弥生賞展望

今週は皐月賞トライアルの弥生賞が行われます。
駒が揃ってないと言われる今年の牡馬クラシック路線において、かなりメンバーが
揃った感じがします。そんな中、現在横綱級の評価を受けているエピファネイアに
ついて検討してみました。
京都2歳S、ラジオN杯とオープン・重賞を連勝しましたが何れもコーナー4回の内回りコース
なのと、小頭数のスローペースを2・3番手につけて抜け出す競馬で、1~3番手が1~3着の
前残りでこれらのレースでは高い評価をすることは出来ません。
京都2歳Sの前後半3F  38.7-34.0
ラジオN杯の前後半3F 39.8-34.5
弥生賞の平均前後半3F 36.1-35.3(重不良を除く過去4回) 
皐月賞の平均前後半3F 35.5-36.2(中山で行われた過去5回)
弥生賞も皐月賞も前半が36秒前半で、特に皐月賞では中盤も緩みにくいラップへの対応面が
不安となりますがスローを先行して折り合い、現実連勝しているわけですからコーナー4回の
内回りコース巧者とも言えるので、このあたりの評価が難しいところです。
それよりも注目すべきは新馬戦での内容です。
レースラップ36.6-38.3-34.0で自身の上がり3F33.5は上がり2位に1秒も差を付け
勝ち時計1.48.9も優秀です。
2005年以降10・11月の京都芝1800の新場戦で前半3Fが37.0以内で33秒台の脚を使った馬
はローズキングダムだけで、そのレースとエピファネイアの新馬戦の時計とラップが酷似
しています。
36.8-37.9-34.2 自身の上がり33.9 勝ち時計1.48.9
上がりの差は位置取りの違いで、4番手~4コーナー2番手でした。
その時の上がりタイム差も2着のヴィクトワールピサを除いては1秒以上付けています。
ローズキングダムはその後朝日杯を勝ち、皐月賞は4着に敗れましたがダービーでは
超スローの上がり勝負を2着しています。
ちなみに上がりタイムだけならブエナビスタが33.5を出していますが、自身の時計は1.52.0
でレースラップは前半3F38.1と緩んだ展開でした。
血統面から父シンボリクリスエス×母シーザリオ・母父スペシャルウィークで一見重くズブい
イメージがありますが、母シーザリオはオークスを鬼脚を使って差し切り勝ちしています。
これらを総括すると内回りコースでは先行して好位差し、広くて直線の長いコースでは後方から
追い込みと自在性を持っているようだと皐月賞とダービーどちらのコースも適性が高い可能性が
あり、2冠もあるかもしれません。
そういった目で、弥生賞を注目したいと思います。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村

予想から馬券購入まで、無料で使えるあなた専用の競馬データベース【KLAN.jp】



2013-02-25 23:56 : その他記事 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/24日曜の予想

[中山11R 中山記念 芝1800]

過去5年の平均ラップ(不良馬場を除く)
12.8-11.7-12.0-11.9-11.7-11.9-11.9-11.5-12.1
前後半3F
36.5-35.5

◎ナカヤマナイト
○アンコイルド
▲リアルインパクト
△ダノンバラード
△ダイワファルコン
△タッチミーノット

中山芝1800は小回りで直線が短いことから、逃げ馬が残りやすく先行有利で枠順も内枠が有利。
人気馬が外枠に集中してしまい難しいレースになってしまったが、ナカヤマナイトを本命とする。
このコース屈指の巧者であり、ここへ標準を定めて来ている。
アンコイルドは内回りコース巧者で、先行して再内追走から差す競馬が板に付いている。
初めての中山コースで急坂を克服出来るかが鍵だが可能性に期待したい。
開幕週という事もあり、内枠で先行出来るリアルインパクトは昨年も3着に粘っているので
再現がありそう。

[阪神11R 阪急杯 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.2-10.7-11.3-11.6-11.6-11.6-12.2
前後半3F
34.1-35.3

◎サンカルロ
○ロードカナロア
▲ブライトライン
△マジンプロスパー
△レオアクティブ
△クィーンズバーン

阪神芝1400は前半から速いラップで進み、1ハロンも緩むことなく最後の直線に入り、
ラスト1ハロンは大きく失速する。前掛かりのダートのレースラップに近いことから、ダート
からの転戦馬がしばしば穴をあける。
逃げ馬は残りにくく、速い上がりを連発しているような追い込み馬は常に注意が必要。
このコースでは確実に上位に来るサンカルロを本命とする。
脚質的に上がりが速い先行有利の1200では届かないことが多く、先行勢が総崩れとなることが
珍しくないこのコースなら、本来速い上がりのスプリント戦に適性のあるロードカナロアを
逆転出来る可能性がある。
ブライトラインとレオアクティブも同じ様に上がりの掛かるラップを追い込むタイプで注意が
必要です。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村








2013-02-23 19:46 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/23土曜日の予想

[阪神11R アーリントンC 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.7-11.1-11.8-11.9-11.9-11.6-1.4-12.6
前後半3F
35.6-35.6

◎ラブリーデイ
○コパノリチャード
▲タガノエンブレム
△テイエムイナズマ
△レッドアリオン
△メイショウヤマホコ

阪神芝1600はマイルにしてはペースが速くなりにくいのと、外回りコースの為最後の直線が長いの
とで上がり勝負となる。速い上がりのレースを得意とする馬を狙うが、スローペース時の逃げ馬には
常に注意が必要で、逆に追い込み馬は届かない場合が多い。
ところがこのレースは毎年スプリント寄りの馬が出走してくることからか、前半のラップが速く
なりがちで前後半ほほイーブンのラップになっている。
今年は10頭立てと少頭数なので、少し上がりの速いラップを想定して予想を組み立ててみました。
ラブリーデイは京王杯での上がりの速いラップでカオスモスに大きく先着しているように、
前後半で後半のほうが速くなる展開になればもう一度先着出来る可能性が高く、カオスモスを無印
としたのは前半が速くなるスプリント寄りのラップに適性があるからです。
人気のコパノリチャードは前後半イーブンのラップに適正があり、京都マイルが最適に思いますが
このメンバーなら能力上位でしょう。


[中山11R 千葉S ダ1200]

過去5年の平均ラップ
12.1-10.4-10.9-11.7-11.8-12.6
前後半3F
33.3-36.2

◎マルカバッケン
○デュアルスウォード
▲ゴールドバシリスク
△エクセルシオール
△トーホウチェイサー
△キョウエイカルラ

中山ダ1200は芝スタートで芝の切れ目までの距離が外枠が長いことから一般的には外枠有利と
言われているが実際には外枠の先行馬が有利。逆に内枠で先行出来ない馬は不利になりやすい。
スタートからペースが芝並に早くなり、上がり3ハロンの失速は最後の坂もあり中央場所では
群を抜いて大きい。先行馬有利なのは他場のスプリント戦と変わらないが、ペース次第では
後方馬が大外から追い込んでくることは珍しくないので早い上がりを連発しているような馬は
常に注意が必要。
少し小粒なメンバー構成なので、中山ダ1200オープンを4戦して3着2回4着2回と安定して
上位に走っているマルカバッケンを本命としました。
前に行く馬が多く追い込み場の台頭を期待して人気薄のゴールドバシリクスを狙ってみたいと
思います。
2桁着順が続いていますが「後方から上がりは常に上位で、先行有利のコースでハマらなかった」
という馬はこのコースで特に前半が速くなるオープンクラスではマークが必要です。



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村







2013-02-21 23:45 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/17日曜日の予想2

[京都11R 洛陽S 芝外1600]

過去2年の平均ラップ(2年共ハンデ戦)
12.4-11.0-11.4-11.7-11.9-11.9-12.0-12.2
前後半3F
34.7-36.1

◎フレールジャック
○マックスドリーム
▲サウンドオブハート
△ダノンプログラマー
△ヒットジャポット
△シルクアーネスト

京都芝外1600は前後半のラップがほぼイーブンになるのが特徴。スタートから最初のコーナー
(3コーナー)まで700mあり、クラスが上がると中盤のラップが厳しくなり前掛かりラップに
なることも少なくない。結果差し馬の台頭も多くなる。
このレースはオープンということで、前半~中盤が速いレップになり上がりが掛かるレースに
なっている。
フレールジャックはなかなか成績が安定せず、使い所を模索しているようだが速い上がりの
レースより上がりが掛かるマイルが丁度いいと思う。
マックスドリームも同コースの準オープンを勝っていて、上がりの掛かるラップを差してくる
ので上手く立ち回れれば勝ちきる可能性のある。



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村











2013-02-17 10:50 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/17日曜日の予想

[東京11R フェブラリーS ダ1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-10.9-11.7-12.0-12.1-12.1-11.9-12.2
前後半3F
35.0-36.1

◎イジゲン
○ガンジス
▲ワンダーアキュート
△テスタマッタ
△シルクフォーチュン
△グレープブランデー

東京ダ1600は芝スタートで外枠のほうが芝を長く走るので一般的には有利とされている。
スタートからコーナーまでは640mあり、最後の直線は日本のダートコースで最長を誇る。
コーナー2回と直線が長いこと、砂が軽いことからスピードを要求される。
前後半のラップ差はダートコースなので前掛かりではあるが緩急差は少ない。
フェブラリーSの特徴としては中盤2Fのラップが厳しくなることで、このラップタイム差が
そのまま武蔵野Sとの勝ち時計差になっている。

このレースのポイントは展望でも書かせてもらいましたたが、イジゲンのスタートと
カレンブラックヒルの取捨てなのは、いろんなメディアでも取り上げられていますね。
まずイジゲンですが、出遅れを承知で本命とします。出遅れの度合にもよりますが、少しの出遅れ
なら前が速くなる展開が味方をしてくれる可能性に賭けたいと思います。
過去2走において見せた東京コースでのパフォーマンスは、前走JCD15着なのに前日オッズ
2番人気にファンから支持されていることにも表れています。
もう一つはガンジスが連軸有力であって、勝てるかと言われると微妙であることでイジゲン本命の
結論としましたが、これはギャンブルですね(笑)。
中盤2Fのラップが厳しくなることから、イジゲンが出遅れた場合マクリに手間取るとガンジスの
逆転も可能性があると考えておいてもいいと思います。
カレンブラックヒルですが、前日1番人気には少しビックリしました。
ラップ適性からは充分こなせると思いますがやはり初ダートがG1では厳しいと考え無印としました。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村








2013-02-17 01:18 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/16土曜日の予想

[東京10R 初音S 牝馬芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.6-11.3-12.0-12.0-12.2-11.4-11.4-12.0
前後半3F
35.9-34.8

◎ラインジェシカ
○クッカーニャ
▲ウインクリアビュー
△ガーネットチャーム
△ファーゴ
△ラフォルジュルネ

東京芝1600は下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く
使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。
このレースは牝馬限定ということもあり、過去の平均ラップは前半~中盤が緩み速い上がりの
レースとなっている。
ラインジェシカは昨年の同レース3着で、前走も同条件で最速上がりの2着と東京コースで安定
した結果を残している。決め手に欠けるところがあり勝ちきれるかは少し疑問だが前目に付け
れれば、軸馬としては最も信頼できるだろう。
クッカーニャは中距離を多く使われていて、緩い流れの東京1800の1000万条件戦を勝っている
ことから、マイルでも牝馬限定特有の流れになれば台頭してくる可能性があり、あまり人気に
ならないようなら狙って面白い。


競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村








2013-02-15 20:45 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

フェブラリーS展望

今週は今年最初のG1フェブラリーSが行われます。
個人的には、芝も含めたG1の中でも上位に好きなG1です。
馬券の相性も良いですが、スピード感溢れる直線の叩き合いが見ごたえ充分で
東京ダートならではの独特感がたまらないと感じています。
自分勝手な考えですが、レースグレードとしてはフェブラリーS>JCDです。
しかし今年は例年と少し様子が違います。
JCD勝馬ニホンピロアワーズ、東京大章典勝馬ローマンレジェンド、
川崎記念勝馬ハタノヴァンクールが回避、
重要な前哨戦の根岸S勝馬メイショウマシュウが故障とメンバーが揃いませんでした。
しかし、芝G1馬カレンブラックヒルの参戦により役者不足を少しは補ってくれた感じがします。
このカレンブラックヒルの取捨てが1つ目のポイントになると思います。
週末に状態等じっくり検討しますが、印象では前掛かりラップのマイル戦がベストな条件と思って
いて、先行力が高くスタートが芝なのでチャンスはあると感じています。
2つ目のポイントはイジゲンのゲートでしょうね。
武蔵野Sのパフォーマンスからこの馬に「クロフネ級」と感じた人は少なくないと思います。
しかしG1での出遅れは武蔵野Sの様にはいかないでしょうし、1分34秒後半~35秒前半の未知の
時計対応も気になるところでしょう。ダート路線のスターホースが出てきてもらいたいので
それらを克服して圧倒的なパフォーマンスを見せてほしいと願います。
現時点での本命馬はこの馬→人気ブログランキングへ








2013-02-13 12:31 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

レース回顧

[デイリー杯 クイーンC]
三連単 10,370円 的中
三連複 1,260+7,270円 的中
(ジーニマッジックとイリュミナンスが3着同着)

これで牝馬のクラシック路線は駒が出揃ってきた印象。
阪神JF組にレッドオーヴァル、トーセンソレイユ、ウキヨノカゼ。
スイートサルサの切れは伏兵として面白い存在になりそう。
コレクターアイテムは位置取りが改善されない限り厳しいでしょう。

[共同通信杯]
単勝 560円 的中
馬単 2,370円 的中

上がり重視の予想でメイケイペガスターを仕留められたが、今日のように前に行く競馬が
出来るなら皐月賞でも面白い存在になるのでは。
ラウンドワールドは出遅れが全て。まだ見限れないがGIでは足りない印象。

[雲雀S]
ハズレ



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村








2013-02-11 01:22 : レース回顧 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/10日曜日の予想

[東京11R 共同通信杯 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.7-11.3-11.9-12.4-12.6-12.4-11.5-11.3-11.8
前後半3F
36.0-34.6

◎メイケイペガスタ-
○ラウンドワールド
▲ゴットフリート
△クロスボウ
△マンボネフュー

東京芝1800は前半、中盤共ペースが緩み、東京コースの中では最もスローの上がり勝負に
なりやすい。後方過ぎると届かないケースはあるが、最速上がりを出している馬を基本的には狙う。
このレースは近年多頭数にならないこともあってか、前半~中盤が緩み上がり勝負となっている。
これからクラシックへ向けて上位馬が揃う中で、しっかりした折り合いと速い上がりを見極める
には格好の舞台となっている。
メイケイペガスターはデヴュー戦での強烈な末脚からデイリー杯では1番人気に推されたものの
ペースの違いに戸惑ってか大敗。久々の前走では内でしっかりと折り合い、リヤンドファミユと
同じ上がりをマーク。内回りコースを叩いた2走目のここに標準を絞ってきたと見える。
ラジニケ杯の敗北から評価が下がりつつあるラウンドワールドだが、札幌2歳Sの内容を評価する。
抜け出したコディーノとはコーナーを回った距離が違いすぎて、追いつかなかったが上がりは
最速だった。東京コースは合うはず。

[東京10R 雲雀S 芝1400]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.3-11.7-11.7-11.2-11.3-11.9
前後半3F
35.5-34.4

◎ウエストエンド
○アミカブルナンバー
▲こちらをクリック→人気ブログランキングへ
△ハングリージャック
△プランスデトワール
△ショウナンラムジ

東京芝1400は一定のスピードの持続力が必要で、かつ上がり特化型レースになりやすい為、
速い上がりも必要となる。ペースによってはやや前掛かりレースになることも少なくない為、
スプリント寄りの馬が多く出走する場合は注意が必要。
ウエストエンドは徹底して1400を使われているが、東京・京都では安定して好走している。
ややパンチに欠けるが先行力が安定した成績に繋がっているし、ラップ対応の幅も広い。
ペースが読み辛い1400という微妙な距離に適合した優良馬といえる。
アミカブルナンバーも同じようなタイプだが初めての55キロなので評価を下げた。



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村







2013-02-09 18:53 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/9土曜日の予想

[東京11R クイーンC 牝馬 芝1600 ]

過去5年の平均ラップ
12.5-11.2-11.9-12.5-12.6-11.5-11.4-12.0
前後半3F
35.6-34.9

◎スイートサルサ
○コレクターアイテム
▲イリュミナンス
△ウキヨノカゼ
△オーキッドレイ
△ジーニマジック

東京芝1600は下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く
使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。
このレースは3歳の牝馬限定戦ということで中盤が緩みやすくなり、上がりが速くなる
傾向にある。
スイートサルサは3戦連続上がり最速をマークしている。未勝利戦では中盤が緩んだ同コース
を唯一の33秒台で突き放し、前走フェアリーSでは不利な中山1600の大外枠で外を廻って追い
込んだが0.1差の5着と力を見せた。東京コースのここは大きなチャンスだろう。
唯一の重賞勝馬コレクターアイテムは実績は断然上だが位置取りが悪すぎる。
差し切れるパターンは前が失速した時で、前掛かりになりにくいこのレースでは早目進出が
望まれる。



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村







2013-02-08 19:48 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

2/3日曜日の予想

[京都11R きさらぎ賞 芝1800]

過去5年の平均ラップ
12.9-11.3-11.9-12.5-12.6-12.1-11.8-11.5-11.8
前後半3F 36.1-35.1

◎リグヴェーダ
○タマモベストプレイ
▲バッドボーイ
△マズルファイヤー
△ラストインパクト

京都芝1800はスタートから最初のコーナーまでが長くゆったりと流れ、4コーナー手前から
坂の下りを利用して一気にペースがあがる。直線は速い上がりが必要な瞬発力勝負となる。
リグヴェーダはデータ的に不利な1戦1勝馬ながら高いセンスを評価して本命とした。
前走では抜群のスタートから下げてキッチリ折り合い、騎手の動きに反応して抜け出した
辺りはデヴュー戦とは思えない上手さを感じた。
瞬発力で勝負するタイプではなさそうなので、阪神1800から京都1800になるのはプラスだろう。
タマモベストプレイは現時点では全兄達とは違って中距離ラップに対応出来る適性を持っている。
1400で2勝しているが何れもスローの上がりの速いラップを差してのもので、人気からも
狙って面白い。

[東京11R 東京新聞杯 芝1600]

過去5年の平均ラップ
12.4-10.9-11.5-11.8-11.7-11.4-11.7-12.0
前後半3F 34.8-35.1

◎クラレント
○トライアンフマーチ
▲ドナウブルー
△ダイワマッジョーレ
△マウントシャスタ
△ブライトライン

東京芝1600は下級条件では上がり特化型レースになることが多く、前に着けれて良い脚を長く
使える馬が狙い目となり、逃げ馬にも注意が必要。重賞クラスでは前掛かりラップになることは
珍しくなく、特に安田記念とNHKマイルCはハイペースの前掛かりラップになることが多い。
クラレントは前後半フラットからやや前掛かりラップのレースに適性を持ち、スパッと切れる
脚はないが良い脚を長く使える。その為、差される危険性はあるが確実に伸びてくるだろう。
トライアンフマーチは自在性がありどんなレースも出来るが、やはり前に行ったほうが良いだろう。
そういう意味では買いづらい馬ではあるが、東京1600の適性は高い。



競馬 ブログランキングへ

にほんブログ村








2013-02-02 21:47 : レース予想 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター