今日の天候からしてメインでは重馬場は避けられそうにないので、追い込み脚質の馬は割り引いて
考えたほうが良さそうです。
アイムユアーズは以前からこのコースがベストと思っていました。
34秒台の前半ラップでも先行出来て、上がりのかかるラストを粘り切るスタイルはファルブラヴ
産駒に多く見られる傾向で、道悪も得意としています。
3歳牝馬限定ではオークス、秋華賞と使ってきましたが、今後は1200~1600を中心に使われる
のではないでしょうか。






2013-04-06 00:54 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

今週の展望

先週日曜日は、阪神競馬場に行ってきました。
GⅡなのに、パドックは凄い人集りでオルフェーヴルの集客力には底力を感じました。
もちろんレースぶりにもですが。
今週からいよいよクラシックに突入、桜花賞が行われます。
事前予想の段階でかなり絞れてきているのですが、週末の天候はかなり荒れ模様で
馬場状態によっては大きく予想を変えざるをえない状況になるかもしれません。
以前のレース回顧でも触れたように、上がりがかかる展開になればクロフネサプライズが
断然有利になるでしょうから。
土曜日の重賞等も面白そうなレースなので極悪馬場になるのだけはカンベンしてほしいものです。

桜花賞の注目馬はコレ→FC2 Blog Ranking
穴人気しそうですが侮れない。






2013-04-04 23:55 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-