京都競馬場 コース分析 勝負コース

【京都競馬場】
<芝外2200>
過去3年のレースラップ 12.6-11.2-12.5-12.7-12.5-12.8-12.8-12.1-11.6-11.6-11.9
前後半3F 36.2-35.1
スタート地点は正面スタンド前直線入り口付近。最初のコーナーまでの距離は400m。
1~2コーナーは平坦で向こう正面は500mあり、半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂上を
迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で404m。
最初のコーナーまでは距離があるのでゆったりスタートして、ペースは上がらない。
勝負は3コーナー坂の下りからのロングスパートで、上がり4ハロンの脚が求められる。

<芝内2000>
過去3年のレースラップ 12.6-11.3-12.7-12.7-12.5-12.7-12.1-11.7-11.5-11.8
前後半3F 36.5-35.0
コーナーを4回廻る内回りコース。スタンド前直線の半ばカラスタートして最初のコーナーまでは
300m。ゆったりとしたコース形態から前中盤とスローになりやすく、最後の直線は328mしかなく
平坦な為逃げ先行馬が有利。差し馬は4コーナー手前から仕掛けられる器用さが求められる。
小回りローカルでの適性が必要。

<芝外1600>
過去3年のレースラップ 12.5-11.1-11.7-12.2-11.9-11.6-11.5-11.8
前後半3F 35.3-34.9
スタート地点は2コーナーのポケットで最初のコーナー(3コーナー)まで700mあり、向こう正面半ば
から徐々に坂を上り、3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は
平坦で404m。前後半3Fのラップがほぼイーブンになるのが特徴だが、クラスが上がると中盤の
ラップが厳しくなり前掛かりラップになることも少なくなく、結果差し馬の台頭も多くなる。


<芝外1400>
過去3年のレースラップ 12.4-11.1-11.8-11.7-11.4-11.5-11.8
前後半3F 35.3-34.7
スタート地点は2コーナー出口付近で最初のコーナーまでは500mあり、向こう正面半ばから徐々
に坂を上り3コーナーで頂上を迎える。坂を下りながら4コーナーを回り、最後の直線は平坦で
404m。ペースの読みがポイントとなるコースだが、データからは下級条件では上がりが速く
クラスが上がる程前半が速くなり上がりの時計がかかるので、差し馬の台頭も多くなる。

<ダ1400>
過去3年のレースラップ 12.2-11.1-11.9-12.3-12.4-12.3-12.8
前後半3F 35.1-37.5
スタート地点は2コーナーのポケットで、200m程芝を走り最初のコーナーまで600mあるのでで
スピードが付きやすい。芝と同様に向こう正面半ばから徐々に坂を上り3コーナーで頂点を迎え、
坂を下りながら4コーナーを回る。最後の直線は平坦で329mで、隊列が変わらずそのままの順位
でなだれ込むことも少なくない。
クラスによって中盤のラップ差はほとんどないが、オープンクラスは上がりの速さに差がある。
2013-01-02 01:54 : 京都競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-