中京競馬場 コース分析 勝負コース

【中京競馬場】
<芝2000>
過去1年のレースラップ 12.8-11.3-12.8-12.9-12.7-12.4-12.4-12.1-11.8-12.3
前後半3F 37.0-36.1
ホームストレッチの中央左寄りの上り坂の途中からスタートして1周する。
1~2コーナーのカーブは緩い上り坂で、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mで
ゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。
前半から緩いペースになり易い為、先行有利の上がり勝負になることが多い。

<芝1600>
過去1年のレースラップ 12.6-11.3-12.0-12.2-12.3-11.9-11.6-12.1
前後半3F 36.0-35.6
1~2コーナーにある斜めの引き込み線からのスタートしてまもなく左に緩くカーブして本線に
合流する。向こう正面は平均ペースで流れ、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mで
ゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。
スタートしてまもなくのカーブがあり先行争いが激化する為か、クラスが上がるほど前掛かり
ラップになることが多く、差しが決まりやすい。枠順の有利不利はほとんどない。

<芝1400>
過去1年のレースラップ 12.4-11.0-11.5-12.0-11.9-11.7-12.2
前後半3F 34.8-35.8
スタート地点は向こう正面直線の2コーナー出口付近で最初のコーナーまで直線距離が長い分
ペースは落ち着く。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は412.5mでゴールより340mから
240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。クラスに関係なく前掛かりラップになることが
多く、差しが決まりやすい。内枠が不利というほどではないが、外枠のほうが複勝率が高い。

<芝1200>
過去1年のレースラップ 12.2-10.8-11.6-11.7-11.6-12.1
前後半3F 34.6-35.4 
スタート地点は向こう正面直線の真ん中付近。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は
412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。
前半からペースが速くなりやすいコース形態で、最後の直線が長く急坂があることから先行勢が
失速しやすく差し馬が台頭する。クラスに関係なく前掛かりラップになることが多く、差しが決まり
やすい。枠順の有利不利は少ない。
2013-06-26 10:32 : 中京競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター