新潟競馬場 コース分析 勝負コース

【新潟競馬場】
<芝外2000>
過去3年のレースラップ 12.8-11.3-11.9-12.1-12.7-12.6-12.1-11.6-10.9-12.0
前後半3F 36.0-34.5
日本で唯一の2000mでコーナー2回のコース。スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。前半~中盤のラップにクラスの差はなく、上がりのラップの差に表れる。基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

<芝外1800>
過去3年のレースラップ 12.6-11.3-11.7-12.5-12.6-12.2-11.6-10.9-12.1
前後半3F 35.5-34.5
芝外2000mより200m前からスタートするだけで大きな違いはないが、1000万下以下の条件しか番組が組まれていない。基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

<芝外1600>
過去3年のレースラップ 12.6-11.0-12.0-12.2-12.1-11.5-10.8-12.0
前後半3F 35.6-34.4
スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。Aコース時は先行差し馬が有利だがBコース時は差し馬が圧倒的に有利。

<芝内1400>
過去3年のレースラップ 12.4-10.7-11.2-11.8-11.7-11.7-12.1
前後半3F 34.3-35.4
スタートから3コーナーまでは648mで外回り1600mよりも長い。最後の直線は359mと短く、上がり3Fにコーナーが含まれるのでラップは前掛かりになる。クラスにもよるが、逃げ先行馬が圧倒的に有利で、特にAコース時は余程のハイペースにならない限り追い込み馬には苦しい。瞬発力よりも、ワンペースで一気に走り切れる適性を求められるので、人気になりやすい東京コースの実績馬は取り捨を吟味する必要がある。

<芝1000>
過去3年のレースラップ 12.0-10.2-10.8-10.5-11.9
前2F後3F 22.2-33.2
日本で唯一の直線だけのコース。このコースの最大の特徴は外枠が圧倒的に有利で、特に開催が進んで内側の馬場が荒れ始めると外側に馬が殺到する。速力のあるスピード馬が好発から押し切るパターンが基本だが、最後の1ハロンが大きく失速するラップ傾向からしっかりとした末脚を持った馬が浮上することも多い。スタートの速いダートからの転戦馬が穴をあけるケースがあるので注意が必要。
2013-05-02 03:02 : 新潟競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

コース名人・・・になりたい

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター