3/31日曜日の予想

[阪神11R 産経大阪杯 芝2000]

やや重だった昨年を除く過去4回の平均ラップ
12.4-11.1-12.3-12.1-11.9-12.2-11.8-11.6-11.6-12.0
前後半3F
35.8-35.1

◎ダークシャドウ
○オルフェーヴル
▲ショウナンマイティ
△エシンフラッシュ
△ヒットザターゲット

阪神芝2000はコーナー4回の内回りコース。
先行争いから隊列が決まればある程度ペースが落ち着くものの、短い最後の直線と坂により
速い上がりは出ない。
やや重で前半3F 39.1と極端に遅かった昨年のレースはデータから除外しました。
このレースは中盤があまり緩まず11秒後半~12秒前半の息の入らない厳しいラップになる傾向
があります。
どうしてもオルフェーヴルの粗探しをしてしまいますが致命的なマイナスポイントはありません。
しいてあげるなら内回りの緩急のないラップを経験していない事と、近走折り合いを重視するあまり
位置取りが後方になってしまいがちなので、息の入らない展開になると置いて行かれる恐れが
ある事。逆に問題なく折り合ってしまう可能性はあるものの、経験のないラップでいつもの末脚が
繰り出せるのか。
一方ダークシャドウは息の入らない厳しいラップの中距離に適正があり、速い上がりが必要なJC、
有馬記念でも大きくは崩れなかった。オルフェーヴルとは2キロ差があり、ベスト条件でどこまで
出来るか期待と妙味から本命としました。
ショウナンマイティも同様に遅い上がりを差す展開を得意としていて、内から差す展開になれば
面白い。

[中山11R ダービー卿CT 芝外1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-11.6-11.7-11.9-11.8-11.5-11.5-11.6
前後半3F
35.7-34.6

◎ホーカーテンペスト
○ダイワマッジョーレ
▲こちらをクリック→FC2 Blog Ranking
△ダイワファルコン
△ガルボ
△ドナウブルー

中山芝1600は一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると
外枠はほぼノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速く
なり、ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、
後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。
ホーカーテンペストは同コース3-0-0-1。コーナーでの加速力に長け、マクリを得意としている。
実績馬のハンデを考えると低調とも言える相手なので、省級でも十分勝ち負け出来るできるのでは。







2013-03-31 00:52 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/30土曜日の予想

[阪神11R コーラルS ダ1400]

過去4回の平均ラップ(重不良は除く)
12.4-10.8-11.6-11.9-11.9-11.9-12.5
前後半3F
34.8-36.2

◎トウショウカズン
○マルカベンチャー
▲マルカフリート
△アドマイヤサガス
△タイセイシュバリエ
△アルゴリズム

阪神ダ1400は芝部分からのスタートで内側より外側のほうが芝を走る距離が長い為、外枠の
先行馬は先手が取りやすい。スタートからペースが速くなり、最後の1ハロンは大きく失速する
前掛かりラップだが、クラスが上がる程失速度いが少ない。逃げ先行馬が有利だが1200程は
残れないので、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。
トウショウカズンはオープン実績はマルカフリートに譲るものの、すんなり好位置を獲れる
大外枠に入った事と阪神ダ1400の実績から期待出来そう。
あまり人気にならなそうなマルカベンチャーの追い込みに期待して馬券を組み立てたい。

[中山12R 1000万下 ダ1200]

過去5年の平均ラップ
12.1-10.7-11.4-11.9-12.3-13.1
前後半3F
34.2-37.3

◎シンキングマシーン
○ルミナススカイ
▲フルヒロボーイ
△エスケープマジック
△トリニティチャーチ
△ケイアイクライム

中山ダ1200は芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利
と言われているが、実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になり
やすい。スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり
中央場所では群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、
ペース次第では後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発して
いるような馬は常に注意が必要。
下級条件では前半3Fが33秒台になることは少なく、後方待機勢は狙い辛い。
シンキングマシーンは同コースの前々走500万下を好位置から抜け出す競馬で勝利しているが
負かした相手からすぐに500万下勝ち馬が出ているようにレースレベルが高かった。
今回も外枠から好位置をキープ出来そうで勝ち負け濃厚と見ています。







2013-03-28 23:57 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

先週の回顧

先週は投稿4R中 単勝が3R的中、馬単2R的中でしたが何れも激安でした。
そんな中で高松宮記念について少し触れてみたいと思います。
スローだが差し、追い込みが利くという想定をしていた通りでしたが
レースラップが前後半3F 34.3-33.8で1200戦なのに後半のが速いというラップでした。
ちなみに昨年は34.5-35.8で昨年より前半が0.2秒速いのに後半は2.0秒も速いという
馬場差はあるものの、昨年に比べればとてつもないラップです。
1200で後半3Fのほうが速くなるレースは京都ではしばしば見られ、中京でもこれまでに
数レースありましたが、何れも下級条件戦で特に新馬戦に多く見られます。
重賞レベルではあまり見ないのですが、今年の高松宮記念の前哨戦シルクロードSはそんな
レースでした。
シルクロードS 35.0-33.6
勝ったのはドリームバレンチノですから、この馬にとってはうってつけの展開だったのかも
しれません。
前半32.7だったスプリンターズSと今回の高松宮記念を勝ったロードカナロアは展開不問の
すごい馬なのは間違いありません。
スプリンターズSは先行激化~上がりのかかるラストになるので、異質のこの2つのG1を連覇
するのは難しいのではないでしょうか。
今回は改装2年目でデータ量が少ない為、積極的に勝負はしたくないレースでしたが徐々に分析
して早く手の内に入れていきたいと思います。

オルフェーヴル登場の産経大阪杯。負かせるとしたらこの馬→FC2 Blog Ranking






2013-03-28 01:15 : レース回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/24日曜日の予想

[中京11R 高松宮記念 芝1200]

改装後準オープン以上の平均ラップ
12.2-10.7-11.5-11.5-11.5-12.2
前後半3F
34.4-35.2

◎ロードカナロア
○ドリームバレンチノ
▲ツルマルレオン
△サンカルロ
△サクラゴスペル
△ダッシャーゴーゴー

改装されて2度目の高松宮記念となるが、このコースのポイントは長い直線と最後の坂で
中山競馬場に次いできつい坂になっています。
古馬重賞は前年のこのレースとCBC賞の2レースしか行われていないのでサンプルは
準オープンまで含めました。
昨年のこのレースは前半3F34.5のスロー、CBC賞は33.7、準オープン含めた平均で34.4
であることからそれ程速くはならなそうで上がりとのタイム差も1.0以内と小さい。
しかし最後の長い直線と坂から追い込みが可能となり、適性としてはラップと反して
京都1200よりも中山1200のほうが近いのかも知れません。
ロードカナロアは京都のような前後半イーブンに近いスプリントに適正があると考えていま
したが、スプリンターズSでは前半32.7の速いラップを大外枠ということもあり、無理に
行かせず後方から差す競馬で勝ちました。ペースに対応出来る幅が大きくポジションも自在
に立ち回れることから視角がなさそうですが、負けるイメージとしては早め先頭で差される
くらいでしょうか。
対抗のドリームバレンチノは函館SSでロードカナロアに勝っていますが、この馬も対応幅が
大きく差す競馬がパターンですので初めての中京ですが適性は高いと思われます。
一発穴で追い込み型のツルマルレオンに期待します。先行有利の京都では届かずで物足りない
ですが追い込みが効くコースでは上位に来ています。こういうタイプはレースグレードが
上がる程、先行激化するので突っ込んできます。

[阪神11R 六甲S 芝外1600]

過去2回の平均ラップ
12.8-11.1-12.0-12.0-12.0-11.3-11.4-12.7
前後半3F
35.8-35.4

◎こちらをクリック→FC2 Blog Ranking
○トーセンレーヴ
▲サンレイレーザー
△ヒストリカル
△メジャーアスリート
△フラガラッハ

阪神芝1600はマイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が
長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時
の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。
FC2 Blog Rankingはコースを問わず先行が激化すると確実に差してくるが、スローになると不発に終わる。
上がり勝負のコースでAコース最終日、差しも有利になって来ているので狙ってみたい。






2013-03-24 01:48 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/23土曜日の予想

[阪神11R 毎日杯 芝外1800]

過去5年の平均ラップ
12.7-11.3-11.6-12.7-12.5-12.4-11.6-11.2-12.0
前後半3F
35.6-34.8

◎キズナ
○ピュアソルジャー
▲コメットシーカー
△テイエムイナズマ
△メイショウブシン

阪神芝1800はコーナー2回の外回りコース。スタートしてから最初のコーナーまで直線が長く
中盤はコーナーをゆったりと回り、長い直線は上がり勝負となる。
オープンクラスとなると中盤がハロン12秒前半のラップが続き上がりが少しかかる傾向にある。
低調なメンバーに恵まれた感のあるキズナは、ここは賞金加算のチャンス。
中盤が緩んだラップでは確実に良い末脚を使えているので、ここ2戦内回りコースでやや底を
見せてしまった感があるものの、外回りコースはプラスであろう。
遠征で減った馬体重が回復しているかどうかには注意を払いたい。
上がり勝負を見越してピュアソルジャーを狙ってみたい。良い脚を使うものの届かずという
レースが続いていますが、切れはメンバー中最上位ではないでしょうか。

[阪神10R 鳴門S ダ1400]

過去5年の平均ラップ(2011年以前は陽春S)
12.4-10.8-11.5-12.1-12.1-11.9-12.6
前後半3F
34.7-36.6

◎セイカプリコーン
○ホクセツキングオー
▲アマノレインジャー
△ホクセツダンス
△ピナスイート
△ルグランヴォヤージ

阪神ダ1400は芝部分からのスタートで内側より外側のほうが芝を走る距離が長い為、外枠の
先行馬は先手が取りやすい。スタートからペースが速くなり、最後の1ハロンは大きく失速する
前掛かりラップだが、クラスが上がる程失速度合いが少ない。逃げ先行馬が有利だが1200程は
残れないので、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。
セイカプリコーンはトップハンデ57Kではあるが、同コースでの安定した成績はこのメンバー
なら当然上位。ゲートの出があまり良くない分、芝実績もあるように芝スタ-トのコースなら
ポジションを押し上げれるので中団から差し脚の生かせる位置に持ちこめる。






2013-03-23 00:57 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

先週の回顧

先週は土曜日に配信した韓国馬事会杯で馬単7,670円、3連単160,100円を的中する
事が出来ました。
中山芝1600は自分では得意なレースだと思っていましたので、結果が出てホッと
しています。
しかし自信アリと見ていた日曜日のスプリングSでは、軽視していたロゴタイプに
圧勝されてしまいました。この馬に関しては朝日FSのレースからクラシック路線では
厳しいと判断していたので、今回は無印としてしまいました。
皐月賞の主役級となった今、もう一度この馬について考えてみました。
朝日FS
12.1-10.8-11.0-11.5-11.9-12.2-11.8-12.1
スプリングS
12.6-11.8-12.4-11.7-11.6-12.1-12.3-11.4-11.9
皐月賞過去5回平均(重不良除く)
12.2-11.2-12.1-12.1-12.2-12.1-12.2-11.8-12.1-12.2
過去2走のレースラップから緩急差の少ない速めの流れが合っているのは見立ての通りで、
上がりもかかる展開が良いのは間違いないですが、それ以上に好位に付け内々を回って
来る小回り適正の高さがこの馬の最大の長所ではないでしょうか。
皐月賞も中盤が緩まない淀みのない流れにはなるでしょうが、この馬の過去2走に比べれば
中盤が若干緩むことは間違いありません。
中盤が緩んで瞬発力が必要な上がり勝負になれば、付け入る隙が出てくるでしょう。
あともう1頭、スプリングSで本命としたフェイムゲームに触れておきたいですが、
中山で2連勝した戦法と同じように後方から外々を回って届かずの0.3差4着でしたが
内回りコースでのマクリに良さがあるので、早めに動くか思い切って内を突くか、
末脚は確実に伸びてくるので乗り方一つで馬券になる要素を持っていると思います。
皐月賞ではさらに人気を落とすようなら狙ってみたい1頭です。





2013-03-20 01:04 : レース回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/17日曜日の予想

[中山11R スプリングS 芝1800]

過去5回の平均ラップ(重不良を除く)
12.5-11.5-12.2-12.3-12.4-12.6-12.2-11.6-12.0
前後半3F
36.2-35.8

◎フェイムゲーム
○アクションスター
▲タマモベストプレイ
△マイネルストラーノ
△テイエムダイパワー
△サーストンニュース

中山芝1800は小回りで直線が短いことから、逃げ馬が残りやすく先行有利で枠順も内枠が有利。
ペースがレースによってクラス関係なく変わるので、ある程度の展開の読みが必要。
京成杯の1・2着馬を本命対抗としました。
前崩れで差し馬が台頭したレースとなりましたが、フェイムゲーム、アクションスター共に
3・4コーナー中間から追い出して、マクリぎみに差して来たものでコーナーでの加速力に
優れています。重賞実績馬にも拘らず前日オッズではあまり人気がなさそうなので、思い切って
狙ってみたいです。
一方人気の2歳王者ロゴタイプですが、速くて持続的なラップをバテずに粘り込むタイプで
ここから皐月賞をパスしてマイルCへ直行というパターンが理想だと思います。

[中山12R 1000万下平場 ダ1200]

※印のみ

◎ピグマリオン
○ウッドシップ
▲こちらをクリック→FC2 Blog Ranking
△ワンモアジョー
△ショウナンスマイル
△ドルモン



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村







2013-03-17 00:51 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/16土曜日の予想

[中山11R フラワーC 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.6-12.6-12.5-12.3-12.5-12.1-11.7-12.1
前後半3F
36.6-35.8

◎カラフルブラッサム
○エバーブロッサム
▲タプローム
△ダイワポライト
△アルファアリア
△レッドマニッシュ

中山芝1800は小回りで直線が短いことから、逃げ馬が残りやすく先行有利で枠順も内枠が有利。
ペースがレースによってクラス関係なく変わるので、ある程度の展開の読みが必要。
収得賞金が400万より上の出走馬が1頭でしかもその1頭はダートで2勝という近年まれに見る
低レベルメンバーで、ほとんどが1勝馬。
賞金上積みを目論んで桜花賞・オークスを狙いたい馬の争いで馬券としては面白そうだが、
難しい。
カラフルブラッサムは阪神JF5着と実績では上位。ビオラ賞では勝ちに行って差されたが
マクリぎみに早目に先頭に立ったもので、結果差し有利な展開になっただけ。
ここは人気でも順当と見る。


[中山10R 韓国馬事会杯 芝1600]

過去3回の平均ラップ
12.4-11.3-11.2-11.7-11.6-11.7-11.7-12.4
前後半3F
34.9-35.7

◎ホーカーテンペスト
○ミヤビファルネーゼ
▲フラワーロック
△キッズニゴウハン
△パワースポット
△ケイアイエレガント

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼ
ノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、
ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、
後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。
他場で重賞と皐月賞トライアルがありますが、馬券的妙味から、こちらにしました。
ホーカーテンペストは同コース2勝。昇級も東京では末脚に物足りなさがあるものの中山では
位置取りはペース次第だが、後からでもコーナーで加速してマクれる上手さがある。
ミヤビファルネーゼは最速上がり連発の確実な末脚を持っているが、ペース次第で届かない
可能性がある。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村




2013-03-14 18:29 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/10日曜日の予想

[阪神11R フィリーズレビュー 芝1400]

過去5年平均ラップ
12.2-10.7-11.5-11.9-11.9-11.9-12.3
前後半3F
34.5-36.1

◎サンブルエミューズ
○シーブリーズライフ
▲サウンドリアーナ
△ナンシーシャイン
△ハイマウンテン
△ディズトレメンダス

前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、
ラスト1ハロンは大きく失速する。
前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダートからの転戦馬がしばしば穴をあける。
逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。
サンブルエミューズは適性がマッチするというほどではないが、ラップへの対応幅が広い。
新潟での未勝利戦ではハイラップで逃げ切り、芙蓉Sでは外から突き抜ける等能力は高い。
フェアリーSで差し返されたクラウンロゼがアネモネSを快勝した。自在性があるので後で
じっとしていたほうが良い結果が出そう。
シーブリーズライフは速いラップへの対応能力が高い。速いペースを後方でじっとして差す
競馬が合っているので外枠はかえって都合が良さそう。

[中山10R 東風S 芝1600]

過去4回の平均ラップ(重不良を除く)
12.4-11.4-11.3-11.5-11.6-11.7-11.5-12.2
前後半3F
35.1-35.5

◎ネオヴァンドーム
○スピリタス
▲キングレオポルド
△キョウエイストーム
△エアラフォン
△マイネルラクリマ

般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼ
ノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、
ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、
後方からでは外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。
どれも強調材料に欠ける難しいメンバーで、夜間発売で1年ぶりのマイネルラクリマが
1番人気になっていることから難解なレースであることがうかがえる。
人気のなさそうなネオヴァンドームだが、コーナーで加速しながらマクるコースに適正が
あり、中山コースも悪くない。近走上がりの速かった前走京都金杯以外はオープン・重賞で
大きくは負けていないので、思い切って狙ってみたい。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村







2013-03-09 19:14 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/9土曜日の予想

[中山11R アネモネS 芝1600]

過去4回の平均ラップ(重不良を除く)
12.5-11.3-11.7-12.1-12.2-12.1-11.7-12.1
前後半3F
35.6-35.8

◎クラウンロゼ
○ジーニマジック
▲ネロディアマンテ
△ウリウリ
△サクラディソール
△ナムラビジン

一般的に内枠有利、外枠不利と言われているがその通りで、フルゲートになると外枠はほぼ
ノーチャンス。1コーナーまでの先行争いとバックストレッチの下り坂で前半は速くなり、
ラストはゴール前の急坂もあり大きく失速する。前掛かりラップになることが多いが、後方から
では外を回ることと、最後の直線が短いことから圧倒的に先行有利。
クラウンロゼはフェアリーSを10番人気で逃げ切り勝ちした。このレースはから後にクイーンC
の1~3着、先週もウインプリメーラがチューリップ賞を2着する等出世レースになっている。
馬場が軽く時計が速かったのを差し引いても中盤12.0-12.0と牝馬限定戦にしては息の入らな
かった展開で、捉えにかかったサンブルエミューズを差し返したのだから、なかなかのもの。
内枠を利して経済コースを通れるのも強み。
人気のサクラディソールは前半~中盤が緩むラップに適性がありペースの忙しいここは合わない
と見ているうえに大外枠に入ったことで前に行きたければ序盤でかなり脚を使わなければならな
い為評価を落とした。

[阪神11R ポラリスS ダ1400]

※印のみの掲載とさせて頂きます。

◎トウショウカズン
○スティールパス
▲エアウルフ
△アドバンスウェイ
△ケイアイテンジン
△ウォータールルド



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村








2013-03-08 22:23 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

チューリップ賞&弥生賞回顧

先週のクラシックへ向けての重要なトライアル
チューロップ賞と弥生賞ですが共に1番人気馬が飛んで、予想も同時にハズしてしまい
残念な結果となってしまいました。
チューリップ賞は、自信を持って無印としたクロフネサプライズに逃げ切り勝ちをされて
しまいました。前半~中盤のラップは想定通りで34.7と上がり特化型になりましたが
切れ負けすると見ていたので正直驚きました。しかし上がりが掛かる馬場で差し追い込み勢には
不向きな展開になることを想定しておくべきだったと反省しております。
チューリップ賞よりも流れが厳しくなる桜花賞で逃げきるのは至難と思われ、ある程度人気に
なるので狙う妙味は少ないでしょう。
こういう流れが緩いトライアルでは追い込んだが届かなかったという馬が本番で浮上します。
1番人気で7着に沈んだレッドオーヴァルは上がり最速で追い込んで2着馬には0.2差ですから
充分チャンスはあるでしょう。
弥生賞のほうは本命とした1番人気のエピファネイアが4着に敗れました。
敗因はいろいろな理由が言われていますが、外枠から良いポジションを取るために少し仕掛けたら、
力んだまま追走してしまったという印象で返し馬から発汗が目立っていたのもそうなる要因だった
かもしれません。
コディーノについては内の経済コースを通って来た割には伸びが足りなかったのと、4コーナーで
ポジションが下がってしまったのは久々で反応が鈍かったのか距離なのか?
何れにしても少し底を見せ始めた印象です。
これでまた、皐月賞戦線が混沌としてきたので今後のトライアルにも要注目です。



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】



2013-03-06 10:10 : レース回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

3/3日曜日の予想

[中山11R 弥生賞 芝2000]

重馬場を除く過去5回の平均ラップ
12.4-11.1-12.2-13.0-12.9-12.7-12.5-11.9-11.4-11.9
前後半3F
35.8-35.3

◎エピファネイア
○コディーノ
▲カミノタサハラ
△クロスボウ
△キズナ

中山芝2000はコーナー4回の内回りコース。最初のコーナーまで距離があるので
ペースが上がらず、中盤もゆったりと流れ残り600mからペースアップするが
短い直線と最後の急坂により上がりの時計はかかる。逃げ先行馬が有利。
エピファネイアとコディーノの対決が楽しみで甲乙つけがたいですが、エピファネイア
を本命とします。位置取りはペース次第ですが、エピファネイアが大外枠なのと
ここ2戦はスローで折り合っていることからコディーノを見る形になるのではないで
しょうか。そうなると展望でも書いた通り、京都2歳S、ラジオN杯のような競馬ではなく
デヴュー戦のような末脚が求められる展開になりそうで、真価が問われるところでしょう。
狙って面白いのがクロスボウです。出遅れクセがあり後方からの追走になる為、スローだった
共同通信杯ではまったく出番がありませんでしたが、マクリを得意としているのでペースが
速くなれば3着辺りにつっこんで来る可能性があり、前日10番人気とまったく人気がないので
一発に期待したいです。

[阪神11R 大阪城S 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.8-11.5-11.9-12.2-12.1-12.0-11.7-11.2-12.3
前後半3F
36.2-35.2

◎リルダヴァル
○トリップ
▲ミキノバンジョー
△サクラアルディート
△エアソミュール
△タガノエルシコ

阪神芝1800はコーナー2回の外回りコース。スタートしてから最初のコーナーまで直線が長く
中盤はコーナーをゆったりと回り、長い直線は上がり勝負となる。
オープンクラスとなると中盤がハロン12秒前半のラップが続き上がりが少しかかる傾向にある。
リルダヴァルは同コースの前走で大敗したが、外を回ってマクったのが裏目に出てしまった。
ジリジリとしか伸びないので東京コースではキレ負けしてしまうが、上がりのかかるマイル~
1800がベストでここは相手にも恵まれた印象。
トリップはダートでいまいち結果が出ず芝へ戻ってきたが、弥生賞で2着しているように
先行出来て上がりのかかるラップに適性がある。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村







2013-03-02 17:34 : レース予想 : コメント : 1 : トラックバック : 0 :

3/2土曜日の予想

[阪神11R チューリップ賞 芝外1600]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.1-12.1-12.4-12.5-12.0-11.1-11.8
前後半3F
35.8-34.9

◎グッドレインボー
○アユサン
▲レッドオーヴァル
△ウインプリメーラ
△ローブティサージュ
△ウリウリ

阪神芝1600はマイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が
長いのとで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時
の逃げ馬には常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。
前掛かりラップに実績のある馬が多数出走していてペースがやや速くなると想定して予想を
組み立てました。
まず2歳女王ローブティサージュですが、阪神JFのレース回顧でも書いた通り前掛かりラップに
適性があると見ているので、前~中盤が緩むチューリップ賞より桜花賞のほうが着順が上に来る
のではないでしょうか。クロフネサプライズはダートラップ向きなので、ここよりもフィリーズRなら
勝ち負けだと思います。
グッドレインボーはゆったりとしたマイル戦で好走してきています。少し速くなるラップへの対応
に懸念はありますが、内枠を見方に粘り込みに期待します。
アユサンとレッドオーヴァルはペースが速くなり届くとみて重い印を打ちましたが、レッドオーヴァル
については鮮やかな前走の勝ち方から、かなりの人気になりますが大外枠に入ったことで後方で
じっくり構えると見られ、ペースが鍵となるでしょう。


[中山11R 夕刊フジオーシャンS 芝1200]

過去5年の平均ラップ(重馬場を除く)
11.9-10.7-11.0-11.4-11.4-12.1
前後半3F
33.7-34.9

◎ダッシャーゴーゴー
○サクラゴスペル
▲ラフレーズカフェ
△ツルマルレオン
△サクラアドニス
△フォーエバーマーク

スタートからコーナーまでが下り坂で加速がつきやすく最後の直線で急坂となる為、大きく前掛かり
のラップになる。前3Fが下級条件では33秒後半~34秒前半となり、逃げ先行馬が有利な流れに
なりやすいが、オープンクラスでは33秒前半になりやすく逃げ馬は苦戦傾向になる。
重賞実績の高いダッシャーゴーゴーを本命としました。
このレースは2年前に勝っていて、休み明けだった昨年は9着に敗れたが今年はシルクロードSを
2着と叩いてのステップなので人気もしかたのないところ。
対抗も同コースオープン勝ち実績のサクラゴスペル。
ラフレーズカフェは外枠に入ってしまったのが残念だが、適正は高い。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村






2013-03-01 13:28 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-