小倉競馬場 コース分析 勝負コース

[小倉競馬場]
<芝2000>
過去3年のレースラップ
12.4-11.2-11.9-12.7-12.4-12.2-12.1-11.9-11.7-12.0
前後半3F
35.5-35.6
スタート地点は4コーナーのポケット部分。最初の1コーナーまでの距離は472mで1~2コーナー
は下り坂。2コーナーが最頂部で3~4コーナーは下り坂となり最後の直線は293m。
スタートしてから直線距離が長いので先行争いになりにくいが、ペースは1800よりも速くなり易い。
向こう正面でペースは落ち着くが3コーナー手前からピッチが上がり、重賞クラスでは残り5F連続
で11秒台後半のラップが続くロングスパート勝負になる。
基本的には逃げ先行馬が有利だが、紛れが少ないので差し追い込みでも強い馬は来る。

<芝1800>
過去3年のレースラップ
12.5-11.4-12.4-12.2-12.1-12.0-11.8-11.6-12.0
前後半3F
36.2-35.4
スタート地点は正面スタンド真ん中やや右。最初の1コーナーまでの距離は272mで1~2コーナー
は下り坂。2コーナーが最頂部で3~4コーナーは下り坂となり最後の直線は293m。
スタートしてから1コーナーまでの距離が短いので先行激化してペースが速くなることもあるが、
平均すると前後半3Fはイーブンのラップになる。馬場が良い開催前半は内枠の先行馬が有利だが
内側が荒れ始める中盤~後半は差し追い込み馬が台頭する。

<芝1200>
過去3年のレースラップ
12.0-10.4-11.0-11.4-11.6-12.0
前後半3F
33.4-35.0
スタート地点は向こう正面2コーナーのポケット地点。2コーナーが最頂部なのでスタートしてから
200mほど下り坂が続く。3コーナーまでの直線距離は480mで最後の直線は293m。
前半は速くなり易く、下級条件でも33秒台前半でオープン・重賞では32秒台も珍しくない。
後半のラップとの差が激しくなると先行馬が総崩れになることもしばしばある。

<ダ1700>
過去3年のレースラップ
6.9-11.2-11.9-13.0-12.7-12.5-12.6-12.6-13.0
前後半3F
36.5-38.2
スタート地点は正面スタンド前直線の右、4コーナー出口。最初の1コーナーまでの距離は約343m
で1~2コーナーは上り坂。
途中にダートコース最頂部があり、全体の高低差は2.9mで最後の直線は291m。
スタートしてから先行争いは激しいが、向こう正面の直線が長いのでペースは落ち着きやすい。
逃げ先行馬が圧倒的に有利で、ポジションが後ろでも4コーナーでは好位に居なければならない。
人気馬でも大外枠は厳しい。
2013-07-25 07:38 : 小倉競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

福島競馬場 コース分析 勝負コース

【福島競馬場】
<芝1800>
過去3年のレースラップ 12.6-11.1-12.0-12.5-12.3-12.0-12.0-11.7-12.1
前後半3F 35.7-35.8
コーナー4回の小回りコース。最初のコーナーまでの距離305m、1~2コーナーは平坦。
残り400m辺りから下り坂となり、最後の直線残り150mから再び上り坂になる。
直線距離はAコース292m、Bコース297.5M、Cコース299.7m。
前半・中盤・後半の各3Fは35秒台半ば~後半でフラットになるが、概ね先行馬が有利である。

<芝1200>
過去3年のレースラップ 12.2-10.7-11.1-11.6-11.5-12.2
前後半3F 33.9-35.3 
スタートから3コーナーまでの距離は約412mで緩やかな坂がある。残り400m辺りから下り坂と
なり最後の直線残り150mから再び上り坂になる。
直線距離はAコース292m、Bコース297.5M、Cコース299.7m。
3コーナーのカーブが緩やかでスピードが落ちにくく、前半3Fは33秒台が標準で後半は大きく失速
する。開催前半は内枠の先行馬が有利だが馬場が痛み出すと外枠の先行馬と差し馬が台頭する。

<ダ1700>
過去3年のレースラップ 7.0-11.3-11.9-12.8-13.0-12.7-12.7-12.8-13.1
前後半3F 36.5-38.6
コーナー4回の小回りコース。最初のコーナーまでの距離は338mで、向こう正面途中から緩やか
な上り坂となり最後の直線は295.7m。スタートして2コーナーまで下り坂で加速が付きながら
先行争いが激化する為ペースが速くなり向こう正面でやや落ち着くものの上がりは時計を要する。
逃げ・先行馬が圧倒的に有利だがマクリ差しは決まりやすい。
2013-06-27 00:21 : 福島競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

中京競馬場 コース分析 勝負コース

【中京競馬場】
<芝2000>
過去1年のレースラップ 12.8-11.3-12.8-12.9-12.7-12.4-12.4-12.1-11.8-12.3
前後半3F 37.0-36.1
ホームストレッチの中央左寄りの上り坂の途中からスタートして1周する。
1~2コーナーのカーブは緩い上り坂で、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mで
ゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。
前半から緩いペースになり易い為、先行有利の上がり勝負になることが多い。

<芝1600>
過去1年のレースラップ 12.6-11.3-12.0-12.2-12.3-11.9-11.6-12.1
前後半3F 36.0-35.6
1~2コーナーにある斜めの引き込み線からのスタートしてまもなく左に緩くカーブして本線に
合流する。向こう正面は平均ペースで流れ、3~4コーナーは下り坂。最後の直線は412.5mで
ゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。
スタートしてまもなくのカーブがあり先行争いが激化する為か、クラスが上がるほど前掛かり
ラップになることが多く、差しが決まりやすい。枠順の有利不利はほとんどない。

<芝1400>
過去1年のレースラップ 12.4-11.0-11.5-12.0-11.9-11.7-12.2
前後半3F 34.8-35.8
スタート地点は向こう正面直線の2コーナー出口付近で最初のコーナーまで直線距離が長い分
ペースは落ち着く。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は412.5mでゴールより340mから
240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。クラスに関係なく前掛かりラップになることが
多く、差しが決まりやすい。内枠が不利というほどではないが、外枠のほうが複勝率が高い。

<芝1200>
過去1年のレースラップ 12.2-10.8-11.6-11.7-11.6-12.1
前後半3F 34.6-35.4 
スタート地点は向こう正面直線の真ん中付近。3~4コーナーの下り坂を経て最後の直線は
412.5mでゴールより340mから240m地点にかけて2.0mの急な上り坂がある。
前半からペースが速くなりやすいコース形態で、最後の直線が長く急坂があることから先行勢が
失速しやすく差し馬が台頭する。クラスに関係なく前掛かりラップになることが多く、差しが決まり
やすい。枠順の有利不利は少ない。
2013-06-26 10:32 : 中京競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

函館競馬場 コース分析 勝負コース

【函館競馬場】

<芝2600>
過去3年のレースラップ 12.9-12.0-12.6-12.7-12.6-13.0-13.1-13.1-12.6-12.3-12.2
-11.8-12.5
前後半3F 37.4-36.5

コースを1周半回りコーナーは6回で最後の直線は262m。
2コーナーの地点が最低点になっていて、最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り
直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。
スローペースで流れるので上がり勝負にはなるが、洋芝で全体的に時計がかかるのでスタミナが
必要な消耗戦になる。


<芝2000>
過去3年のレースラップ 12.5-11.1-11.9-12.5-12.8-12.6-12.4-12.3-11.9-12.4
前後半3F 35.5-36.6 

コーナー4回のコースで、スタートしてから最初のコーナーまでの距離は475mあり、最後の直線
は262m。2コーナーの地点が最低点になっていて最高点の3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな
坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで平坦となる。
洋芝で全体的に時計がかかり、全クラス共上がりがかかる前掛かりラップになる。
クラスの差は中盤の4ハロンのペースに表れ、上位クラスは厳しいラップとなるので逃げきりは
難しく、先行抜け出しかマクリ差しが有効となる。


<芝1200>
過去3年のレースラップ 12.1-10.7-11.3-11.8-11.7-12.3
前後半3F 34.1-35.8 

スタートしてから最初のコーナーまでの距離は490mあり、最後の直線は262m。最高点の
3コーナー過ぎまで3.4mの緩やかな坂を昇り直線半ばまでの1mの坂を下ったあとはゴールまで
平坦となる。前半が速くなる前掛かりラップになり、クラスが上がると後半の失速度合いが少なく
なるのは他場と変わらない。洋芝で全体的に時計がかかるのが特徴で、開催後半や雨により馬場が
痛むと特に時計がかかり差し追い込み馬や持ち時計のない穴馬が台頭してくるので馬場状態には
注意が必要。


<ダ1700>
過去3年のレースラップ 7.0-11.2-12.0-12.8-13.0-12.7-12.8-12.5-12.9 
前後半3F 30.2-38.2

コーナー4回のコースで、スタートしてから最初のコーナーまでの距離は329mで、最後の直線
は260m。スタートしてゴール板過ぎから1コーナー過ぎまでは緩やかな坂を下り、向正面は緩やか
な上り坂で、3~4コーナー途中に坂の頂上があり、最後の直線半ばにかけて緩やかな坂を下る。
逃げ先行馬が断然有利で差し馬ならマクリが必要。
2013-06-12 08:00 : 函館競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

新潟競馬場 コース分析 勝負コース

【新潟競馬場】
<芝外2000>
過去3年のレースラップ 12.8-11.3-11.9-12.1-12.7-12.6-12.1-11.6-10.9-12.0
前後半3F 36.0-34.5
日本で唯一の2000mでコーナー2回のコース。スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。前半~中盤のラップにクラスの差はなく、上がりのラップの差に表れる。基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

<芝外1800>
過去3年のレースラップ 12.6-11.3-11.7-12.5-12.6-12.2-11.6-10.9-12.1
前後半3F 35.5-34.5
芝外2000mより200m前からスタートするだけで大きな違いはないが、1000万下以下の条件しか番組が組まれていない。基本的には早い上がりを持った馬を狙うが、Aコースの開催前半では逃げ先行馬にも注意が必要。

<芝外1600>
過去3年のレースラップ 12.6-11.0-12.0-12.2-12.1-11.5-10.8-12.0
前後半3F 35.6-34.4
スタートから長い直線は平均ペースで2回のコーナーでは緩み、650mの最後の直線は上がり勝負になる。Aコース時は先行差し馬が有利だがBコース時は差し馬が圧倒的に有利。

<芝内1400>
過去3年のレースラップ 12.4-10.7-11.2-11.8-11.7-11.7-12.1
前後半3F 34.3-35.4
スタートから3コーナーまでは648mで外回り1600mよりも長い。最後の直線は359mと短く、上がり3Fにコーナーが含まれるのでラップは前掛かりになる。クラスにもよるが、逃げ先行馬が圧倒的に有利で、特にAコース時は余程のハイペースにならない限り追い込み馬には苦しい。瞬発力よりも、ワンペースで一気に走り切れる適性を求められるので、人気になりやすい東京コースの実績馬は取り捨を吟味する必要がある。

<芝1000>
過去3年のレースラップ 12.0-10.2-10.8-10.5-11.9
前2F後3F 22.2-33.2
日本で唯一の直線だけのコース。このコースの最大の特徴は外枠が圧倒的に有利で、特に開催が進んで内側の馬場が荒れ始めると外側に馬が殺到する。速力のあるスピード馬が好発から押し切るパターンが基本だが、最後の1ハロンが大きく失速するラップ傾向からしっかりとした末脚を持った馬が浮上することも多い。スタートの速いダートからの転戦馬が穴をあけるケースがあるので注意が必要。
2013-05-02 03:02 : 新潟競馬場 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

スポンサーリンク

管理人プロフィール

Author:コース名人・・・になりたい
競馬歴24年のオグリキャップ世代
職業:会社勤め
名古屋市在住

2015年回収率
単勝 62.2%(◎1点)
馬単 101.1%(◎○▲BOX、◎△)
3連複 73.6%(◎○▲△BOX)
3連単 113.8%(◎○▲フォメ△)

RSSリーダーで購読する

twitter

全国の天気


-天気予報コム-

ブログランキング

アクセスカウンター